竜と騎士

 竜を恐れぬホラインに、何と豪気な男だろうと緑の竜は驚いた。ゆるりと首を持ち上げて、まじまじと目の前の男を見つめる。


「竜の頭をどやしつけ、話し合いとは恐れ入る」

「元より争いは望まない。先にしかけたのはそちらの方」

「何とも変わった人間だ。お前はいったい何者か」

「何もかにもあるものか。私はホライン、冒険騎士。三度も名乗る気はないぞ」

「いったい何が望みなのか」

「何かとなになにしつこいぞ。竜とはみなそうなのか? 私は冒険騎士だから、冒険するのが目的だ。古の伝説に聞く竜に会う。これほど心おどる冒険があろうか」

「ただ会いに来ただけか」

「いかにもたこにも。お前が邪悪な者ならば、打ち倒さねばならないが、無害なものを傷つける道理があるか? ないだろう」


 堂々としたホラインの話しぶりに、竜はほとほと感心し、しばし言葉を失った。

 やがて竜は思い立ち、ホラインに相談を持ちかける。


「お前ほどの男にならば、ワシの宝をくれても良いが、実は宝を盗まれて途方にくれておったのだ」

「盗まれた?」

「いつの間にか、ねぐらに忍びこまれてな。気づけばもぬけの殻だった」

「なぜ取り返しに行かぬのだ」


 不思議がるホラインに、竜は恥じらい小声になる。


「どこの誰とも知れぬ者に、大事な宝を盗まれるなど竜の恥」

「そんな理由でありもせぬ空の宝を守っているのか? しかしだな、何もせねば泣き寝入り。悔しくないのか、これ竜よ」

「何を言う! 悔しくないはずがない。……そこでお前に頼みがある。わが至宝、緑の宝玉を探し出してはくれまいか。もしも首尾よく手にすれば、その宝玉はくれてやる。お前ほどの者になら奪われたとても名は立とう」


 そう言われ、ホラインは少し考えた。彼も騎士、名誉を重んじ体面を飾る気持ちはわからなくもない。

 決意した彼はすっくと立ち上がり、お任せあれと胸を叩く。


「よし引き受けた。冒険騎士の名にかけて、竜の宝玉を探し出そう」

「かたじけない、かたじけない」


 竜は目を伏し首を垂れ、涙ながらに感謝した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます