異世界貴族の暗躍無双~生まれ変わった史上最強の暗殺者、スローライフを諦める~

作者 俺2号/結城 涼

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全99話

更新

  1. 転生
  2. 転生。
  3. 新たな生活と新たな力。
  4. 固有魔法と。
  5. 暗殺対象:森の魔物
  6. 一章―帝都の騒動―
  7. 帝都へ。
  8. パーティと、令嬢と。
  9. 何かの陰謀らしい。
  10. 法務大臣の屋敷へと。
  11. 権力者との再会。
  12. 大臣の助力。
  13. 真意が見えない依頼。
  14. 公爵令嬢の本性
  15. ウザいけど意外と可愛いかもしれない。
  16. 真夜中の戦い。
  17. 日が明けて、また彼女と。
  18. 現将軍の振る舞い。
  19. 宿への来訪者。
  20. たまにはゆっくり。
  21. 帝都での逃走劇。
  22. 暗殺者、覚悟をする。
  23. 黒幕との対峙
  24. 暗殺者の力。【前】
  25. 暗殺者の力。【後】
  26. アリスの部屋で。
  27. 帝都最後の日
  28. 罰と打算と。
  29. 帝都への旅のエピローグ
  30. 二章―港町フォリナーは眠らない―
  31. 帝都の姫君。
  32. 自由な男。
  33. 父が来たけど。
  34. 占い師。
  35. 第三皇女の来訪。
  36. 賑やかよりも、穏やかを願って。
  37. 冬休みは呆気なく。
  38. この学園には関わらない方が良いのかもしれない。
  39. まさかの再会と。
  40. 第三皇女の事情
  41. 腹黒男。
  42. 手伝い。
  43. 一夜明けて。
  44. 頑張り屋過ぎる皇女
  45. 派閥。
  46. また賑やかだった一日。
  47. お使い。
  48. 予感と。
  49. 飛竜
  50. 戦いの後で。
  51. 暗殺者と大怪盗
  52. 腹黒男が頼もしかったりする
  53. 逃げる男と、追う輩
  54. 暗躍のための一歩
  55. いざ、帝城へ。
  56. 不気味なほどに静かな中で。
  57. 表と裏と。
  58. 追い詰められた皇族。
  59. 暗殺者と氷の姫。
  60. 騒動のエピローグ【前】
  61. 騒動のエピローグ【後】
  62. 三章―呼び出しは突然に―
  63. 穏やかな日々の中で。
  64. ハミルトン家への依頼。
  65. シエスタ魔法学園で。
  66. ひとまず無難に。
  67. 今度は俺か、って声を大にして言いたくなった日
  68. 馬車に揺られながら。
  69. 議事堂と、凄い人の手紙と
  70. 疑惑を払しょくするための……。
  71. 時堕・カールハイツ
  72. 四章―隣国ケイオスにて―
  73. 貿易都市アンガルダと。
  74. 大時計台の光
  75. 歯車に囲まれて。
  76. 残された手段と。
  77. 【2020年末向けのSS】たまにはこんな一日も
  78. 今日で最後って、何度考えたことだろう。
  79. 聖石【前】
  80. 聖石【中】
  81. 聖石【後】
  82. 帰路の途中で。
  83. この旅の終わりに。
  84. アンガルダへの旅のエピローグ【前】
  85. アンガルダへの旅のエピローグ【後】
  86. 【2021バレンタインSS】二人の頑張り。
  87. 五章―七国会談―
  88. とある盛夏の日。
  89. 心変わりと、楽しみと。
  90. 朝から昼まで慌ただしい。
  91. もうすぐ故郷へ。
  92. 色々と緩いけどそういうものらしい。
  93. 到着した日の夜に。
  94. 再会と。
  95. 別れ際に妙なことを言うのはズルいと思う。
  96. もやっとしたりした。
  97. 法衣の艶女
  98. また会う日があったら。
  99. 名家の令嬢
  100. 至れり尽くせり。
  101. 侮蔑の視線と、不思議な偶然と。
  102. 不可思議なそれと、獣人。
  103. 同じ頃のアルバートたち。
  104. 初日の夜に、色々な話を。
  105. デートっぽいことから。