ギリギリな彼女(十八才・魔法少女)とギリギリな彼(三十才・童貞)のギリギリな事情

作者 ごろん

113

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 優良会社の会社員だった主人公は、三十を迎えても童貞だった。そんな主人公のもとに、組合からスカウトが来る。なんでも、三十歳過ぎても童貞な男は、魔法使いになれるらしい。主人公は組合に、タッグを組む魔法少女を紹介され、世界を守る正義の魔法使いとして、活躍することになる。しかしタッグを組んだ魔法少女はあまり戦績を残せておらず、主人公は魔法少女を支えながら戦うことになる。
 主人公は魔法少女に問う。「諦めて、後悔はしないのか?」主人公の言う「後悔」には種類があった。「やらなければよかった」、「やっておけばよかった」そして、もう一つの後悔――。
 主人公と魔法少女は、ライバルからの引き抜きや、悪の組織との対決、事故現場などの様々な苦難と戦いを通して、互いに距離を縮めていく。そんな中、魔法少女は決意する。後悔しないように、正しい魔法少女になると。
 一方、海の向こうからマレビトという脅威が迫っていた。組合と組織が裏で手を組んで対処しなければならないほどの、脅威だった。主人公はコモンとギフトという力を武器に、一人マレビトに立ち向かう。次々に駆けつける魔法少女たちは間に合うのか⁈ そして主人公の運命は?

 コメディタッチで描かれる、魔法使いと魔法少女の物語。
 突っ込みどころ満載で、ハイテンションな仕上がりです。

 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

脱帽です。
冒頭からぶっ飛んでいて、色んな意味で超ハイテンションで物語が進行していき、その勢いが最後まで続きます。全編全展開全文章面白すぎました。

なんといっても際立つのは主人公ジェントル・ササキの尖り過ぎたキャラクター性です。それに付け加え、(合法の)お薬中毒の元魔法少女やパッシブで周囲の男性を前屈みにさせてしまう現魔法少女、主人公のせいで特殊性癖に目覚めてしまう悪のアイドルなど、ヒロインズも抜群に個性的で魅力的です。現エースの魔法少女の能力ゆえの悲しい境遇には色々考えさせられるものがあります。

奇抜な設定や類まれなるユーモアセンスによって紡がれる比喩表現と会話劇に目がいきがちなところですが、基礎となる文章能力も非常に高く、シンプルに小説として完成度が高いです。

バス停を背負って、なんていう文章は人生で初めて見たかもしれません。それに笑えるだけではない、マッチポンプ等の社会的テーマや胸躍る激熱展開の描写も見事でした。感動です。

★★★ Excellent!!!

開幕の狂気OPからの秀逸な文章。
凄まじいコントラストです。

まだ序盤だというのに僕の脳味噌に電撃が走りました。

『これは神の創造物だ!』
そう確信せずにはいられませんでした。

読み進めてみるとやはりその確信は正しく、
繰り出される狂気を正常だと思わせる流麗な文体,ぶっ飛んだキャラたち。

ここまで尖った材料を人間がここまでうまく調理できるわけないのです。
つまりこの作品は神の創り給うたものー神の創造物ということです。






★★★ Excellent!!!

魔法少女?いやいや魔法使いのお話。
読みはじめて最初に感じたのは、筆者様はなんて豊富な表現力の持ち主なんだろうということです。
そして読み進めるうちに、その豊かな表現力を駆使したカラフルな笑いの応酬が押し寄せてきます。
更に設定面の作り込みや発想の豊かさも素敵で、
読み進めながらクスクスっと笑った後、誰もいない部屋でつい『なるほどねー、すごいなっ』なんて独り言を呟いてしまいました。
まだまだ序盤しか読み進める事が出来ていませんので、今後の展開がとても楽しみです!
素敵な作品をありがとうございます😊

★★★ Excellent!!!

斜め上いく作品なら読んできました。
しかし、そう、しかし!この作品は!白目剥いて気絶するほど『俺の仰角』度でぶっ飛んでます!

悪いことは言いません。最初の数話は周りの目がないところで読んでください。

通勤、通学の途中で読むのは、あなたの、そして地域の平和を守るためにも、耐性をつけてからにしてください。
大変危険です。
怪しい人物として魔法使いに目をつけられ後ろから鉄パ・・・。

ちなみに私の『薬』はストロングな奴です。

★★★ Excellent!!!

出会い頭に悪の女幹部(33歳主婦)の側頭部を、『鈍器でドーン!』する様な主人公。ジェントル・ササキ。

色々とヤリ過ぎる彼を初めとした、○○過ぎる者達のギリギリな競演がコミカルに描かれていて面白い作品です。

内容的にエロ・暴力等に属する表現もありますが、比喩的言い回しがふんだんに盛られているのでかなりマイルドに仕上げられています。
またその言い回しが面白く、作者様の言葉のチョイスセンスが非常にナイスです♪

個人的に、お薬系美女は、後何回お薬を呑むのか?
主人公は、後何回マイムマイムボディーブローを喰らうのか?楽しみにしていますw