重銀の翼 〜ツィオルコフスキー・クレーターにて

作者 永久凍土

君と話すのに何が必要なんだろう

  • ★★★ Excellent!!!

電話、メール、SNSと、コミュニケーションのツールは質量ともに進化を続けている。

でも、チャットの手段が増えるほど、テレビ電話の解像度が上がるほど、「伝わらなさ」への苛立ちや寂しさは募るばかりだ。私達は有史以来、最も孤独な人類なのかもしれない。

本作に登場するのは<ウィスパー>と<エコー>という「ヒト」ではない二人であり、彼(または彼女)らが持ち合わせているコミュニケーション手段は、我々から見れば不自由極まりないものだ。

しかし、彼らはそれを嘆くことはない。自分の思いが届くこと、相手の気持ちがわかること。その事実に純粋な驚きと喜びを感じている。その姿は、私の目からは羨ましいものに見えた。
もしかすると、私達が求める最高のコミュニケーションには高度な道具も、高尚な表現技法も必要ないのかもしれない。

本作の登場人物たちと同じく、宇宙に浮かぶ孤独な存在である私達が、他の誰かとつながる喜びを再認識できるかもしれない一作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

1103教室最後尾左端さんの他のおすすめレビュー 18