[詩集] ペールアクア

作者 Kaede.M

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全86話

更新

  1. 世界樹から地上を眺める
  2. オルフェウスは振り向かない
  3. 夏影
  4. 数字が四次元を埋め尽くす
  5. 毒親は地球を覆い尽くす大気のように私から居場所を奪う
  6. 小学生には帰る家がある
  7. 渡り鳥は脱落して死んでいく
  8. 他の人と同じように循環はしているけれど……
  9. お前たちに何がわかる
  10. 一期一会
  11. 8月31日
  12. 墨汁をひっくり返すように
  13. 午後1時は夏の音、午前1時は秋の音
  14. 存在が浮遊する
  15. 道連れ自殺は肥大化するか?
  16. 不幸のポケットは定員オーバーです、誰か降りてください
  17. 瓦礫の山から、時折、ナイフが飛んでくる
  18. 類は友を呼ばない
  19. 幸せという言葉が遠ざかっていく
  20. 裸足の感覚
  21. レベル1の旅路
  22. 空元気vsポジティブ・プラス思考連合軍
  23. 車窓から見える人たちと同じように、私と関わる人間は一瞬で通り過ぎていく
  24. 犯罪抑止という努力は、当たり前という言葉でかき消される
  25. 絶望にログインするための2段階認証
  26. 紙一重の世界観
  27. アルゴリズム
  28. 違う自分は裏目に出たのか?
  29. 首に包丁を突き刺して
  30. 20年前の自分にかける言葉など存在しない
  31. 時空の中心で気づけと叫ぶ
  32. 腕に刺繍を施して、被害妄想に浸る
  33. 我慢ができなくなった……
  34. 必然という未来は、いつしか並行世界に存在するファンタジーへと変貌する
  35. 小鳥のさえずり
  36. 永遠のかくれんぼ
  37. エンジンオイルが雨のアスファルトで花を咲かせた
  38. 本当の孤独がわかる人間って、いったいどこにいるのか?
  39. ネットキャバクラは、まるでパソコンの電源が突然落ちるかのように
  40. 孤独が人生から全てを奪っていった
  41. テレビをリサイクルに出すとき
  42. 直通エスカレーター
  43. 運と努力の境界線なんか無い
  44. トンネルの向こう側に見えるのは、太陽の光に照らされた草木たちだった
  45. 男の病み垢なんか、底が抜けた水槽のように
  46. 取り残された時間に埋もれながら
  47. オーバー・ザ・トップ
  48. 井戸の底で明かりを灯す
  49. ミルグラム効果
  50. ドッジボールの最後の1人のように
  51. 冷蔵庫の経年劣化から見えた幸せのかたち
  52. 救急車は止まらない
  53. ドス黒い水が内釜からあふれて記憶の糸を繋ぐ
  54. 音がしない部屋
  55. LINEアプリをダウンロードしていない
  56. 自殺願望の波
  57. デウス・エクス・マキナの世界観を見せられて
  58. エイドステーションは通り過ぎる
  59. 反抗期という言葉で片づけられたくなかったら、まずは家出すべきじゃないか
  60. 屋根裏に潜む忍者のように
  61. コンビニのオーナー説明会は、まるでこれから騙される人たちを集めた投資セミナーのよう
  62. 110mハードルのコースを左腕に作った
  63. 宇宙から逆算する人生のかたち
  64. 明日は明日の風は吹かない
  65. 女は奪われるくらいなら殺した方がいい
  66. 正座の記憶
  67. 背中に鉄の槍が突き刺さる
  68. マウントツイートの源流
  69. 心結(こころゆい)
  70. 他人の悩みを「今の自分でいいんだよ」「ありのままの自分でいいんだよ」と返す奴の世界観
  71. 透明な足あとをいっぱい残したところで……
  72. 清算し忘れたテレビカード
  73. 2度の自殺圏は大気圏離脱と再突入のよう
  74. 他人の人生が通り過ぎる
  75. 恋愛で敗北した人間が裁判で勝利して何の意味があったのか?
  76. この世界で生きていける能力が何1つ無かった
  77. 「誰か助けて!」の誰かって誰?
  78. 夢がトラウマを解放する
  79. 子育て動画にえぐられて
  80. ナゲキノカガミ
  81. 痕跡が消されて完全犯罪が成立する夢
  82. 胸が膨らむ瞬間から
  83. 大雨とワイパーとテールランプ
  84. 空中に浮いた逆ピラミッド
  85. 鉄格子を挟んで聞く愚痴
  86. 幻想が通り過ぎて