緑玉の天寵

作者 ふづき詩織

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全64話

更新

  1. 第一部 緑玉の天寵
  2. 前日短編
  3. 000. 新たな主従の誕生を
  4. 第一章 泥の姫
  5. 01. ヴァルハラの開門※
  6. 02. 獣道に一歩を踏み出す
  7. 03. より困難なものへと
  8. 04.横たわる三日月のような※
  9. 05. 死者は弔った。生者は叩き潰した
  10. 第二章 煤の姫
  11. 06. 陶器でできた人形のような
  12. 07. 取り落としたもの
  13. 08.死にゆく青年の傍らに※
  14. 09. 岩巨人
  15. 10.全ては神の贄
  16. 第三章 夢の中の姫
  17. 11.そこに気付いてしまいましたか
  18. 12.世界は何でできている?
  19. 13. もう手遅れだと
  20. 14. でも嫌い。
  21. 15.今は邪魔なんだ
  22. 16. さぞや便利に使っているんでしょうね
  23. 17. あまり失望させないでくれ※
  24. 18. すべて私の掌の上※
  25. 19.あの方々を試してはならない
  26. 幕間短編
  27. 001. お母さまを生き返らせてください※
  28. 第四章 落ちる黒髪
  29. 20.彼はイオストラ様の味方です
  30. 21. よろしく頼むよ
  31. 22.おはよう、イオストラ
  32. 23.エルムはずっと君の味方だ
  33. 24.いい度胸だな
  34. 25. 遅くなんてありませんから
  35. 第五章 砂の姫
  36. 26. 辱めないでいただきたい
  37. 27. 世界で最も貴重な宝
  38. 28. 英雄を殺すのは
  39. 29. お前など相手にしていなかった
  40. 30. 余計なことをするな
  41. 31. 角砂糖一つ
  42. 第六章 交易都市攻防戦
  43. 32. 成長には問題が必要なんだよ
  44. 33. 目にもの見せてやろう
  45. 34.なんとも泣かせるじゃあないか
  46. 35.死なないでやってはくれないか
  47. 36. 君はどんな皇帝になりたいのだ?
  48. 37. 少し世界を救って欲しいだけさ
  49. 38. 器相応に収まったじゃねえか
  50. 39.もうあいつ一人でいいんじゃないか?※
  51. 40.大人げないじゃあないか
  52. 41. 私だって頑張った
  53. 第七章 白の魔法使い
  54. 42. 自分が泣いている理由も知らない馬鹿な子供だ
  55. 43. 生と死の為す大いなる螺旋
  56. 44. 万物万象を司る大河そのもの
  57. 45.万能の力を持ちながら、それを操る意思を持てぬ無能な神
  58. 46.神を殺した青年
  59. 47. 臆病で繊細で、とても優しい
  60. 48. 断りたい理由
  61. 49.一緒に逃げよう
  62. 50. ありがとう
  63. 幕間狂言
  64. 51. 尽きない知識欲
  65. 第八章 駒たちは踊り散る
  66. 52.命の数
  67. 53.仲間のために闘う
  68. 54. 自分で立てる
  69. 55. 砕ける時を、楽しみに
  70. 56. 人の海を割って ※
  71. 57.太陽がもう一つ
  72. 58. たなびく光の帯を残して
  73. 59. 無形の災禍
  74. 60. 生命を垂れ流す傷口に
  75. 61. 君のための世界
  76. 最終話. この先も、ずっと……