竜の宝玉

作者 @odan

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全134話

更新

  1. 竜の宝玉
  2. 冒険騎士ホライン
  3. 緑の森
  4. 竜と騎士
  5. 宝玉を求めて
  6. 儲け話
  7. 古城へ
  8. 宝の番人
  9. 質流れ
  10. 誇りにかけて
  11. 謁見
  12. 旅は道連れ
  13. 悪魔の城
  14. 三つの願い
  15. 悪魔の力
  16. 王の器
  17. 王と騎士
  18. 誓いを果たしに
  19. 後日談
  20. カラの怪物
  21. 船乗りの語り
  22. 港にて
  23. 大海原へ
  24. 海の魔物
  25. セイレーンのなぞなぞ
  26. なぞの答え
  27. 怪物の正体
  28. 後日談
  29. 弓使い現る
  30. 弓使いのうわさ
  31. 弓の心得
  32. 弓と剣
  33. 矢そらしの技
  34. 必殺の四本射ち
  35. 高みを見る者
  36. 雨降って地固まる
  37. 後日談
  38. 白昼の夢魔
  39. 王の呪いのうわさ
  40. 古代の王墓
  41. クトー山へ
  42. 王墓の罠
  43. 妖しい誘い
  44. 泉の深き
  45. 愛の精
  46. 夢から覚めて
  47. 幻の泉
  48. 後日談
  49. 盗賊団との戦い
  50. 護衛依頼
  51. 騎士の評判
  52. 盗賊騎士
  53. 一騎打ち
  54. 騎士のあなどり
  55. 形勢逆転
  56. ブライにて
  57. 新たな剣
  58. 後日談
  59. 女剣士と騎士道
  60. 剣士と三人の男
  61. 公正を愛すべし
  62. 子女に優しく紳士たれ
  63. 野良仕合に勝負なし
  64. 旅を語る男
  65. 弱きをたすくべし
  66. 鼻持ちならない男
  67. 剣には心が表れる
  68. 博くを愛し寛大たれ
  69. 後日談
  70. 貴婦人との出会い
  71. カイエへの道にて
  72. 怪しい一家
  73. 貴人の娘
  74. 亡国の皇女
  75. 皇女の悩み
  76. 三日の契り
  77. 望まぬ願い
  78. 愛を唱える
  79. 後日談
  80. 生死の境で
  81. 行き倒れ
  82. 身寄りを探して
  83. 花街の影で
  84. 夫婦は二世の契り
  85. 峠の夜に
  86. 死神が来る
  87. 闇夜の決闘
  88. 騎士失格
  89. まじないの効果
  90. 後日談
  91. 湿原に幻獣を見た
  92. 魔眼を持つ獣
  93. 勇気とは何か
  94. チェウの大湖
  95. 死の魔眼
  96. 決死不殺の心
  97. 勇気の証明
  98. カトブレパスの悲哀
  99. 勇気を出して
  100. 後日談
  101. 仇討ちの旅
  102. サンの国
  103. 復讐者
  104. 仇の顔
  105. 一宿の恩
  106. 仇討ちの理由
  107. 夜の野を行く
  108. 執念が勝る
  109. 追う者と逃れる者
  110. 復讐に生きる道なし
  111. 虚しい勝負
  112. 心ゆくまで
  113. 無念と後悔
  114. 族長の死
  115. 復讐の果てに
  116. 死者の思い
  117. 後日談
  118. 流しの歌い手
  119. 大都の酒場で
  120. 芸は命がけ
  121. 男らしい男
  122. 一芸に身魂を捧ぐ
  123. 己に克たずして勝利なし
  124. 後日談
  125. 金持ちになりたい
  126. 商売のすすめ
  127. 商売人が世界を制す
  128. 商売の才能
  129. 思わぬ買い手
  130. 取引成立
  131. 宵越しの銭は持たぬ
  132. 放蕩野郎
  133. 商売に向かない男
  134. 金持ちになれない男
  135. 後日談
  136. 悪魔のうたげ
  137. 同窓会の誘い
  138. うたげの使者
  139. 魔の門
  140. 悪魔の大宮殿
  141. 悪魔の集い
  142. 騎士と悪魔の乱闘騒ぎ
  143. 悪魔の貴公子
  144. 人も悪魔も
  145. 悪魔の感覚
  146. うたげが終わって
  147. 後日談