古城へ

 冒険騎士ホラインとトレジャーハンター・ダーバイルは古城を目指し、サーコーの山に登る。誰にも知られぬ古城というだけあって、そこへと続く山道は険しく荒れ果てている。

 獣道のごとく草木に隠れているだけならまだしも、ある所では断絶し、ある所では右に左に曲がりくねって何本にも分岐して。

 それでもホラインとダーバイルは物ともせずに進んでいった。沢を渡り、崖を越え、道なき道をひたすらに。


「さすがは冒険騎士様だ。途中でへばると思いきや、まだまだ行けるというお顔」

「そうでなくては、冒険騎士は名乗れまい。長旅も山歩きも慣れている」

「なるほど、そいつは頼もしい。さあ着きましたぞ、ご覧あれ」


 そう言ってダーバイルが指した先には、土と木に覆われた古びた巨城。大きさだけなら都の城にも引けを取らないが、ほとんど土に埋まっている。


 ダーバイルは城の中へと続く大きな洞窟に、ホラインを案内する。


「ここから中に入ります。ついてきてください」


 松明を灯して進むダーバイルの後を、ホラインは慎重についていく。

 洞窟の壁と天井は石造り。ここもかつては城の一部だったとわかる。


 ホラインは先を歩くダーバイルに問いかける。


「ところでダーバイル」

「嫌ですね、ダバで結構と言ったはずですが」

「ではダバよ、ここには何があるというのだ?」

「何ってそりゃあお宝ですよ。いきなり何を言うんですか」

「宝だけではあるまいて。そなた一人ではどうにもできぬ、危険な何かがあるのだろう?」


 ダーバイルはそこで初めて振り返り、弱った顔を彼に見せた。


「……さすがは冒険騎士様、ご明察にございます」

「媚びへつらいはやめろと言ったはずだが」

「こいつは一本取られました。旦那に何とかしていただきたいのは、宝の番人で。なぁに正面からバカ正直にやりあうことはないですよ。ちょいと時間を稼いでいただければ、その隙に」


 そんなことだろうと思ったと、ホラインはため息をつく。


「そんなに手強い奴なのか?」

「そりゃあもう。オレの勝手な見立てですが、あれには城の兵士が束になっても敵わないでしょうね」

「ふーむ、そいつは楽しみだ。ぜひとも手合わせしてみたい」


 不敵に笑うホラインにダーバイルは苦笑い。


「自信があるのは結構ですが、どうなっても知りませんぜ。オレは戦いは専門外。何かあってもお力にはなれません」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます