吾輩は異世界転生した猫である

作者 虚仮橋陣屋(こけばしじんや)

「吾輩は猫である」と並べて置きたい異世界ファンタジー小説No.1

  • ★★★ Excellent!!!

「吾輩は猫である」のオマージュ小説。なんですけど、それで終わってないんですよ。
いや、オマージュ小説としても凄いんですけどね。使っている漢字、表現方法、文体からして書くのがどんなに大変だったか想像もできません。
それだけでも十分に賞賛ものですが、死んでしまった猫が異世界に転生し、勇者猫として魔王退治に乗り出すんですよ。こんな展開を誰も考えないです。転生、異世界での生活、モンスターとの戦い、そして魔王との対峙。これを猫がこなしていく様は必見です。もちろん、原作を知っていればニヤリとする場面も多いですよ。
面白いのはそれだけにとどまらず、主人公を取り巻く人間がイキイキしているのも良いです。色々書きたいんですが、自分で読んで感じてください。

先駆者より最後にひとつだけ。結末はニヤニヤせずにいられませんのでお楽しみに!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

Edyさんの他のおすすめレビュー 116