先輩のために僕、男の娘になっちゃいました!

作者 詩一

139

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

9999文字、これで複数人の動きを表現するのは難しいです。
なので多分色々とバッサリと切って、一つの変化だけに収束させていると思います。

それは主人公の心の動きです。
心の動きのためにこの文章は書かれています。

本筋だけを追ってみて下さい、動いているのはほぼ主人公だけです。
主人公の、主人公による、主人公のための作品なんです。
ほかは、言ってしまえば添え物。

とはいえ、添え物の描写が素晴らしいので本筋追うのと描写を堪能するの、2回読むとなお面白いです。
是非どうぞ。

★★★ Excellent!!!

多分この作品は分類としてはBLといえる。

でもそう言い切ってしまうには、後輩として尊敬する大事な先輩への気持ちが丁寧に、だけどコミカルに綴られていて、人が人に惹かれていくのを描いていると言った方がしっくりくるかもしれないと思った。

尊敬する先輩が付き合う女の人に心配する後輩くんは、何とか今の彼女と別れさせる算段をする。
物語はそこから始まるのだが、後輩くんが考えた方法がもう普通じゃない。
のっけから引き摺り込まれ、読み易い文体と、所々に散りばめられている秀逸の言葉に夢中になってしまった。

最後はこれからの二人のあれこれを想像させてくれるような形で終わるのだが、この二人はいつまでも仲良くあるのだと思う。
人を思う時、一番大事にしなければいけないのは何か。
この二人はそれを持っている。

正直に言うと、私はBLをあまり読まないのだが、この二人は許せてしまう。
むしろ頑張れとエールさえ送りたくなる。
多分それは、人としての感情が丁寧に描かれているからだと思う。

よくこの短い話の中に、ここまでの完成させた物語を描いたものだと思い、実は二度読んだ。
無駄なものがひとつもなく、しかもコミカルの中に感動がある。

詩一さんの作品はいくつか読んではいるけれど、毎回他にはない驚きがある。
今回もそれを堪能させてもらった。
素敵な話をありがとうございます!


★★★ Excellent!!!

タイトルに全てが詰まっています。現れている。
『先輩のために僕、男の娘になっちゃいました!』

他人の言動を悪意にとることが絶対にない先輩。たとえ付き合っている彼女の浮気現場写真を突きつけられても「彼女がそれを望むなら俺は構わないんだ」と。

そんな先輩を「毒牙から守らねば!」と立ちあがったのがなんと彼を慕う『僕』。

立ちあがった『僕』の作戦とは?
上手くいくのか? はたして結果は?

人工的シチュエーションと自然の元のそれ、この対比の使い方がとってもきれいでした。

至極の青春物語、味わわせていただきました!!

★★★ Excellent!!!

 最初にタイトルを見たとき、「先輩(♀)」と「後輩(♂)」の話かと思った。
 だが、違った。
 これは世にいう「びーえる」である。

 主人公の輝斗(♂)には、尊敬する先輩(♂)がいる。
 ところが、この先輩には女を見る目がまるでない。貢がされ、浮気までされている有様だ。
 見かねた輝斗は、先輩とその彼女を別れさせるべく奮闘する。
 ――男の娘になって。

   ***

 作者は、少し前にファンタジックな百合を投稿したばかり。

 『瞳の魔女と空輝の歌唄いシャシエ』
 https://kakuyomu.jp/works/1177354054897250191

 それが今度はBL。
 作風の幅広さに驚かされるばかり。

 読み始めると、ポップな文体が楽しい。
 テンポも良く、さくさくっと読み進めることができる。

「恐ろしいことに僕はとてつもなくかわいかった。」
 この一行目。
 もう、冒頭からアクセル全開である。

 女装がバレないかとハラハラする緊張感。
 少しずつ育ってゆく想い。
 作戦は成功するかのように見えたが、思わぬ問題が発生し……。

「これ、Twitterのプロモーション漫画で流れてきたら絶対気になっちゃうやつ!」
 と思いながら読み進めた。

 柚香ちゃん(♂)の健気さは、そこらへんの女の子よりも、よっぽど可愛い。
 先輩(♂)の放って置けない感じも良い味を出している。

 そして、物語はロマンチックな雰囲気に。
 ぜひ最後の最後まで、展開をお見逃しなく!
 (*˘3˘)☆(˘ε˘*)

   ***

 BLといえば、以前こんな話を聞いたことがある。
 BLは「男同士の禁断の愛」という耽美さやストイックさが良いのだと。
 そのときは「なるほど」と納得したものだが、それから時代は移り変わった。

 性的マイノリティの方々の活動により、世界の価値観は大き… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 大好きな先輩は致命的に女を見る目がない。

 今回も悪い女に引っ掛っている。

 その女の浮気現場の写真を見せても、

 「何か事情があるんだろう」

 と、言って怒りもしない。

 だから僕は決意した。女装して先輩に近づき、相手の女に先輩も浮気しているのだと誤解させる為。

 そして、先輩がフラレる為に――!!

 果たしてその結末とは――如何に‼️

 お読み下さい‼️ 
 
 この作品は、私のTwitterのTLに流れて来て、タイトルに引かれて、一気読みしてしまった作品です! 凄い吸引力のあるタイトルでした! 短編なので、さくっ、と読めてしまいました!