聖と魔の名を持つ者 ~ラーソルバール・ミルエルシ物語~

作者 草沢一臨

235

86人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 独学ながらも剣の才能にあふれ、けれど魔法は不得意で、ちょっと天然なところもある、男爵令嬢・ラーソルバール。
 彼女が騎士を目指し、王国立騎士学校を受験するところから物語は始まります。
 非常に長い連載ではありますが、丁寧に堅実に積みあげられており、文章も安定していて読みやすいです。一人の主人公にスポットを当てた英雄譚として、じっくり楽しめる作品になっていると感じました。

 主人公のラーソルバールは、強く、賢く、美人。ですが、内面は思慮深くて優しく、少女らしいふわっとしたところもある魅力的な女性です。そんな彼女の周りには、同年代の学友だけでなく、領地の民や貴族社会での交流相手など、様々な人々が集まってきます。
 誰からも愛され(時には激しいライバル心を向けられ)、敬われ、それでも彼女は自分の能力におごることなく、謙虚な心で人々と真摯に向き合っていくのです。騎士の鑑のような彼女が本当の英雄になる時には、どんな活躍を見せてくれるのだろう……と期待が膨らみます。

 丁寧に構築された背景世界でうごめくのは、陰謀か難題か……。
 昔ながらの王道ファンタジーが好きな方にも、格好いい女性騎士の活躍を楽しみたい方にも、この物語は刺さることでしょう。是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

本作は後に王国最強の騎士団長となる少女が、騎士の養成学校に入学し、成長を遂げていく姿を描いた物語です。
クラシカルな色が濃いハイファンタジー作品で、昨今のセオリーである転生やチートはなく、昔ながらのファンタジー作品を彷彿とさせます。
剣の腕だけなら大人の騎士にすらも勝る主人公ですが、色々とお茶目でお転婆なところもあり、その不思議な魅力で周囲の人間に好かれています。
そんな少女の成長物語をぜひご覧ください。

★★★ Excellent!!!

異世界転生などのチート設定もなければ、ゲームモノのレベル設定もありません。したがって、敵を圧倒的な火力で焼き払うなどの、とんでもない爽快感は、私が読んだ範囲では全くありません。

しかし、ラーソルバールが騎士を目標とし、そして、成長していく過程が丁寧に描かれています。目を見張るのは、その剣技! その丁寧な描写のおかげで、まるでアニメを観ているかのような臨場感があります。
言うなれば、ロードスなどのような王道ファンタジー。ゆっくりとした時間の中で人と人の心が交わり話を美しく織り成していきます。

さて、話はどんどんと、ラーソルバールを巻き込んで激しくなっていきそうです。さて、続きを読もうかな。

★★★ Excellent!!!

ずっと読んでいたい物語があるとしたら、まさにこんな小説。

騎士を志して王国立騎士養成学校へと入学した少女ラーソルバールが、
学校生活のなかで奮闘し、友情を育み、困難を乗り越えていく、
これは緻密に練られた世界観と、そこで息づく少年少女を描いた、
至高の騎士道ファンタジーであると共に、青春の物語でもあります。

ラーソルバールの人となりは、実直で明るい好感の持てる少女です。
彼女が帰郷した際の村人の反応や、
剣の腕を競い合うエラゼルとのやりとりでもはっきりと現れており、
読めば読むほど、この主人公がどう成長していくのか、
これからも見守ってみたいと思わせてくれます。

歴史考察もあり、戦史や、それに類する戦術を用いた展開もあるので、
戦記としての側面も垣間見えたり、シリアスな展開では手に汗握ったりと、
読むたびに深みにはまっていくこと間違いなしです。

さあ、物語の説明はここまで。
あとはどうか、あなた自身の目でラーソルバールの物語をご覧下さい!

★★★ Excellent!!!

亡き母との約束と自らの夢を叶えようと努力し続ける健気さ。
自分の力ではどうにも出来ない理不尽な現実に立ち向かえる勇敢さ。
涙を流してもそれでも屈することの無い鋼の胆力。
そんなラーソルちゃんと助け支え合える素敵な仲間達。

キャラクターが皆生き生きしていて物語に感情という名の熱意を与えており、気がつけば一日中読み耽ってしまう程に面白かったです。
これからのラーソルちゃん達がどんな生き様を見せてくれるのか非常に楽しみです。

★★★ Excellent!!!

正直、転生モノばかりで残念だなぁと思っていたわたし…この物語に出会えて嬉しい限りです。
長期連載モノは、途中でだらけてしまい読まなくなるものも多いのですが、こちらはストーリーもしっかりしていて読みやすく、キャラが良いですね!強くて優しくて可愛くて…あー!もっと皆に知ってもらいたい!

★★★ Excellent!!!

 ラーソルバール・ミルエルシという、独学で傑出した剣技を身に付けた少女が騎士を目指す過程を描いた物語ッ!

 最初はただ単純に騎士になるために色々頑張っていく物語なのかな…と思っていましたが、途中から何か裏で陰謀が暗躍している気配がして来て、これはただごとじゃないなと思いました。そして、突然の別れ……。アレには本当に驚いた。

 これから先何かが起こるか分からないし、先が読めない。だからこそ、そこに面白みがある。プロローグにて描かれたラーソルバールが、どんな過程を経てあのような姿になったのか、見てみませんか?

★★★ Excellent!!!

騎士を夢見る少女が織りなす物語。
成長をしていく上での出来事が細かく描写で描かれていて、コメディ要素も含んでいるのですがシンプルに目を引く面白い作品だなって感じました!

まだ途中なのですが、日常シーンや魅力的なキャラクター。
何度読み返してもまた楽しめる。
作者様の熱量と好きがとても伝わります!!

ラーソルバールがやっぱり好きです!
運命をどんどん切り開いて頑張ってほしいし、なにより作者様にも本当に頑張ってほしいと、応援したくなるんですよね。
まだまだ序章ですし、もっと見たいと思わせる文章力は作者様の努力あってこその物だと思います!

ぜひ、騎士を目指す少女の剣が華麗に舞うその姿を一緒に見てみませんか?


★★★ Excellent!!!

フォローしている人全ての評価が星3で、そこから暇だし読んでみるかなーくらいな気持ちで読み始めました。そして、この評価に納得な、作品でした。亡くなった母との約束で騎士を夢見た少女がどのように成長していくのか非常に楽しみです。転生物や、転移物ではなく、主人公最強ってわけではない、けど、主人公最強はちょっとあるのかな?主人公を取り巻く周りも魅力的です。出会うのがもうちょっと遅かったらって思ってやみません。だって続きが読みたくて仕方ないのですから!