Weather -レイニーデイ-

作者 アクリル板W

422

145人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

繊細な表現とクオリティの高さを証明する評価の多さ。
それに何といってもこの主人公の二人。
魅力が多すぎて語りきれません。
この2人と共にこの世界の謎を解き明かしていきたくなりますり

一章の内容は現実の厳しさや辛い事が多かった印象ですが、それによって成長する人物もいますし、

とにかくまだまだこれからも読んでいきたいと思ってる作品です!
手にとって損はないと思います!

★★★ Excellent!!!

序盤までですが、とにかく書きたくなってしまったので失礼します。

どこまでも奥があるような深みのある世界観に加え、僅かな心情の機微さえ伝わってくるキャラクターの描写。

プロローグで描かれる戦闘描写には圧巻としか言いようがありません。二人の旅は何を明かしてくれるのか、そして何が起きてしまうのか。

使い古された言葉をもってしてこの作品を表すのは自分には難しい、とにかく誰かに読んで欲しいと思わせてくれる作品です。

★★★ Excellent!!!

練られた世界観、作り込まれたキャラクター、重厚にもかかわらず読みやすい文章。
最近のラノベというよりは、昔から受け継がれる本格的ファンタジー小説です。

レイネリアとミストリア、可愛らしい二人の主人公の冒険を優れた文章で描写し、壮大で謎多き世界の旅を読者に追体験させ、物語へと誘います。

優れたハイファンタジーをお探しの方には、是非読んで頂きたい作品。

読書の醍醐味が味えるこの小説で、二人の少女の成長を見守りながら、未知の世界の冒険へと一緒に旅立ちましょう。


★★★ Excellent!!!

本当は公開されている分を全部読んでレビューをしようと思っていたのですが、第3章まで読了した時点でいてもたってもいられず書くことにしました。

貴族ホーリーデイ家の令嬢レイネリア。彼女の家は代々、半神半人の天人地姫を庇護しその旅立ちを見送る役目を持っています。一方、当代の天人地姫ミストリアは、たった一人で王国の軍勢を相手取ることができるほどの凄まじい力の持ち主です。
天人地姫の御幸―世界の果てへの旅立ちの日、神にも等しい力を持つ天人地姫ミストリアには同行者など足手まとい以外の何物でもない、それでも彼女と一緒にいたいとレイネリアは陪従を申し出るのですが……

他の方もレビューで書かれているとおり、素晴らしく磨き上げられた文章によって重厚な世界が圧倒的な説得力をもって迫ってきます。長い歴史を背景とした国と国との関係、家と家との軋轢、人と人との結びつき、まるで見事な織物のように編み上げられた世界の中を少女二人は最果てを目指して歩んでいきます。

上質なファンタジー映画を見ている時のような没入感。彼女達の旅を見届けるのはまだまだ先になりそうですが、それはそれだけ長く楽しめるということ。ぜひ多くの方に手に取っていただきたい作品です。

★★★ Excellent!!!

まず何といっても圧倒的な文章力に驚かされます。まるで翻訳された海外文学を読んでいるようです。地の文だけで世界を構築させているのは、古きよきライトノベルを彷彿とさせてくれます。
まだ第二章までしか読んでませんが、物語には暗雲が立ち込めて来ました。色々為になるところが多いので作家志望者はぜひ読むべきだと思います。

★★★ Excellent!!!

(第一章まで読了時のレビューとなります)

 まずプロローグでは、他とは一線を画する緻密な世界設定と、それを表現し得る圧倒的な文章表現力に脱帽します。それは史実を引用した設定が多く、確かな整合性を持って世界を構築していることが解ります。その背景となる勢力争いの図式が大変複雑であり、容易には全容を見せてはくれませんが、二人の主人公達の旅を通してそれを紐解いていくという謎解きの楽しみがあります。

 第一章ではまだ二人の旅が始まったばかりではありますが、主人公兼ヒロインの二人の人となりが次第に解ってきます(依然としてミストリアちゃんは謎多き子ですが)。このエピソードでは現実の厳しさ、辛いことも多いですが、ある意味箱入りお嬢様であるレイネリアちゃんの心の成長を暖かく見守ることができ、ミストリアちゃんと共に嬉しい気持ちになれると思います。

 全体を通して、心情や情景は徹底した3人称視点の地の文で客観的に述べられますが、その巧みな文章表現により、読者はまるでその場に居るかのように感じることができ、凄まじい没入感を得られます。
 タグにはガールズラブ?とありますが、ふわふわと浮ついたものではなく、バトル物の少年誌にあるような淡い恋模様であり、見ていて微笑ましいものです(少なくとも第一章時点では)。ですので、百合は無理!といった方も、毛嫌いせずにお読みいただきたいです。

 このまさに古き良き硬派なハイファンタジー小説を、是非ともお手にとってみてください!
 

★★★ Excellent!!!

天人地姫として御幸することになったミストリア、そして彼女の従者としてともに旅をするレイネリア。軍隊をも退ける恐れるべき力を持ち、半神半人の血統を受け継ぐミストリアに対し、自らの力のなさを悩むレイネリア。しかし、困難な旅を続けるうちに、彼女たちは互いが互いを補い合う関係なのだと気づいていく。

正直な話、この作品のレビューを書くべきか迷いました。何を書いても陳腐化させてしまい、本編の足枷にしかならないのではないかと。でも、その戸惑いを含めてこの作品を読んだ味わいなのだなと思います。

究極ともいえる力を持ちながら、その力をどのように使うか、何を受け入れるべきか、わからないままに歩むミストリア。彼女の空白を唯一埋めることができる存在でありながら、自分自身を疑い続けるレイネリア。二人のお互いを補い合いながらも、それでいて傷つけ合う旅路はどこへ向かうのか。

二人の少女が互いを認め合い、その絆で世界を変えていく正統派ファンタジーノベルここに開幕です。

★★★ Excellent!!!

この小説、なんかスゴイ長丁場になりそうだから、救命道具と非常食を買っといたよ。いざの為に。


読んでて、少し不安だったのが、この小説の最後の章の前に、地球に何か大異変が起こった時。

けどこれでもう心配は無し。


もう思いっきり超大作に仕上げて頂戴!

この小説だけだからね、俺がこんな事したの。

★★★ Excellent!!!

三章まで読み終えたのでレビューさせて頂きます。
まず、皆さんも書いてるとは思いますが没入感がたまらない世界観描写が素晴らしいです。ナーロッパ?なにそれ?って感じです。オリジナリティが光ります。

ストーリーとしては今のところ凡人のレイネリアと天才才色兼備ミストレアとのコンビで進むストーリー。全体的にレイネリアの登場シーン多めな気がしますが、私はサナリエル様推しです。かわいい。

悪い意味ではなく、三章ではまだそこまで大きく物語が動いてない気がするのでこれから「秘匿された世界の果てに至る」のはいつなのか。それまでにこれからどんな展開が待っているのかがとても楽しみです。是非とも頑張ってほしいです。

自信を持って勧められる作品です。

★★★ Excellent!!!

本作を読ませていただいてまず驚いたのはその文章力です。
緻密でありながらも壮大な描写力。
物語のスケールの大きさを感じさせるプロローグは、一気に心を持っていかれます。
しかしながら、その中でもキャラクターの繊細な心情描写は世界観にちっとも引けを取らず、これからの続きが楽しみになる素晴らしい作品だと感じました。

★★★ Excellent!!!

第三章まで読破したので感想を。
というより、ようやくこの作品の感想を書けることが嬉しい。

丁寧に、それでいて研磨されたな文章。それにマッチした世界観。
そこから二人の女性の生き様や葛藤にのめり込んでしまいます。

運命に抗う少女レイニーことレイネリア。
彼女は貴族令嬢である以上、定められた人生を歩むはず……しかし、それは大好きな人と生きられないことを指す。
だからこそ、大好きな人と共にあるために旅立ちます。

しかし、そんな彼女に向けられた言葉は残酷でした。


非力なレイネリア、超常の力を有するミストリアが紡ぎだす物語は文句なくおススメ出来ます。

★★★ Excellent!!!

『これは、今はまだ何者でもない少女レイネリア=レイ=ホーリーデイと、伝説を生きる神々の忘れ形見ミストリア=シン=ジェイドロザリーが、秘匿された世界の果てに至るまでの物語である』

こちらの作品のプロローグは、上に抜粋させていただいた文で締められています。

主人公であるレイニーことレイネリアは、ホーリーデイ家の次期当主。
貴族令嬢という立場にある彼女は、本来、定められた運命を全うする、籠の中で生きるような人生を歩むはずでした。
しかし彼女は、その運命に抗うことを決めます。
それはひとえに、大好きな人と共に在りたいという願いゆえのこと。
身を守る術を持たない彼女は、それでもたった一人で、先に旅立ったかけがえのない人を追いました。
やっとのことで追いついた彼女に、しかし大事な人はこう言い放つのです。
「なぜ来たの?」と——

腰を据えて、じっくり読んでいただきたい物語です。
読み応えあるストーリーはもちろんのこと、細部まで拘り抜かれた知的な文章、実在するのではと思わせるほど綿密に練られた世界観。
どこを取っても、読者さんを残らず満足させる完成度を誇るお話です。

個人的には、特に主人公レイニーの心理描写が秀逸だと感じており、移入を超えて彼女に転身してしまったかのような感覚をいつも味わっております。
レイニーは(今のところ)特別な力を持ちません。
ですがそんな彼女だからこそ、想いの成就のために何もかもを擲って走ってゆける。
それは間違いなく一つの強さであり、武に優れるとか知に恵まれているとか以上に、得難い能力ではないかと感じています。

これから二人がどんな旅路を往くのか、楽しみにしております。
皆さんも一緒に、彼女らの旅を見守りませんか?

★★★ Excellent!!!

神のような力を持つミステリアスな雰囲気を持つミスティ、その彼女とは正反対のようなふんわりとした柔らかさを持つ貴族令嬢のレイニー。

二人の友情と愛の物語です。

この壮大な物語は、作家さまの力量のより、多種多様な表現が美しく、脱帽してしまう語彙力、そしてかなり重厚感のある物語に仕上がっています。

女性二人だけの旅路も本当にリアルで、また世界情勢や土地柄など、とにかく細かい点まで考えた抜かれており、作者さまがどれだけ時間をかけ、構築されていったのだろう、と思いを馳せてしまいます。

まるで、私の頭の中では壮大な国々を駆け巡るファンタジーの実写映画さながらです。

文字だけで体感できるこちらの物語。
ぜひあなたもこの世界へ訪れてみて下さい。

★★★ Excellent!!!

なんと言っても、世界観の作り込みが繊細で、知らず知らずのうちに引き込まれていました。
どこまでも突き詰めて考えられており、政治、魔法、暮らしなど、この世界の中で人々が息をしているのが感じられます。

素朴で一生懸命な女の子が、強くて優しい歳上のお姉さんと旅をするお話です。
二人がどんな旅をしていくのか。
長いプロローグで語られたことが、後の展開にどう関わってくるのか。
度々見せる、複雑な感情の原因とは。

想像力のかき立てられる物語に、読めば読むほどハマります。

★★★ Excellent!!!

丁寧に、丁寧に、何度も推敲が行われた文章はそれだけで綺麗だと思う。

まるで細かいところまでしっかりと書き込まれた。現代美術のような漫画を見ていると思うほど、アクリル板さんの文章は、何度も、何度も磨かれています。

作品全体の雰囲気としては、少し暗くて不思議な世界観で、僕は読んでいて1980年後半の角川スニーカー文庫や富士見ファンタジア文庫の作品を思い出しました。

うーん、すごい。

キャラクター達も人柄をエピソードで見せているので、深みがあって感情移入しやすい。

しっかりとした地に足のついた小説を読みたい方におすすめです。

★★★ Excellent!!!

更新されている分まで一通り読み終えましたので、居ても立っても居られなくなりレビューさせていただきました。

綿密な設定、魔法の原理、そして登場人物一人ひとりの背景と、本当に一つの世界を作っている作品だと感じました。主人公とヒロインも対照的で、それぞれが持つ者と持たざる者、それ故の悩みや苦悩といったものが丁寧に書かれていて、じっくりと楽しませていただきました。もう一回読み返そうかなとも考えております。

物語の続きがとても楽しみです。今後の活動を応援しております。

★★★ Excellent!!!

もっと読み進めてからレビューしようと思ってたんですが、レビューしたい衝動に駆られたので書きます。

繊細な部分まで描写された物語で、いつの間にか物語の世界に入り込んでしまいます。
それだけでなく、順風満帆に行かない登場人物が読んでるうにち自分と重なり、励まされたり勇気をもらったりするんです。

心に響くので、是非皆さんにも体感していただきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

まず圧倒的な表現力と文章力に驚かされます。

加えて登場人物の憧憬や葛藤など心情までもが細かく手掛けられています。

作り込まれた世界・物語に作者様の丁寧な文章で、景色や命が吹き込まれたのでしょう。

まだ完結しておりませんが、是非とも多くの方に読んで頂きたいと思います。

ここまでの物語に出会えた事を、私は感謝します。

★★★ Excellent!!!

これは人が紡ぐ物語。

緻密に編み込まれた世界は異世界として成立し、そこに生きる人々には肉があり血が通っています。この異世界に生きています。

主人公は二人の女の子。
1人は非力な貴族令嬢であるレイネリア。
もう1人は人智を越えた力を有する天人地姫、ミストリア。

プロローグでも語られる天人地姫の力は神の域に至っている。
けれどミストリアはその力を誇示する事もなく、己の役割と礼節を重んじる1人の少女だ。
一方、レイネリアには特別な力はない。
ホーリーデイ家に産まれた魔法も剣も使えない、ただの少女。

そんな二人が旅を通して識る物はどれ程あるだろうか。この異世界は完成されているけれど、この二人の女の子が歩む世界は未完成なのだ。

これから二人が歩み、紡いでいく物語。
それはきっと、良質なファンタジーを望む貴方が求める一作となる事でしょう。





★★★ Excellent!!!

目次を見た瞬間、ひょっとしたらギョッとするかもしれません。
それだけのボリュームがある作品ですが、まずはプロローグだけでも読んでみてください。
この物語のエッセンスの大半が感じられると思います。
合う・合わないはあるかもしれませんが、決して損はさせない──そんな物語を、ぜひ一読してみてください。

きっと新しい何かと、出会えるでしょう!

★★★ Excellent!!!

 まず、プロローグが、長いです。

 それも、最近よくある、モノローグでどんどん語ってゆくような個人視点的な展開ではなく、対立する2つの軍という、俯瞰視点からの場面展開。

 そしてそこから結構ガッツリ、王国について、帝国について、関わる一族、血脈について……この世界についてのあれこれがプロローグ内で入ってきます。

 そんな中で登場する、2人の主人公となる少女たち。

 時代背景を重視した構成になっており、非常に古典的というか、少なくてもネット小説ではあまり採用されない手法で書かれていると、私は思いました。

 そして、そんなプロローグを経て、2人の少女は外の世界へ。

 第一章「疫病」では、物語が進むにつれて起こる、とある村の事件をきっかけに、かなりホラーな展開になっているなと感じました。

 第二章「別離」では……いま、読んでます!えっ?別離しちゃうん?せっかく2人で旅してるのに!ええやん!仲良いし、2人でこのまま、旅したらええやん!!(←個人の見解です笑)

 ……というわけで、ハマっております笑

★★★ Excellent!!!

長いプロローグから圧倒されます。
とにかく物語の設計が凄いのです。登場人物たちも個性的で躍動しています。
この物語の執筆に際し作者さまが尽くされたご努力に頭が下がります。
腰を据えてじっくり読みましょう。読者を魅了的なファンタジーの世界へ導いてくれるでしょう。お薦め作品です。

★★★ Excellent!!!

私はまだプロローグしか読ませて頂いていませんが、レビューを書かせて頂きました。

なぜ、プロローグ読んだだけでレビューしてるの? と思われた方も多いでしょう。しかし!

この物語はプロローグがけっこうあるんです! そしてそのプロローグはしっかりプロローグでありながら、描写、設定がしっかりしており、世界観を想像させてくれるでしょう。

そして、けっこうキャラが出て来ますが、おそらく今後どこかで重要な役割を担うのでは!?と想像もさせてくれます。是非この機会に読んでみてはいかがでしょう?

先の楽しみな作品です(^^)

★★★ Excellent!!!

異世界というとざっくりしたイメージでみんな知ってるよね?といった感じがあるが

私達の世界と異なる世界をどう捉えていいのかハッキリわかっている人は意外に少ないかもしれない。

この作品は異世界という世界を珍しくしっかり説明している唯一の作品と言ってしまってもいいのかもしれない。

さぁあなたも異世界への扉を開いてみては如何でしょうか?

書き出しから異世界を渡る風の匂いを感じに。

★★★ Excellent!!!

ある特別な立場にある少女ミストリアと、彼女に随行することになった特殊な生い立ちの少女レイネリ。二人の旅路を通して描かれる、重厚な世界観の本格派ファンタジー。

プロローグと題されたお話もきちんとした筋書きで1話と読んで差し支えないお話となったおり、その基盤から飛び出した以降のお話は、精細な描写と流麗な表現で少女達が旅する世界を鮮やかに描き出しています。

普遍的な異世界ファンタジーを下敷きにしつつ、旅人や流民、商人などの細かい人の営みも、ちらりと光るような細やかな描写で取り入れられ、少しずつ世界観へ没入することができます。

物語自体も暗雲立ち込める怪事件に遭遇していきますが、ミストリアとレイネリ、二人の少女の掛け合いが楽しく、相棒感たっぷりで楽しみながら読み進められるのもポイントです。

少女二人の旅路はまだ始まったばかり。その行く先は、どうかあなた自身の目で追いかけてください。

★★★ Excellent!!!

求めキミは私へ泣く。本音は風に痺れ泣く。何処へ向かう? 二人の強さは二人の距離。強者なの? 求めること。尺度のケタは?
立場は違うが二人が強く生きているところが、見事に描かれているところが特筆される。
テンポはミデアムで、バトルシーンで加速する。僕はコツコツとレベルを上げるのが好きですが、この世界はエクセレント。二人は何処へ向かう? 今後も読んでみたい。
色が見える展開は流石です。たくさんの色を使い分けている。オリジナリティーと知識を巧みに織り混ぜていて、僕にはとても描けない。

★★★ Excellent!!!

壮大なプロローグで始まるこの物語。
重い雰囲気を作り出す文章が、その世界を、人々を、まるで映画を見ているかのように見事に描いていますし、キャラクター達の魅力も余す事無く引き出されています。
ヒロインの二人が静かに紡ぎだす物語は儚くもあり、美しくもあり、恐ろしくもあります。

ゲームのような生ぬるい世界ではなく、古き良き本当のファンタジーの世界がここにあります。

★★★ Excellent!!!

非常に練られた設定のファンタジーです。
物語の途中で登場する魔法の仕組みや人物、家同士の関係などの詳細な設定からは時間をかけて作り上げられたことが良く伝わってきます。

作品タグに設定されているように、本作に登場するメインヒロインは作中では他の追随を許さない最強の力を持っています。プロローグの段階でそれは存分に発揮されますが、彼女はその力でやたらに敵を蹂躙するわけではありません。

二人の旅で今後この力がどのように使われ、二人が旅の中でどのように変わっていくのか、注目したいです。

★★★ Excellent!!!

最強の力が目の前にあれば、人はどう思うだろうか?

当然、我が手中に納めたいと願うだろう。

では、その力に意志があればどうだろうか?

あからさまな行動は、自らにその脅威を向けることになるだろう。

では、どうするだろうか?
『将を射んと欲すれば先ず馬を射よ』である。
プロローグは、そんな駆け引きが垣間見られる。

これは、人智を越えた力を持つ天人地姫のミストリアと、その天人地姫を支えるホーリーデイ家のレイネリアの物語である。

天人地姫のミストリアは、次の天人地姫を身籠るために封禅の儀に旅立つ。本来、天人地姫一人の旅であるが、ミストリアと深いつながりがあるレイネリアは、陪従として共に行く。

そんな二人は、怪しい事件と遭遇する。
消えた村人。
それを調べに行った者も、次々と亡くなっていく。
事件は、新たなる敵の影を映し出す。

おそらく、この旅は、本人たちの思いとは別に、大きなうねりの中に巻き込まれていくことになるのだろう。
人以上に人を思う優しき天人地姫は、この見え隠れする悪意の中で自らの色を失わずにいられるのだろうか?
魔法も剣も使えぬレイネリアの支えが鍵を握っているのであろう。

今後の二人の旅にさらなる波乱があることを願い、楽しく読み進めていこうと思う。

★★★ Excellent!!!

ミスティとレイニーの魅力が満載!
これに尽きますね♪

ファンタジーな物語で国同士の関係性など複雑な世界観で、かなり独特なはずなのですけど、主人公とヒロイン(どっちも主人公でヒロインなのですけどw)の視点で共感して読めるので、そこもすっと入ってくる感じでした。

私はプロローグを読み終えた段階ですが、ここから期待とワクワクしかないですねぇ(*^^*)b

★★★ Excellent!!!

 この作品は、”文学”として仕上げられたハイファンタジー作品です。今時の作風を採り入れつつも、隆盛を極めるラノべとは一線を画した文体に滲む古さは、作品を安売りしない、文学としての矜持を感じさせます。

 例えば、作品の中で『想念の浸潤』という言葉がさらっと出てきますが、難しい言い回しの言葉でさえも、そこにあって然るべきものになっています。おそらく作者は、文学に対して深い造詣を持つ方なのではないでしょうか。古い作品も新しい作品も知る、そんな知見があるように思います。

 図書館で手に取った古い文献を紐解いた時、そこに記された異世界に吸い込まれ、そこで生きている人々と共にその世界を生きていくような、そんな気持ちにさせられる作品に仕上げられています。

 今はまだ第一章が終わったところなので先の話になりますが、いつか最後まで読み終わり、パタンと分厚い本を閉じ、再び図書館の棚に戻す時が楽しみに思えて仕方がありません。いつかまた本棚から誰かが手に取り、この作品を読み耽る時が来るはずです。これは、そう思わせる文学作品です。

★★★ Excellent!!!

天人地姫のミストリアと少女レイネリアに目が離せないのでっす。
物語は重厚な世界観に支えられたハイファンタジーで、ミストリアとレイネリアの愛(ガールズラブ?)にどきどきさせられます。そして。幾多の困難を乗り越えてどのように愛が深まっていくのか気になってしまうのだあ。
ミストリアは封禅の儀に旅立つ。その陪従としてレイネリアが共に行く。
天人地姫とは? 封禅の儀にどんな運命が立ちはだかっているのか? その壮大な物語がとっても気になるのでっす!!

★★★ Excellent!!!

すみません。まだプロローグしか読んでいないのですが、どうしてもコメントしたくなりました。
兎に角、スケール感半端ない!
 プロローグだけでものすごい登場人物が出てきます――が、それぞれが立派な個性と役割を持っています。
 主人公の二人だけでなく、これから、この人たちがどう絡んでくるのだろうと考えるだけでわくわくします。
 作者が20年暖めてきたとおっしゃってますが、確かにそれだけの構想期間があったと納得もしますし、それだけでないセンスも感じられるお話です。
 

★★★ Excellent!!!

……と、ファンタジーをほとんど読まない自分でも感じ入ってしまった作品です。酩酊感のある風景描写から、ヒロインであり主人公であるふたりのモノローグまで、堅確かつ情動あふれる筆致で活写されます。なんというか基礎体力が違うというか、完全に横綱相撲……相撲もほとんど見たことないんですが、そんな感じです。

進行度としてはプロローグと1章が終わったところですが、どちらも白眉の出来です。1個ずつ単体で完結できるぐらい、エピソードの立て方が濃密で立体的です。区切りがあまりないようで、どこからでも入って気軽に読み進められる印象です。

ネタバレになってしまいますが、「出会いと別れ」が大きなモチーフとなっている作品です(ひとまず自分はそう読み取りました)。しかも、これからいなくなる人、もういなくなってしまった人との出会いと別れが、そこでは念頭に置かれています。

個人的にはそこに最も惹かれました。作者の方のまなざしの強さを感じます。

★★★ Excellent!!!

少女たちのお互いを想い合う愛に心を打たれました。
とても丁寧かつ繊細な描写で、ファンタジーの世界へと吸い込まれていきます。
まだプロローグを拝見させていただいた時点での評価になりますが、ファンタジー好きな方にはぜひ読んでいただきたい作品です♡
今後の少女たちの旅の行方がとても気になります!

★★★ Excellent!!!


 ラノベが定着する以前の異世界ファンタジーは『その作り込みにより別の世界を感じさせる』ものだった。

 現在の異世界ファンタジーは殆どが現代風にアレンジされていて馴染みやすくされている。反面、異世界がゲーム風のノリとなり本来の意味で異世界を体験できていないとも言える。

 こちらの作品はその作り込みにより異世界にある国家がまるで確かに存在するかのような錯覚さえ受ける。描写の細やかさや人物像の確立、その世界で人々が生きていると感じるのだ。

 これはハードカバーで出ている海外のファンタジー──例えば『氷と炎の歌』と現代ラノベを上手く融合させた様な作品と言えるだろう。

 本格的ファンタジーをじっくり読みたい方にはお薦めの一作。

★★★ Excellent!!!

重厚な世界観・設定を綺麗に丁寧に書き上げている作品です。

まだまだ序盤にも関わらず、未だ力を持たぬ少女と全てを持つ少女がお互いに持つであろう葛藤に心惹かれます。

彼女たちの旅は続きますが、また更に星を増やしたい気持ちになってくれることを期待しています。

★★★ Excellent!!!

 プロローグ一話目から作者であるアクリル板様の、圧倒される文章力と表現力に引き込まれ、以降も手抜きのない丁寧な演出に脱帽、そして二人の主人公である少女達の繊細な心情の移り変わりが心に響きます。

 構想に長い年月を掛けていらっしゃった、その深い設定や世界観、熱量が文章に込められており、重厚なストーリーのファンタジーが好物! という方にとてもお勧めな作品です!!

 第一章まで拝読しており、奥深く丁寧な作品のため更新はゆっくりのようですが第二章を楽しみに待っています。
ウオオオオアアアア\( 'ω')/アアアアアッッッッ!!!!!

★★★ Excellent!!!

作品の設定自体非常に良く練り込まれており、何が起こるのか、どうなっていくのかと、読めば読むほど引き込まれていきます。
特に、主人公の二人の少女の特殊と言える生い立ちと役割、それを利用したい者と純粋に想う者。そんな中においても育んで行く二人の関係。
深い正統ファンタジーを読みたい方は是非!