彼女は嘘をつくのがとても上手だった

作者 國枝 藍

上手な嘘とは。「たくさんの本当の中に一粒だけ嘘を混ぜる」by 小夜

  • ★★★ Excellent!!!

言ったほうは忘れる。言われたほうはいつまでも覚えている。

よく「いじめ問題」で引きあわせに出される言葉ですが、本作『彼女は嘘をつくのがとても上手だった』と出会ったことによりこの概念が一転。
『放たれた言の葉』がいい意味で相手の人生に影響を与えることもあるのですね。

大学時代、涼が何気なく放ったその言葉を恋人小夜はとても嬉しく受け取りました。蒔かれた種は美しい華を咲かせ、結実を見せていく。
ところが。

彼女は一体どんな『上手な嘘』をついたのでしょう?

私も涼と同じ。「全てが本当だと思っていたい」

学生時代の恋仲が自然消滅、社会人になってから再会した二人。
心と心の絆は、離れてもなお繋がっていた。
淡く切ない恋物語、心の底でじんわり楽しませていただきました。
素敵な作品との出会いに感謝。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

丸和 華さんの他のおすすめレビュー 82