クラスでモテまくりの『サキュバス美少女』の魅力が俺には効かない 〜 美少女が何故か俺の手を握ろうとしてくるんだが 〜

作者 葵すもも

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全42話

更新

  1. 第1章
  2. §001 「見ちゃったよね?」
  3. §002 「さすが『情報屋』の異名は伊達じゃないな」
  4. §003 「男を虜にすることが日常そのものなの」
  5. §004 「随分と面白そうな話してるのね」
  6. §005 「いますぐ『好き』って言えば許してあげるわよ?」
  7. §006 「あいつは普通じゃない」
  8. §007 「今日は特別に付き合ってあげるわよ」
  9. §008 「何も知らないくせに知ったような口を利かないでッ!」
  10. §009 「なんでそんなに優しくするの……」
  11. §010 「美少女とお近づきになれるでしょう」
  12. §011 「暇つぶしにゲームでもしない?」
  13. §012 「こんなの勝てるわけない」
  14. §013 「買い物付き合ってくれない?」
  15. §014 「このメガネどう? 似合う?」
  16. §015 「スカートがアイスを食べちゃったみたい」
  17. 第2章
  18. §016 「あの日のわたしの言葉覚えてる?」
  19. §017 「わたしの言葉を信じてよ」
  20. §018 「普通であって普通ではないんだよ」
  21. §019 「私はあなたのこと好きじゃないわ」
  22. §020 「私にもいつか大切な人ができたらいいな」
  23. §021 「アディオスはスペイン語よ……ばか……」
  24. §022 「それを実行できてないお前は『0点』だ」
  25. §023 「お粥作るよ」
  26. §024 「ごめんね……」
  27. §025 「……ありがとう」
  28. 第3章
  29. §026 「更科希沙良は俺の彼女だっ!」
  30. §027 「『恋人のふり』をするってことでいいのかな?」
  31. §028 「『希沙良』って呼んで」
  32. §029 「はい、あ~ん」
  33. §030 「カップル……シート……」
  34. §031 「希沙良も普通の女の子なんだと思って」
  35. §032 「その余所行きの会話やめて本性現わせ!」
  36. §033 「正式に付き合えばいいのに」
  37. §034 「(     )」
  38. §035 「成瀬くんは更科さんの『彼氏』なんでしょ?」
  39. §036 「私をお姫様のように扱いなさい」
  40. §037 「またいつか来れたらいいな」
  41. §038 「いっせ~のせ!」
  42. §039 「ご褒美をあげるわ」
  43. §040 「あんたはそういう悪魔みたいな女なんだからッ!」
  44. §041 「どうしても話さないとダメ?」
  45. §042 「……花火大会に行きたい」