「桜の宮」奇譚 碧落の果て

作者 花田春菜

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 神の在る碧落に吹くへのコメント

     友魂さん……!
     柑子殿……!!

     あの時祝い酒を酌み交わしたその友情は――間違いじゃなかった、ですよね??

    作者からの返信

    柑子か友魂をどう思っているのかも、実は番外編を書こう書こうと……書く書く詐欺にならないようにしなければ……。
    友魂が柑子に対して公平なところは認める、家主の器だと言ってましたが、きっと柑子も友魂に対して同じような思いがあったのだと思います。

    2020年9月11日 20:29

  • 光差す空に消ゆへのコメント

     東雲さん……!! お初にお目にかかります、星ですー!!

     ……東雲さん

     この頃の桃ちゃんは陵駕くんに初めて会った時のそれともまた少し違いますな
     それだけ東雲さんの事が衝撃的だったのでしょう……
     あな、いとしやいとしや……

    作者からの返信

    東雲、最初から故人だったけど、わたしは東雲が好きでしてね……彼が亡くならなかったらいい夫婦になれただろうな、こんなことにもならなかっただろうなと思うと……。
    ちなみに、桃が第一話の「雨と少女」のところで思い出していた東雲との思い出がこのお話です。

    2020年9月11日 20:25

  • 碧落の果てへのコメント

     和歌……っ!!

     今、桐の廊下……でしょうか? に光が差し込んでそこに桜の花弁がひらひらと舞い落つる光景が想像されました……

     そこには誰も居ないんです……

     だーれも

    作者からの返信

    うっ……泣く…….°(ಗдಗ。)°.
    ありがとうございますありがとうございます、わたしの目にもその情景がありありと浮かびました。

    2020年9月11日 20:11

  • 葬列とそれぞれの旅立ちへのコメント

     お母様……ッッ!!

     あななぁぁぁぁぃあぁ、お母様!!!!

     星も常盤様をお慕い申し上げておりまする!!!。゚(゚´ω`゚)゚。

     桜ちゃんー! 元気でね……!

     ……また桜ちゃんとこの感動で書き落としてしまいましたけれども!!

     桃ちゃん……やっぱり可愛いよ
     今から陵駕くんに乗り移るから待っててね

    (追記:後半部分を追記致しました)

    作者からの返信

    常盤姫、厳しいけどやっぱり母ですね。
    桃と陵駕、桜と常盤がこれから幸せになると良いなとわたしも思います。
    最後までありがとうございました!!!

    2020年9月11日 20:10

  • 罪と罰へのコメント

     思わずスマホ(あ、スマホで読んでおります)取り落としてしまいました……

     女は誰? と思ってましたけど……男も……

     これが友魂さんのやりたかったこと?? これを柑子殿も分かって??

     …………

    作者からの返信

    柑子殿は、友魂殿の命乞いを聞き届けたとおっしゃいましたからね……。約束を守ってくれたのでしょう。

    2020年9月11日 20:07

  • たどり着く場所へのコメント

     。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。

     全星が脳内でスタンディングオベーション!!!!!!!!

     今とおおおっとつに五人女の、おさん物語思い出しました
     あにゃにゃあぁぁぁぁあっ!!!!

     。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。

    作者からの返信

    うわあぁぁぁぁ、良かったです、心が折れられなくてほんとに…….°(ಗдಗ。)°.
    最終章の話数が少なすぎてバッドエンドと思われ切られることもあり得るので……読んでくださってありがとうございます!

    2020年9月11日 20:05

  • 執行、永遠の別れへのコメント

     うああああ……!!

     ああああ……

     わああああ……

    作者からの返信

    うわあぁぁぁ、ごめんなさいごめんなさい!悲鳴上げて下さってるのが嬉しいなんて思ってしまってすみませんあとちょっとで終わりますので!!!

    2020年9月11日 18:15

  • 冤罪の刑へのコメント

     おおおおおおおんん……

     ――ま、待って?
     おん、な……??

    作者からの返信

    大丈夫ですか星さんのメンタルが心配ですけど読んでいただきありがとうございます(佳境にてなにも言えず…)

    2020年9月11日 18:12

  • 足枷と代償へのコメント

     あななぁぁぁぁぃあぁ……

     こんな結末……ううう……

    作者からの返信

    貴族育ちが逃げ果せるのはやっぱり無理だったようで……
    心が抉られていませんか大丈夫ですか!?作者が言うのも何ですがお気を確かにまだ続きます(鬼畜)

    2020年9月11日 17:48

  • 獣道へのコメント

     ひぃぃあああぁぁぁぃぁぃぁぃあ!!!!!

    作者からの返信

    悲鳴ばかり上げさせてしまい申し訳なく!
    今しばらく続きますゆえ、お気を確かに!!!(えっ……)

    2020年9月11日 17:45

  • へのコメント

     う~~~~~!!!!

     怒濤の……!!

     ううううう……友魂さん……

     アアア……本当に最初は桃ちゃん可愛いー! って言ってただけだったのに……

     ……桃ちゃん、大丈夫かな

    作者からの返信

    友魂パパ、まだ命乞いしてましたね……まだなにかしたいようです。
    それはそうと、桃の方も……もごもご(柑子に口をふさがれる)

    2020年9月11日 17:34

  • 願いと罪の果てへのコメント

     ぐず……ずびずび……

     ずずっ……ううううう……

     最初だけ見れば可哀想に
     中盤を見たらなんと醜い……しかし最後を見たら……そう、だよね……そうなんだよね……

     決まりには理由があるけど……あるんだけどさ……

     ぐず

    作者からの返信

    うう、桜……(久しぶりに読み返した作者、目を覆う)

    2020年9月11日 17:19

  • 別れへのコメント

     んん……
     桜ちゃん……

     そうだよね……人は千変万化、十人十色
     こうだと思ってたのが大きく変身して立ち塞がったり、逃げてしまったり

     ううう……桜ちゃん……

    作者からの返信

    桃が叶えば桜が、桜が叶えば桃が…
    双子ゆえにこう、好みも近いのでしょうね。性格は違うようで、どちらもある意味度胸座ってますからね……

    2020年9月11日 17:17

  • 空蝉へのコメント

     お待たせしました、桃ちゃん

     固唾を呑んでゆーーっくり読みましたわよ

     ……覚悟を決めたのね

     なら兄ちゃん、何も言わずにじっと見ているよ

     あな! 一代女のようであれば!
     あな! 伊勢物語の芥川のようであれば!!

     ――良いも悪いも無いけれど、一瞬間でも彼らは元の姿のままでいられたでしょうに……

    作者からの返信

    心が決まれば走り抜くだけ!
    最後までどうか見守ってあげてくださいませ〜!

    2020年9月11日 17:16

  • 最後の願いへのコメント

     陵駕くん……!!!

     桃ちゃん、どうする?
     星の兄ちゃんは付いてくけど(おい)

    作者からの返信

    また言っちゃった……!
    基本的に、陵駕って我慢できない子ですよねかわいいな(親バカ)

    2020年9月11日 15:08

  • 灰色の闇へのコメント

     陵駕くんは何処でも最前線に居るなぁ
     貴子様の死に様も見て、蘭ちゃんにも会って……

     ……ム?

    作者からの返信

    ム?
    ただの出来る子か、それとも……!?

    2020年9月11日 15:07

  • 悪い夢へのコメント

     アレエエエエエエエエ!!!??

     エ! エ!!
     エ!!!!???

     アルェエエエエエエエ!!!!???

     あ、あれ、あ、アレエエエエエエエエ!?

    Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

    ヒイィィ(゜ロ゜;三;゜ロ゜)ヒイィィ

    作者からの返信

    ヒイィィィィごめんなさいーーー!!!
    ここで悲鳴を上げていただく仕様でございますーーー(反省しろ)

    2020年9月11日 15:05

  • 灼熱へのコメント

     キャアアアア!!!

     遂に来てしまったーーーッ!!!!

     ど、どっち側に付けば正解なのっ

     桜ちゃん!?
     柑子殿!?

     桜ちゃん!
     柑子殿!

     (o;ω;o)

    作者からの返信

    柑子殿はッ!何も悪いことはッ!してないのがッ!辛いところッ!!!
    うちの子たちがご心配をおかけしております……!

    2020年9月11日 15:03

  • 逢瀬と懐剣へのコメント

     フー、フー、フー……
     ちょ、ちょっと、待って下さいね……

    「「黒幕更に居るんすか!!」」

     ……いや、その、友魂さん? 何か色々知ってるなぁ、ナンデカナー、もしやっ! そう言う先見の明の人!? って思ってたんですが……これって……真逆……

    作者からの返信

    うふ、うふふふふ……。
    言いたいけど言えないジレンマ。

    2020年9月11日 15:01

  • 願いを叶える力へのコメント

     うーーーー

     苦しいよなぁ、苦しいよなぁ(o;ω;o)

     二人とも苦しいよなぁ……

     ――と、友魂さんから陵駕くんの面影的なものを感じましたゾ
     以前も同じようなこと言ってませんでしたかしら?

    作者からの返信

    そうなんです!
    以前、陵駕が同じようなこと言ってました!パパの考えをしっかりと受け継いでるのだと思われ……。
    この親子は仲良しだなぁと私はとても好きなのです。

    2020年9月11日 14:54

  • 罪の呼吸へのコメント

     あううっ……! 桃ちゃんん……!!

     あ、あのね、実はね、あの、実を言うとだね、もうすぐ傍に、はr――アアア言いたい!!

    作者からの返信

    言いたい、わたしも教えてあげたいです……!
    でも、気がついてないってのもなんか尊くてですね、ふふっとなるわたくしです^^

    2020年9月11日 14:52

  • 祝酒へのコメント

     うんん……
     星、この祝い酒、ちょっぴり嫌な予感がするんですよね?

     気のせいかしら??

     ――と! すみません、はなさん!!
     ゆっくり堪能してたら流石に寝ないとヤバい時間になってしまいました(´;ω;`)

     明日(いつ起きれるか怪しい)起きて学校に着いたら即行再開致します故……

     いと申し訳なし……!!

     ちょっと……まだ先が見えないあるですよ~~フフフ

     こりは明日が楽しみですぞ!!
     早起きしたい……! 早起きしろっ、体!

    作者からの返信

    ん?気のせいですよ?これはおめでたい席ですから〜_:(´ཀ`」 ∠):
    わたしはここでの、パパ達の親バカぶりが好きです。どっちも息子可愛がりすぎで微笑ましい。
    ええ、だから気のせいですって!(目をそらす)

    2020年9月11日 08:40

  • 告白へのコメント

     もうっ!! 入り混じっている!!
     あななぁ!!

    「「ここで本心登場!!」」

    「「ここでキャッチコピー!!」」

    「「ここで桜ちゃん!!」」

     あ、足のばたばたがっ!
     お、おさみゃらない!

    作者からの返信

    ここ一気に来ますよね!!陵駕言っちゃったーーー!!!のすぐ後に、桜ーーー!!!ってなりますもんね!!!
    桃と桜、やっぱり双子……ッ。

    2020年9月11日 08:31

  • 我儘へのコメント

     ん

     や、すみません
     ちょっと前のことをふと、陵駕くんの言葉で思い出してました……

     そうか
     自分を演じない相手が心地良い、か

    作者からの返信

    陵駕はなんでもそつなくこなす……自分を偽って貴族の世界で有能な若者として生きて来たんでしょうね。
    現代にもきっと多いだろうな、こんな人……。
    そんな時に、ありのままに接することのできる人がいたら……おっと陵駕に睨まれたので黙ります!

    2020年9月11日 08:24

  • 齟齬へのコメント

     助かっ――ももぢゃん!!

     出てた涙が引っ込んだわよっ!?
     ももぢゃん!!?

    作者からの返信

    桃ちゃんあんだけ暴れて精神も削られましたからね……ムリモナイネ……
    よく頑張ったと思いますお母さん感動です(親バカ)

    2020年9月11日 08:19

  • 生と死の狭間にへのコメント

     ひやぃぁいぁぁぃぁぁぁあっ!!!

     それは駄目だよ! 陵駕くん!!

     そして今気付いたんだけどね! 陵駕くん、君の名前……今まで間違えていたよ……

    作者からの返信

    まさに捨て身!
    久々に読み返した作者から、ええカッコしいか!とツッコミが入りました。

    (ん?と思って見返したら、あらまあ。気づいてませんでしたw)

    2020年9月11日 08:12 編集済

  • 人ならざるものへのコメント

     もももも、桃ちゃん!!

    作者からの返信

    桃ちゃんピンチ!!
    そんなピンチに真っ先に浮かんだのは陵駕だったようですね。ふふ。

    2020年9月11日 08:06

  • 平等な痛みへのコメント

     ……難しいよね
     怪異とかの類いになると理性も何もかも奪われるとか、擬態してるだけとか……それなのに良心剔ってくるのよね……

    作者からの返信

    良心はゴリゴリえぐって来ますよね……生前のことを知っているだけに。
    貴子様はお祓い出来るのか……

    2020年9月11日 08:05

  • 御簾の内へのコメント

     確かに……!
     星は完全桃ちゃんと同じ考えでしたぞ……そうだ。七年は数ヶ月で簡単に埋まりはしない……確かに……

     うーん、この話がどう帰着するのか益々楽しみですぞ!!

    作者からの返信

    7年って大きいですよね!桃が生まれたとき、陵駕はピッカピカの一年生。彼が二十歳の時、桃は中学一年生と思うと……(想像が酷いwww)

    2020年9月11日 08:02

  • 魂鎮めと神子へのコメント

     一瞬桜ちゃんを疑ってしまった星が居た……反省💦

     ここで双子の設定が活きてくるこの感じが、もう……余計に悲しみを増します訳で(o;ω;o)ウッウッウ

    作者からの返信

    貴子様がいなくなっても輿入れの話はなくなりませんから……おや、でも延期に……(ニヤリ)
    さて、誰がこんな事を……(すっとぼけ)

    2020年9月11日 07:55

  • 鳴弦へのコメント

     ぐうぅ……星、桃ちゃんの気持ち、良く分かるんですよ……

     例え親戚でもね、身内でもね
     殺められた者は恐ろしいんだ……

    (はなさんもご無理はなさらないで下さいまし💦 星、文学部の者ですので、寧ろどんどん元気になってますですよぉっ!!(▼∀▼)イヒヒヒッ――流石にここら辺の回で元気にはなれないですけどね?💦 でも、星が書けないジャンルなので吸収したいのです!
    眠くなったらお早めに💦
    星は明日も暇人なのでご心配なく(▼∀▼)フッフッフー)

    作者からの返信

    ですです、他人でも怖いのに身内なら尚更ですよね。

    (ご安心下さいあのあと寝て、これを打っている今はもう朝でございます)

    2020年9月11日 07:51

  • 変事へのコメント

     えっえっえっ……!!

     えっ……!?

     ええっ!!??

     そんな……余りにも唐突な……!

    (p.s.
    ご安心下さいまし、はなさん。星のすうぱあよみよみたいむはすうぱあを冠するものでありますから……フフフ
    最高記録は約80話一気読み。そこに53話位の話も加えました……飽きることなど御座いましょうか!!
    それにですねぇ、もう星は文つきr――おおおっと!! 何でも、ありません。ははは……ヒューヒュヒュー)

    作者からの返信

    貴子様————ッ!!
    不死身かくらいな貴子様が〜!

    (すうぱあよみよみたいむ恐るべし……)

    2020年9月11日 07:50

  • 求めるものへのコメント

     桃ちゃんも、蘭ちゃんも……(o;ω;o)クスン

     優しい……優しいよ……

    作者からの返信

    星さんもお優しい……ぐすん……

    (目はお疲れではありませんか? 大丈夫でしょうか……ありがとうございます)

    2020年9月11日 01:56

  • 無情な運命へのコメント

     えあっ!?
     これマジなんですか!
    Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

     いきなりどーしたのっ! 貴子様!?

     どんどん複雑になりますぞ!!?

     最初桜眺めてるだけだったのにぃ……(´;ω;`)

     星も
    「桃ちゃんかわゆ!」
     位しか言ってなかったのにぃ……

    作者からの返信

    桜も年頃の姫ですから……しかも神子で身分も高い。お嫁に欲しい殿方はいっぱいいるのでしょうね。
    貴族、フクザツ……どうか星さんが途中で挫折しませんように……(ノД`)

    2020年9月11日 01:46

  • 思慕へのコメント

     急接近ですなぁ(*´ω`*)

     事情が無ければなぁ……もうそれでチャンチャンなんだけど……そうはいかないのでしょう!!?

     それを面白いと思ってしまった星をゆるひて……!

    作者からの返信

    うふ、うふふふふ……
    チャンチャンとはいかないのです、だってんんんんーーー!!!(桃に口をふさがれる)

    「ちょっと勝手に喋らないでよッ」

    2020年9月11日 01:21

  • 背負わされたものへのコメント

     ちょっと!!!??

     凌駕くん!!?

     ――いけ!!
     ここまで来たら星の兄ちゃんは止めない!!!

     時空を歪ませてあわよくばけっk――!!

     ってか桃ちゃん!! いい加減気付きなさいよっ! もどかしいなぁ!!

    作者からの返信

    あわよくば、けっ————

    でも、親子間姦通は死罪ですから。ええ。
    時空が歪んでくれれば解決するのにッ!!

    2020年9月11日 01:18

  • 祓うべきものへのコメント

     桜ぢゃんんんんんんん(´;ω;`)

     ……祓うべきっていうタイトルがね(´;ω;`)
     もう、ね(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

     ……星は皆の味方で居るからね(´;ω;`)

     ――ちょっと待って下さいね……
     桜ちゃんの心の痛みに気を取られてこればかりに集中してしまいましたが……!?

    「「凌駕くん!!??」」

     貴方……もしかしなくても……はr――!

     しかも!!?
     想い人も!!?

     ひょっとしなくてもやっぱりもm――!!!??

    (追記:文面の通り追記しました苦笑)

    作者からの返信

    ふふふふふふ……
    いやいやどうなんでしょーねー(棒読みw)

    そして桜はこれからどうするのか……

    2020年9月11日 01:14

  • 遼遠の恋へのコメント

     ねっね――!!?

     ねえ、凌駕くん!! ちょっと……!?

     あ、あの……いや、もうどんどん疑惑が沸いてるけんども!? はなさんの返信からもふつふつ疑惑が(略)けんども!!?

     あーた……やっぱりもm――あーーーっ!! もどかしいっ!!

     早く好きって言ってよおおお!

    作者からの返信

    急に恋バナぶっちゃけてきましたね彼……(笑)
    疑惑なんてそんなまさかありませんって!ええありませんとも!(๑╹ω╹๑ )

    2020年9月11日 01:10

  • 葉桜と思い出とへのコメント

     なな、なんでしょう!!
     ふくざ~つに入り乱れて居りますですよ……!!
     あの、桜ちゃんと……! 凌駕くんと……!

     形は違えど母を想うとは……何か光源氏の面影がありますな(*´ω`*)

     実はね、凌駕くん……星の初恋は親戚のおじさんだったんだよ……モショモショ(小声)

    作者からの返信

    源氏物語は、この話を書く上で資料として漁ったのでその影響かもしれません……!
    そうなんですよね、この辺りから色々と、もつれております……

    2020年9月11日 00:11

  • 許されない愛へのコメント

     ううう……ううううう……
     桜ちゃん、なんですね……??

     こうするしか……無かったんですね……?

     でも側室云々にはならないみたいな記述ありますしおすし……

     彼女はその穢れなき身を汚してまで何をしようと考えているのかしら……

     桜、ちゃん……(´;ω;`)ウウウ

    作者からの返信

    うううう(ノД`)
    ほんと、時空歪んでまるっとおさまってくれれば良いのに……(視線をそらす)

    2020年9月10日 23:44

  • 謀略へのコメント

     んん、ん! んんん? ん?? んんんんん……!?

     ……これって、アレですか
     んんん……策略とか、んんん!

     んん……候補が二人居りますけども……ら――の方ですか……それともさ――の方ですか……

    作者からの返信

    ん、んんんんーーー!!!(陵駕に口を押さえられている)

    「先の話を言うのはお辞めになった方が良いですね」

    2020年9月10日 23:42

  • 忠告へのコメント

     なななんか……ッ!
     貴子様のお耳にも届いてらっしゃる雰囲気が……! ゾゾッ! ゾゾタウン

     何ィ!?

    「「彼女をきっと一生忘れないだろうな」」!!?

     ――もう一遍言ってみ
     お兄ちゃん、録音するから

    作者からの返信

    ぜひ!そこは!録音しておいてください!!!
    君こんなこと言ってたよって聞かせて悶絶させて欲しいです(笑)

    2020年9月10日 23:38

  • 似ている二人へのコメント

     お待たせしました|ω・`)チラ
     洗濯機が終わっては夕食も……となってたら少し時間が開いてしまいました💦

     さてさてさて?

     あななぁ……
     随分迫ってきますなぁ

     星ならありもしない噂話にはぐらぁ!! ってなっちゃうかも……

     桃ちゃん……分かるわ、何だかその気持ちサメザメ

    作者からの返信

    なにせ死罪になってしまいますもんね〜厳しい……。
    けど噂話されたら多少意識……ふふ……

    2020年9月10日 23:36

  • 噂の種へのコメント

    「「そう来たか」」

     微笑ましいとか、お姉ちゃん! とか言おうと思ってたのに!!

     こーれだからお局様って言うのは! あななぁ! もうっ!!!

     。゚(゚´ω`゚)゚。ドドドオオ(n回目)

    作者からの返信

    噂は本人たちの気持ちとは裏腹に勝手に一人歩きしている模様……。
    いつの時代も女性の話題は噂話ですね。

    2020年9月10日 23:34

  • 叶わぬ夢へのコメント

     も、桃っちゃん!!

     ――とうとう気付いてしまわれた!?

     そうなのよぉぉおあああ!!
     。゚(゚´ω`゚)゚。ドドドオオ

    作者からの返信

    やっぱりお姉ちゃんですよね!気づいてしまったようです!!

    2020年9月10日 23:32

  • 親睦へのコメント

     また会ってるわよ、この二人ーーっ!!
     喧嘩するほど何とやらとは言いますけども!!

     あーあ……そこで良い感じに時空とかねじ曲がって結婚しないかなぁ……

     ――あ、駄目だ、桜ちゃんが……!!
     (苦悩再び)

    作者からの返信

    空間ねじ曲がって結婚しないかなぁ……と久々に読み返した作者もそう思いました……(ぇ?)

    2020年9月10日 22:47

  • 散桜の涙へのコメント

     桜……ちゃん?
     桜ちゃん!!??

     う、うああああ。゚(゚´ω`゚)゚。ドドドオオ

     何か……予感はしたのよ!!
     うああああ!!!!
     。゚(゚´ω`゚)゚。ドドドオオ

    作者からの返信

    貴族の宿命でございます……(ニヤリ)

    2020年9月10日 22:38

  • おてんば姫へのコメント

     桜姫からは桃姫とは何か違う「貴族」を感じますねぇ

     小っちゃいお姫様がかーーっ、かわゆし!!
     お兄ちゃんが何でも買ってあげまし――ヒエッ常磐様!!?

     や! 星、ちょっとピーンと閃いてしまったんですが!
     真逆真逆……凌駕くんの慕ってたとかいうお姫様って……!!
     もm――いやっでもぉっ!!

    作者からの返信

    ぷんすか怒ってるちっちゃい桃ちゃん、わたしも好きです^^
    そしてなにを閃かれたのでしょうか……ふふ……( ̄∇ ̄)

    2020年9月10日 22:37

  • 雨と桜華の色へのコメント

     これが貴族……!

     ううむ、ううむ! 知識人云々と言われるだけあっていつでも考えを巡らせなければいけないし、話す内容が中々政治的……

     あななぁ……星、貴族ってケーキ食べてるものだと思ってました……
     もっと大変な世界なんですなぁ……現代人で良かったです、本当に!!

     最後のにこやかには一体!?

    作者からの返信

    パンがなければケーキを食べれば良いじゃない……が本当に出来るのは案外現代人なんじゃないかと思っております……!
    貴族、大変そう……!

    2020年9月10日 22:21

  • 憧れと葛藤へのコメント

     凌駕くんも大変ですなぁ……
     でも平安あるある(?)のイヤミとかを持ってない爽やか好青年で良かったであります! (星が)

     貴子様怖い……ゾフィーみたい……

    作者からの返信

    ふふ。爽やか好青年が取り柄(!?)です^^
    でも貴子様は苦手みたいですね。いや、貴子様得意な人いないと思いますが……

    2020年9月10日 22:16

  • 母と子へのコメント

     杞憂で良かったーーーーっ!!!
     ――あ! すみません💦 つい(叫びまくる)癖が……

     何より何より……

     桃ちゃん可愛い……
     食べたいですねニヤリ

    作者からの返信

    食べたいありがとうございますーーー!!!
    嬉しい褒め言葉デス(〃ω〃)

    2020年9月10日 22:14

  • 対面へのコメント

    「「これは完璧継子もの……!!」」

     最初の凌駕くん、現代の星の感覚からしたらそこまで癪に障るものではありませんでしたが……この時代だとそうもいかないのでしょう……

     はらはら……
     どうなるのかしら……

    作者からの返信

    お上品な貴族からすると、カチンと来るものがあるのかも!?(単に桃の性格が……という可能性の方が大きいですが)。
    継子とは上手く付き合えるのか桃!!

    2020年9月10日 22:10

  • 雨と少女へのコメント

     こんばんは、はなさん|ω・`)チラ
     すうぱあよみよみたいむ――簡単に言うと星ver.の読書の仕方なのですが、それでこちらにやって参りました次第……

     何度か語ったりはしたんですが(ア! 見てなかったらすみません💦)こちら、推しキャラや推し雰囲気等々への愛を、もうそれは敬語を抜きにして叫びまくったり語ったりしんみりしたりする――と言う内容の応援コメントを最終話までずらーっと毎話毎話投稿していく、作者泣かせの一気読みとなっております……

     ある方曰く朝起きたら通知乗っ取られてたとのことでして……もしよろしければどうぞ、通知をオフにして下さいまし……多分応援コメントこれ以上見たくないって位送ると思います💦
     それと先程も言いましたが、内容が大体愛の叫びとなるので(作風から分かる通りで御座います)敬語がひっきりなしに外れます……失礼極まりないぞこいつ! と言うときはお気軽に仰って下さいまし💦
     即刻真面目モードに切り替えます故

     ――それでは早速参ります

     あなな……桃ちゃん……
     これは複雑だ……胸がちくっとしてるよ……

     いや、大学でね、継子ものとか色々文学学んでるけど、こんなに悲しい始まりも中々無いわ……
     大丈夫だわよ、星が見守ってるからね……

     ――最後の声って、もしかして……??

    作者からの返信

    星さん、読みに来てくださってありがとうございます!!
    作者を感激で泣かせるスタイルの一気読みですか!?星さんのコメントついてる時点ですでに小躍りしてるのですが!!!
    敬語なんて吹っ飛んで全然構いませんというか、吹き飛ばす事が出来たらいいなぁ!とすら思っております。
    続きも楽しんでいただけることを祈ってます……!

    2020年9月10日 22:08

  • 光差す空に消ゆへのコメント

    ああ、最後の最後に私の中の碧落ランキング、東雲さんが急浮上。

    生きていれば、このふたりはとてもよき夫婦になったろうと……思わずには。°(´ฅωฅ`)°。

    作者からの返信

    大丈夫ですわたしも東雲推しです!!
    本当に、なんで死んでしまったんや東雲、絶対にいい夫婦になったと思うし全員幸せで丸くおさまったはずなのにッ!!
    事あるごとにいい夫だったと桃も言ってましたもんね……(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

    うちの子たちの人生を見届けていただきありがとうございました!

    2020年8月13日 19:15

  • 願いと罪の果てへのコメント

    どぉぉぉぉ( ´;ㅿ;`)どこまでも抉られるぅ。

    作者からの返信

    可愛い子はいじめたくなるあれですかね?
    愛が、作者の愛があふれてますでしょう!?(O_O)

    2020年8月13日 12:41

  • 悪い夢へのコメント

    おお、こっちはやっぱり蘭!!
    途中、あれ?桜……いやしかし、と思ったけれどやはり蘭!

    しかし、こうなると桃の立場がまずく……とすると陵駕もまずく……

    これは……外れか??←黒幕予想中の現場からお伝えしました。m(_ _)m

    作者からの返信

    こんにちは!
    もしかして一気読みしてくださってます…?ありがとうございます!!
    まずくなりますよね、特に桃は。
    黒幕、予想は合っていたのでは…?なんて思いつつ、この先も心抉られて下さいませ(えっ…?)

    2020年8月13日 12:40

  • 神の在る碧落に吹くへのコメント

    友魂さん……゚(゚´Д`゚)゚。
    貴方が命乞いをした時、何か考えがあるのだろうと私は信じており……信じており……(´;ω;`)

    作者からの返信

    友魂パパ(´;Д;`)
    愛が、息子への愛が深過ぎたんでしょうか……命乞いしてまで……うっ……。

    実は蘭も友魂もわたし大好きで、蘭なんか女の子の中で一番可愛いなと思ってたんですけどね。
    なぜ作者の推しは2人ともあんなことになったんでしょう……(遠い目)

    2020年6月29日 19:56

  • 葬列とそれぞれの旅立ちへのコメント

    常盤様格好良い……。
    展開をある程度予想しながら読んでも胸を抉られる鬼畜っぷり……とても良きです(o´艸`)
    現代文なのに時々入る古き良き(?)言い回しがなんとも味があり、一方で一日一章と決めていなければ冒頭から一気読みしてしまいそうなくらいするする読んでしまいました。

    素敵な物語をありがとうございました!

    さて、番外編行ってこよう……。

    作者からの返信

    最後までありがとうございました!
    そしてお星様もいただき、素敵なレビューまで……!!!
    感激しております。
    常盤姫、やはり母は強しですね^^

    転がり落ちるように悪化して鬼畜展開となりましたが、最後まで来ていただけて本当に嬉しいです。
    ありがとうございました!

    2020年6月29日 17:46

  • 罪と罰へのコメント

    き、鬼畜……!(´;ω;`)
    そっちは盲点でした……。でも今考えればわざわざそこ描写したのそういうことかと……!

    見せるだけでも十分じゃないか柑子様……゚(゚´Д`゚)゚。

    作者からの返信

    ありがとうございますありがとうございます。わざわざ描写してました。気づいていただけて嬉しいです。
    結局処刑されるのは免れないので、この罰は柑子なりに思うところがあったのかもしれません。
    精神をゴリッと削ってしまい申し訳ない……!(と言いつつ、新名さんのご感想により作者は元気100倍になりました!)

    2020年6月29日 17:42

  • 執行、永遠の別れへのコメント

    三晩で良いことがある……と思っている|ω・`)
    あれはお父さんだったのだと……それも悲しいけど、でも信じています(´;ω;`)
    そうすると女の人は桜姫……? 蘭……?

    獣狩りの罠の時点で「ひぃ! 鬼畜!」と思ったのに、もしやここから先に更なる鬼畜が……?(꒪ཫ꒪; )

    作者からの返信

    こんにちは!
    鬼畜だなんて、そんな褒められても〜(違)
    ここから先はあれです、いろんな意味で精神に…( ̄▽ ̄;)

    2020年6月29日 14:08

  • 悪い夢へのコメント

    やっぱり蘭だった……!
    ずっと桜姫だと思ってて、確か2話前くらいの前半で「あれ? 蘭……?」となったのですが、終わり頃には「やっぱり桜姫か?」となって……でも……

    やっぱり蘭だった!(衝撃のあまり2回目)

    てことは、蘭を唆したのが桜姫……? こんな怖いことを……?

    続き読んできます(꒪ཫ꒪; )

    作者からの返信

    蘭でした!!!蘭をちょっとでも疑うなんて凄い……!
    でもおっしゃる通り、これが蘭であるということは恐ろしい事実があるわけで……。

    どうか心が折れませんように……!!

    2020年6月28日 17:58

  • 神の在る碧落に吹くへのコメント

    友魂……。゚(゚´Д`゚)゚。
    他でもない誰かが犠牲にならなければならなかったのならば確かに友魂なんでしょうが……いいキャラでした。

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます。
    良いか悪いかなら悪いんでしょうけど、最後は全部の罪を背負ってくれましたしね……。
    本編に入れることは出来ませんが、彼の最期を書けて良かったです。

    2020年6月6日 00:32

  • 遼遠の恋へのコメント

    少しずつ不穏な気配が漂ってきました。
    登場人物たちの思惑が交錯している様子が手に取るようにわかりますね。
    これからどうなってゆくのか……。

    そしてこっそり誤字報告です。
    「それを断われば」→「それを断れば」

    作者からの返信

    誤字報告ありがとうございます、助かります!

    不穏ですよね〜
    それぞれ思惑があるみたいで……これからどうなって行くのか見届けて貰えると嬉しいです!

    2020年5月31日 00:00

  • 葉桜と思い出とへのコメント

    最初は「ないない」って感じだったのに、このあたりから少しずつ「もし~だったら~」みたいな話になっていくんですね。これからどう変化してゆくのか楽しみです。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    これからゴロンゴロン転がっていく感じになります!(どんなだ)

    2020年5月30日 23:57

  • 光差す空に消ゆへのコメント

    花田さま

    こんばんは乃木です。

    ゔゔゔゔぅーーっっ!!じののめぇぇ~(T_T)
    なんで死んじゃったんだよぉ…桃と幸せな夫婦になれたはずじゃないかー!
    彼もまた、罪悪感を感じながら我儘を通した人だったのですね。

    感動しました。どうしたらこんなきれいでまっすぐに刺さる話が書けるんすか花田さんっ!
    桃の行く末を見たら、彼は何と言うのでしょうね?応援してくれるでしょうか。

    素晴らしいお話をありがとうございました!

    作者からの返信

    うっゔっ……東雲良かったね知ってもらえて……ゔうっ(親バカ)
    桃も、愛する暇はなかったけどいい夫だったと事あるごとに言ってましたしね。彼の思いやりは伝わってたと思います。
    東雲は桃の幸せを願っていたと、わたしは思っています。桃は6章うたかたの雲路「空蝉」のラストで東雲の想いを肯定的に解釈したようでしたが。

    お褒めいただきありがとうございます〜〜〜!
    本編が転がり落ちるように悪化していくので、こちらは尊さ全開でお届けしました。

    あっ……推しの話なのでつい熱弁してしまいました!(笑)
    ありがとうございましたっ(≧∀≦)

    2020年5月30日 21:06 編集済

  • 噂の種へのコメント

    ゆるゆる読み進めさせていただいています。
    なかなかに個性的な設定ですね。

    こっそり誤字?の報告を。
    「近親婚が多いかからこそ」になっていました。

    作者からの返信

    ハルカさん、ありがとうございます!
    誤字の報告助かります~早速直すことができました。
    ごゆるりと楽しんでいただけると嬉しいです^^

    2020年5月30日 17:13

  • 光差す空に消ゆへのコメント

    東雲は桃を愛しく思ってたんですね。
    本編では名前しか出てこなかった彼ですが、桃を大切に思い、葛藤していたのがよく分かって読んでて切なかったです。

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます。
    桃は東雲を、愛する暇はなかったけれどいい夫だったと事あるごとに言っていたので、彼の思いやりは伝わっていたのだと思います。
    彼の最期の日々は、切なくも幸せだったのだろうなと思いながら書いてました。

    2020年5月30日 14:05

  • 憧れと葛藤へのコメント

    (呼ばれた気がしました)

    作者からの返信

    (呼んだ気がします……)(読んでいただき大変嬉しいです……!!)

    2020年5月24日 22:19

  • 罪と罰へのコメント

    花田さま

    こんばんは乃木です。

    うおおおぉっ!やはり来たか陵駕よ…!
    しかしまさか替え玉が友魂だったとはΣ(゚д゚lll)
    これが彼の狙いだったのですね。いやーパパさん二人にしてやられました!

    蘭の愛が一番哀しいですね…来世では幸せになってほしいです。

    作者からの返信

    こんばんは乃木さん!
    さすが生き別れの姉妹!!コメント見て、その通りだよっ!と盛大に突っ込み入れましたもん(笑)
    蘭の思い人も的中してるし。
    いやぁ、お見事でした(≧∀≦)

    友魂パパの思惑は達成されました。あの人、ただの親バカなんで……。
    なんか、終盤はみんながみんなちょっとずつ嘘ついてるもんだから、わたしもちょっと混乱しましたねー。

    蘭は本当に、どうか幸せな来世を過ごして欲しいです。

    2020年5月23日 23:46

  • 葬列とそれぞれの旅立ちへのコメント

    完結おめでとうございます。
    なんでしょう……なんとも不思議な読了感に包まれてます。

    結局……どの親も親だったのですね。子を想い、子のためにそれぞれできることをする。たとえ罰を被ることになろうとも。
    ラスト前までは桜が不憫だな、とも思ってましたが常盤が寄り添うことになって「ああ、良かったなぁ」とホッとしました。

    とりあえず……陵駕も桃も、そして桜も、この物語の後はみんな幸せになっておくれ、と思います。
    素敵な物語、ありがとうございました。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    結局みんな親だったんですよね。しかも親ばかレベルの。愛にもいろんな形があるというのを描きたかったので、親たちに注目してもらえて嬉しいです。

    この先、みんな幸せになってくれればいいなと思います。
    桜に関しては、そのうち短編でなんらか足跡を辿れないかなぁなどと妄想中です。

    2020年5月23日 23:30

  • 葬列とそれぞれの旅立ちへのコメント

    完結おめでとうございます!お疲れ様でした!

    うう、常盤母上、まじいい人すぎます。なんだかんだで、やっぱり母親だったんだなぁと思いました。
    貴族という自覚を持ちながらも、子供を愛する気持ちは捨てていない。カッコいい母親です。
    最後のシーンなんかは、もう泣きましたよ。今、涙が溢れて止まりません。
    私の中で、常盤母上の株が急上昇中です。1番好きなキャラになりましたね(笑)

    凌駕が生きてて、びっくりしました。
    これから2人で険しい道を支えあって生きていってほしいです。

    素敵な物語をありがとうございました!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    第一稿を友人に読ませた時のあとがきに、常盤大好きってわたしも書いてました^^

    びっくりしていただけたなら、書き手としては嬉しい限りです。
    辛いこともあるでしょうけど、二人で強く生きていって欲しいです。

    2020年5月23日 23:23

  • 碧落の果てへのコメント

    これがそうだったのかな。
    全て読んでいた感じの唄ですね。

    作者からの返信

    はい、これがそうです^^

    2020年5月23日 14:16

  • 葬列とそれぞれの旅立ちへのコメント

    いやぁホントに脱帽です!!!完結お疲れ様でございましたm(_ _)m大作を読んだ後の充実感がいま身体を満たしております。ビターエンドで大好きです!!!実写化して欲しいです!!!
    最後の最後、ママンめっちゃ泣かせに来ましたね(T . T)ほんとに……姉妹の幸せを祈ります。
    もうはな女史の試練は無いだろうから思う存分幸せになってくれ〜。゚(゚´ω`゚)゚。

    作者からの返信

    最後まで読んでくださってありがとうございます!!!
    また、素晴らしいレビューまでいただいて感激しています。
    子がどんなことをしても、ママンはママンなんですね……。多分常盤も内心親バカなんだと思います。
    そうそう、特に桜の宮を出た3人に関しては、もうわたしからの試練もなくなりましたので、幸せになって欲しいなぁと思います。
    そのうち、桜に関しては短編を書こうと思いますので!
    ありがとうございました!

    2020年5月23日 14:14

  • 罪と罰へのコメント

    (°_°)ううう……
    苦しい(´;Д;`)

    作者からの返信

    あの……いやすみません……最初から決まってたことではありましたが、回避出来ませんでした(;ω;)

    2020年5月23日 14:11

  • たどり着く場所へのコメント

    ふぅ……(〃ω〃)ひと安心です。

    しかし、油断は禁物。

    作者からの返信

    なぜ油断は禁物だと!?(意訳:読みが素晴らしいです……)

    2020年5月23日 14:10

  • 執行、永遠の別れへのコメント

    何かギミックがあると見た!!(´・ω・`)

    作者からの返信

    ぬ!なぜギミックを疑われておるのでしょうか……(目をそらす)
    最終章でも精神をゴリッと抉りますとも!(えっ…)

    いつもありがとうございます、最後までどうぞよろしくお願いします^^

    2020年5月22日 16:15

  • 冤罪の刑へのコメント

    ……( ´ ཫ ` )グボッ
    か、神様お助けください(இωஇ)

    作者からの返信

    「神は誰も救わない。ただ見ているだけだ」

    と、友魂も陵駕も申しておりましたゆえ…

    2020年5月22日 16:11

  • 足枷と代償へのコメント

    つらみヤバいです(இωஇ)

    作者からの返信

    逃げ出す事には成功したのに、現実は甘くなかったです(ノ_<)

    2020年5月22日 16:09

  • 獣道へのコメント

    うう……(´;ω;`)どうなるんだぁ……:(´◦ㅂ◦`):

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます。
    どうなるのか言いたいのに言えないジレンマ!
    次回の更新で一気に完結しますので、続きを読みつつどうぞお付き合いくださいませ!

    2020年5月22日 15:21

  • 執行、永遠の別れへのコメント

    花田さま

    こんばんは乃木です。

    ついに…さらば陵駕…
    と言いながら花田さんのことなので、あれは替え玉だったとか、最後にどんでん返しが来るのではないかと、びびっております((((;゚Д゚))))

    そして処刑された女性の方!まだ正体明かされていませんね~
    こっちもドキドキですよ…

    常盤様も何を企んでらっしゃるのかしら~??
    いや~さすが花田さんすっげええぇぇ!!終盤で畳みかけてきますねー( ̄ー ̄)
    次も楽しみにしています!

    作者からの返信

    こんにちは、いつもありがとうございます!
    ううう、ラストを言いたい!言いたいけどもう終わるのでグッと我慢しますっ!!
    もうあと1章で終わりなのにここで陵駕も処刑され、どう締める気……?と思いつつ次回をお待ち下さいませっ!!
    多分、最終章は一気に公開しますので、次回の更新で完結です。

    2020年5月21日 17:37

  • 執行、永遠の別れへのコメント

    おおう、陵駕。ついに陵駕が……。

    んなことよりも、常盤母上の母親力に涙が……。
    どんな気持ちで桃を見送ったんでしょう……。
    そう考えると涙が……。

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます!
    遂に、家畜も極まって参りました。

    母としては辛いですよね、常盤は。桜もいますから……。

    2020年5月21日 17:33

  • 獣道へのコメント

    花田さま

    こんばんは乃木です。

    宮育ちの貴族が外の世界で生活していくのは難しい。現実はそうですよね。
    分かっていました…。分かってはいましたが、やはりこうなってしまうのですね…

    桃…最後まで頑張れ…!
    見守りたいと思います。

    作者からの返信

    おはようございます!
    いつも読んでくださってありがとうございます〜!
    良くも悪くも宮育ち、詰めが……甘いんですよね(ノ_<)
    この章は4日連続更新で一気に駆け抜けて、最終章になだれ込みたいと思っています!展開がアレなんですが、お付き合いくださいませ〜!

    2020年5月18日 08:13

  • へのコメント

    これは……毎回、先が気になるッ!!!!∈( ⊙_________ ⊙)∋

    作者からの返信

    今回もありがとうございます!
    毎回が山場になっている今日この頃です。
    友魂パパ、命乞いまでして何がしたかったのか、ぜひ見届けて下さいませ〜!

    2020年5月14日 00:14

  • へのコメント

    花田さま

    こんばんは乃木です。

    友魂は陵駕にとって尊敬すべき父だったのですね。息子の顔した陵駕も男前でした。

    けど…なにを狙ってるんだ…
    柑子っ!!すぐ打首にしなきゃ駄目だーー!((((;゚Д゚)))))

    続きをお待ちしております!


    作者からの返信

    こんばんは!今回もありがとうございますー!!

    陵駕は十代前半で島流し(笑)になってますから、余計に父への想いがあるんでしょうね〜。

    そして友魂が命乞いしてまでやろうとしたことは、最終章で明らかになるとかならないとか(匂わせw)

    という事で、次回もよろしくお願いしまっす!!!

    2020年5月13日 22:08

  • 願いと罪の果てへのコメント

    言葉になりませぬ。( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

    作者からの返信

    ああっ、まだ、まだ泣かないでくださっ……(ぇ)
    もうちょっとだけ抉りますが、ちゃんとオトシマエは付きますので、どうか、どうか最後まで見守ってあげてくださいっ!

    2020年5月11日 14:30

  • 願いと罪の果てへのコメント

    花田さま

    こんばんは乃木です。

    おぉぉ…蘭…あんた最高だよ…d( ̄  ̄)
    花田さんの描写、今までで一番迫力ありました。柑子を刺した時よりもここの蘭の方が凄い。愛に突き抜けましたね。
    またなんでもお命じくださいね。
    一番美しい表情で言うこのセリフ。まだ余韻が…
    もう一回読みますm(__)m

    桜もこのままでは終わらないと信じております。ゆーこんにだけ得させてはなりませんぞ!

    個人的には逃げた桃が帰ってきて、真実を知った二人の対峙が見たいのですが…
    一体どう決着するのか?楽しみにしております!

    作者からの返信

    こんばんは!いつもありがとうございます!!
    迫力ある嬉しいーーー!蘭はね、蘭はもうね…(涙)

    次回はこの流れからの友魂パパ回の予定です。
    逃げた2人もどうなるのか、決着までお付き合いくださいませー!^^

    2020年5月10日 22:43

  • 願いと罪の果てへのコメント

    果たして、悪かったのは誰なのか……いえ、誰も悪くなかったのかもしれませんね。
    蘭が口にする夢想も、桜が叫ぶ真実も今はただ胸が痛いです……が、最後まで見届けさせてもらいます(・ω・)ノ

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます!
    桜が今後どうなるのか、逃げちゃった桃と陵駕も……どうか最後まで見届けてあげてくださいm(_ _)m

    2020年5月10日 16:37

  • 別れへのコメント

    花田さま

    こんばんは乃木です。

    待ってたよ桜ー!目の前で陵駕を奪われてしまいましたが…
    桜は一体何を抱えているのか…
    蘭に何を語るのか…
    全ては次回ですね!(>_<)

    見たいけど見たくないような…胸が痛いです。。。

    作者からの返信

    こんにちはー!
    さっき最新話を公開しました。そこで桜の罪や黒幕も出ました。ので、だいぶん重い話になりました(ノ_<)
    ラストまであと少し、お付き合いくださいませー!

    2020年5月10日 16:34

  • 別れへのコメント

    いやぁもう鳥肌がですね……。凄まじいです。あらためて心情描写が極まってますね。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    心情描写、お褒めいただき嬉しいです。
    この調子でゴリゴリ抉って行こうと思います!(まだ抉る気!?)

    2020年5月9日 18:32

  • 空蝉へのコメント

    決意が固まったようですね(◜ᴗ◝ )

    作者からの返信

    そのようですね^^
    何度も何度も書き直したシーンでしたが、決意が伝わったのなら良かったです。

    2020年5月6日 10:15

  • 空蝉へのコメント

    それぞれの行末。この先、何が待つのかは、分からないけれど。
    生まれ変わったような桃。彼女の歩んでいく道を、見守りたいです。

    作者からの返信

    ありがとうございます、それぞれの結末をどうぞ見守ってください。

    2020年5月6日 10:14

  • 最後の願いへのコメント

    素晴らしいです。先が気になります。ついていくのか、それとも残るのか……。

    作者からの返信

    ありがとうございます、桃は聡明な子ですが若いので、どちらの可能性もありますよね。
    続きもお楽しみいただければ嬉しいです!

    2020年5月5日 19:43

  • 最後の願いへのコメント

    花田さま

    こんにちは乃木です。

    うぅ…蘭…かわいそうに…
    陵駕はよく蘭に会えましたねということで、首謀者はあの方ではないかと思っております( ̄^ ̄)ゞ

    なにせ花田さんと乃木は行き別れの疑いがありますからね〜!

    花田さんが遠い目で仰る陵駕の素直さがここでも炸裂…
    言わずにはいられない性格?

    桃はどう動くんでしょうか?
    そして桜は?最近出番がないのですが…一体何を…ドキドキ

    続き楽しみにしています!

    作者からの返信

    こんにちは!
    言わずにおれないみたいですね陵駕……あの子、人付き合い得意なはずなのに惚れた弱みなんでしょーか…。

    黒幕は……
    実は作者的にはもう隠してるつもりはなくキャストは出し切ったので…ふふ…
    やはり、乃木さんとは行き別れ……( ̄▽ ̄)

    2020年5月5日 19:40

  • 祓うべきものへのコメント

    公開部分のちょうど半分くらいになりますか、ここまで一気に読ませていただきました。
    いやあ、気付きませんでした。確かに名前は似ているし、元服後の空白期間はあるし、言動も昔から変わっていませんが、おおお?という変な声が心の中で出ました。
    また、三章のラストは優美な演奏と神をも恐れぬ人の業が入り混じり、とても丁寧な描写だと感服しました。せっかくなのでそのままレビューもさせていただきました。
    また続きを読ませていただきますね。

    作者からの返信

    一気に読んでいただき、また素敵なレビューまでありがとうございます!
    人の業が感じていただけたのなら、大変嬉しいです。どんなに品行方正に見えても、心のうちはわからないのは、現代も同じですね。
    遼の正体に桃が気づくことがあるのかはこの先に任せるとして、今後はさらに愛憎劇が増してドロドロして行きますので、お時間ありましたらぜひお楽しみいただけると嬉しいです。

    2020年5月4日 19:23

  • 噂の種へのコメント

    最後の一文を読んで、ここら辺は本当に平安の貴族らしいなあと思いました。
    史実の貴族と違い、神職としての側面を強めているのは良い設定だと思います。
    叔母と甥の結婚というと、日本神話にも鸕鶿草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)と玉依姫の例がありますね。その間に生まれたのが初代となる神武天皇です。

    作者からの返信

    貴族らしさが出ていたのなら良かったです!平安時代と同じく、比較的平和だろうと思われるので、恋の話は大いに盛り上がったのでしょう^^

    神話にもお詳しいのですね。神話って面白いし、そこから平安貴族はもとより現代まで続いているのかと思うと、資料としてちゃんと読んでみたいなと思うもののひとつです。神職の資料としても良さそう。
    ありがとうございます^^

    2020年5月4日 15:15

  • 告白へのコメント

    ついに想いを伝えてしまいましたね、陵駕。
    そしてそれを聞いた桜。桃は自分の気持ちに気づいて消化しきれなかった感じでしょうか。

    誰の想いが成就しても、誰の想いも成就しなくても苦しくなりそうなこの関係、ああ、胸が痛い……
    三人とも幸せになることを願いつつ、引き続き読ませて頂きます(^_^;)

    作者からの返信

    ついに言ってしまいました……。誰の思いも成就するのは困難な状況ですが、彼らがこの先どんな選択をするのか、見守っていただけると嬉しいです。

    2020年5月4日 15:10

  • 灰色の闇へのコメント

    感情移入し過ぎて胸が締め付けられます。ああ辛い(´;ω;`)辛いけど面白いから読んでしまう(இωஇ)

    作者からの返信

    ありがとうございます、ありがとうございます!いつも励みになってます。
    うう、お話出来ることが少ないですが、続きもどうぞよろしくお願いします!

    2020年5月4日 15:05

  • 雨と少女へのコメント

    自主企画にご参加いただきありがとうございます。
    自分も貴族もの(古代日本を基にした西洋風)を書いているので非常に興味深いです。養子も摂関政治はもちろん、後の武家政権でも当然のようにありましたね。いわゆる乗っ取りのようなものではなく、一族の優秀なものを跡継ぎに据えるような感じですね。

    それで、一つ気になったのが鈴鳴柑子が本家で、鈴鳴代赭は分家のような位置付けだと思いますが、桃を嫡子とすると代赭の方が断絶してしまうため、長子とかそういう意味合いかなと思いました。その場合は桜の夫が婿入して血脈を保つ感じですね。
    いつもは他の作者様の内容には首を突っ込まないのですが、気になる題材なのでつい書いてしまいました。後々に説明があったらすみません。

    作者からの返信

    こんにちは。素敵な企画と、そして読んでいただきありがとうございます。
    実は、この話には直接関係ないものとして、鈴鳴代赭側の家族構成は全てを記載していなくて、説明もありません。登場もしない人物名が多くなるとややこしいなと思ったのですが、たしかに興味がある方ほど気になるかもしれないなと初めて気がつきました。
    イメージとしては、桜の宮では〇〇家を存続することが重要事項であり、分家が本家存続のために断絶しても致し方ないという感じです。ですが、貴族の血を受け継ぐのは重大事項なので、繁栄するに越したことはないのですが。
    私自身、このような題材に詳しいわけではなく、調べながら書いている部分が大きいので、気になる点を上げていただけることは大変勉強になります。随時改稿もして行けたらいいなと思っているので、また何かございましたら遠慮なく仰ってくださると嬉しいです。
    ありがとうございます!

    2020年5月3日 14:30

  • 悪い夢へのコメント

    花田さま

    こんばんは乃木です。

    ええええーーーーっ!?( ̄◇ ̄;)と、
    やっぱりいいいいーーーっ( ̄▽ ̄)です。
    いやビックリ。お見事でした!

    一体誰の差し金なのか、、、
    じゃあ桜は!?

    そして蘭の思い人とは陵駕なんですかね?桜なんじゃ…?と乃木の一方的な妄想は更に広がっております

    もう目が離せませんね。
    続き待ってます!

    作者からの返信

    こんばんは!
    もう!もうね!乃木さん絶対わたしと思考回路近いですよね!?よもや、蘭を疑い始めた時はもうどうしようかと…!!

    蘭や桜の今後含め、もうゴロンゴロンと転がるだけなので、乞うご期待ください!
    蘭の思い人にも^^

    2020年4月30日 23:23

  • 悪い夢へのコメント

    マジに声出たッ!!!!
    おおうふッ!!!!
    マジか……!!!やべェ(((゜Д゜;)))騙されたァァァァ:(´◦ㅂ◦`):
    ぎゃああああ(;´༎ຶД༎ຶ`)

    すみません。興奮が収まりません。一服して参ります。

    作者からの返信

    あああありがとうございますその反応嬉しいーーー!!!
    一応伏線はあったんですが、どの程度ならバレないのか手探りだったのでドキドキしてました。
    続きが緊張しますががんばります!

    2020年4月30日 23:12