幻想歴史読本 ~ファンタジーを考える~ 改訂版 

作者 走るツクネ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全56話

更新

  1. 第一部 ファンタジーの様々な要素
  2. はじめに
  3. この小説の目的について ファンタジー世界とは
  4. 武器にまつわる話
  5. 近距離武器 主に剣について
  6. 遠距離武器 弓について
  7. 魔法について 魔法のルーツを探る
  8. 番外編1 中世の社会について
  9. 冒険者にまつわる話
  10. 冒険者経済
  11. 冒険者という兵士1 装備について
  12. 冒険者という兵隊2 ギルドに所属する兵士
  13. 冒険者という兵隊3 編成について
  14. 冒険者ギルドの悩みと対策
  15. 錬金術と冒険者
  16. 番外編2 銃器について 魔法が戦場に与える影響は
  17. 民族や文化、価値観にまつわる話
  18. エルフについて 生態と社会体制
  19. ドワーフについて 専門技能と職業の話
  20. 都市と城塞について
  21. 宿屋について
  22. 貿易と海洋事情について
  23. 宗教について 創作物に見られる我々の宗教観
  24. 文化について 時代の様相と発展
  25. 番外編3 最先端という錯覚
  26. 第二部 ファンタジー世界を創る上で
  27. 創作、表現とファンタジー小説
  28. 散逸構造の理論 味噌汁とファンタジー
  29. ハイファンタジーとローファンタジーという分類
  30. モデルとする史実 本小説の利用方法の一例 
  31. ゲーム的世界観についての考察 テンプレについて
  32. 表現者の困難 本小説の目的
  33. 歴史から得られるアイディア
  34. イタリアの話 傭兵というサービス
  35. 海という要素 兵器と船
  36. マスケット銃とクロスボウ なぜマスケット銃が選ばれたのか
  37. イタリア戦争の話 攻撃と防御の競争
  38. マリ帝国について
  39. ビザンツ帝国 帝国の条件と苦悩
  40. 番外編4 芸術家という金魚 宗教と芸術
  41. 麦と米と社会
  42. 肉と魚 食と社会と人格
  43. ファンタジー世界の農業
  44. 歴史とデータ
  45. 地域と魔法
  46. ファンタジーの社会的要素
  47. 言語について 
  48. 回復薬は存在し得るか
  49. 宗教について 対抗手段としての宗教
  50. 宗教について 亜人弾圧
  51. 奴隷の存在から見るファンタジー 史実の奴隷
  52. 奴隷の存在から見るファンタジー 奴隷はどこに行くか
  53. ファンタジー世界に学校を作るには 前編
  54. ファンタジー世界に学校を作るには 後編
  55. 武器屋について 武力は社会でどうあるべきか
  56. 勇者と社会について 前編
  57. 勇者と社会について 後編
  58. 第三部 モンスターと魔法と人間社会
  59. モンスターにまつわる話
  60. モンスターを考察するということ
  61. ゴブリンについて 社会性と職業
  62. 水棲生物について 人間社会への影響
  63. 飛行生物について 食物連鎖
  64. 非実体系生物について 科学と価値観
  65. 植物モンスターについて 書き手の事情
  66. 人工生物について 科学と工学
  67. 巨人系モンスターについて 大きさとファンタジー