吾輩は異世界転生した猫である

作者 虚仮橋陣屋(こけばしじんや)

原典と合わせて読みたい異世界冒険譚

  • ★★★ Excellent!!!

夏目漱石の名作「吾輩は猫である」を題材にした異世界ファンタジー。
溺死してしまったかに見えた猫「吾輩」は、メッツナーの神官クシュンにより異世界サンドレアに召喚されてしまう。
魔王と戦い世界を救うための勇者として――

文豪の文体を再現し、時にはそのまま引用し、時にはユニークなアレンジが加えられておりと圧倒的な作品です。
登場人物の名前も、クシュンやラビリスなどニヤリとするものが多く、原典への愛が感じられました。
そのうえ、吾輩は不思議な術を使えたり、原典さながらの生態観察を披露したりと異世界ものの要素も完備。
名作と現代の流行がマッチし、パロディに終わらず一つの新しい作品として成立しています。

「吾輩は猫である」は著作権が切れているため、インターネット上でも読むことができます。
ぜひ読み比べながら、吾輩の活躍を見届けてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

アルキメイトツカサさんの他のおすすめレビュー 84