聖と魔の名を持つ者 ~ラーソルバール・ミルエルシ物語~

作者 草沢一臨

圧倒的な火力で焼き払う、とんでもない爽快感はありません!

  • ★★★ Excellent!!!

異世界転生などのチート設定もなければ、ゲームモノのレベル設定もありません。したがって、敵を圧倒的な火力で焼き払うなどの、とんでもない爽快感は、私が読んだ範囲では全くありません。

しかし、ラーソルバールが騎士を目標とし、そして、成長していく過程が丁寧に描かれています。目を見張るのは、その剣技! その丁寧な描写のおかげで、まるでアニメを観ているかのような臨場感があります。
言うなれば、ロードスなどのような王道ファンタジー。ゆっくりとした時間の中で人と人の心が交わり話を美しく織り成していきます。

さて、話はどんどんと、ラーソルバールを巻き込んで激しくなっていきそうです。さて、続きを読もうかな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 独学ながらも剣の才能にあふれ、けれど魔法は不得意で、ちょっと天然なところもある、男爵令嬢・ラーソルバール。
 彼女が騎士を目指し、王国立騎士学校を受験するところから物語は始まります。
 非常に長い… 続きを読む

ぺんぺん草のすけさんの他のおすすめレビュー 264