我儘王子に婚約破棄された男装令嬢は優雅に微笑む

作者 木崎

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全87話

更新

  1. 一章
  2. 「今この場で婚約を破棄させてもらおう!」
  3. 「最後の願いだから、叶えてあげないとね」
  4. (違う! そうじゃない!)
  5. 「それは建前だよね」
  6. 「さすがにやりすぎだよ」
  7. 「修道女はやだなぁ」
  8. 「はい、おっしゃいました」
  9. 「さて、逃げようか」
  10. 「レオン様! 怖かった……!」
  11. 「はい、あーん」
  12. 「もう食べさせてはくれないのかな?」
  13. (この男にも人の心が残っていたとはな)
  14. (すごい。王子様だ!)
  15. 「似合うか?」
  16. 「また奇抜な格好を」
  17. 「デートのお誘いとでも思っていただければ」
  18. (あの馬鹿もたまには役に立つな)
  19. 「仮面を被っているような女は嫌ですか?」
  20. 「……そうか、君は立派だね」
  21. 「誰がそんなことを言った」
  22. 「私はもうレオン殿下の婚約者ではないよ」
  23. (あのときは死ぬかと思ったなぁ)
  24. 「不満があるのならはっきり言ったほうがいい」
  25. (職務放棄……!)
  26. 「自らが裸の王であることをお認めになりますか?」
  27. 「君は正妃になりたい?」
  28. 「俺がいかに本気か、これでわかっただろう」
  29. 「必要なことだったのですよ」
  30. 「私は彼女の息子を王にしたくないのよ」
  31. (乙女か!)
  32. 「……なにかしてしまったのだろうか」
  33. (下手に動くと落ちるかもしれない)
  34. (二人……二人で雑談、だと……)
  35. 「今度は罪人という首輪で繋ぐ気なのでしょうね」
  36. 「あなたは王になるのよ」
  37. 「俺はお前を気に入った」
  38. 「やあ、こんな夜遅くにご苦労」
  39. 「私がお力になれるのであれば」
  40. 「馬鹿な奴」
  41. 「嫁にいく気ないだろ」
  42. 「俺に対する状況説明からにしてくれ」
  43. (おい、嘘だろ。ありえないだろ)
  44. 「情けないところを見せてしまったね」
  45. 「私のためだよ」
  46. 前日談 コゼット
  47. 前日談 ミハイル
  48. 前日談 レオン
  49. 前日談 アルミラ
  50. 前日談 レイシア
  51. 二章
  52. (頼むから大人しくしていてくれ)
  53. 「裁縫は特技の一つなんだ」
  54. (あれは……不運な事故だった)
  55. (なにその俺に対する罰ゲーム)
  56. (あの女と同類か)
  57. (現状を憂うことができればの話だがな)
  58. (ここから離れたほうがいいな)
  59. (……いつもと雰囲気が違う)
  60. (おかしいだろう……どうしてそうなった)
  61. 「少し時間が稼げればそれでいいんだ」
  62. (昏倒させる時間もいるからなぁ)
  63. 「……俺は罪人ではありません」
  64. 「なんでこういう日に来るかねぇ」
  65. 「私の勝利ですね」
  66. (皆嫌い、嫌い嫌い嫌い)
  67. (望んだことなんてないわよ)
  68. (嫌い嫌い嫌い、大嫌い)
  69. 「俺は強いです。俺に敵う者はいません」
  70. (この場所のせいか?)
  71. (……結局自分ではなにも選べていない)
  72. (止められるのも当然だ……)
  73. 「人を壁に使わないでいただきたいのですが」
  74. 「私もあなたが嫌いです」
  75. (……色々あったなぁ)
  76. 「どこまで真実かわからない」
  77. 最終章
  78. (和やかでいいことだ)
  79. (……今頃尻に敷かれているだろうな)
  80. 「正気ですか」
  81. 「それでも、私は……」
  82. 「馬鹿ですかあなたは」
  83. (それは……癪だな)
  84. (そのああは、どういうああなんだ)
  85. (笑顔なんてろくでもないな)
  86. 「熱でもありますか?」
  87. 「壁から脱出できますよ」
  88. (このままでは追いつかれる)
  89. 「嘘をついて私にどんな得が?」
  90. おわり