ブレグジットごはん

作者 赤坂 パトリシア

政治は身近なものだと気付かせてくれる

  • ★★★ Excellent!!!

 政治は本来身近なもの。
 お上の匙加減で影響を受ける人々の日々の生活で感じるストレスが変わる。

 誰もが常に意識したほうが良い類いのものだ。

 しかし、集団や個人の利害に関わるので面倒なものになりやすい性格がある。利害が絡んでいるから感情的な話にもなりやすい。それに個々人の意見がそのまま反映されるわけでもないから関与できないもののように感じて遠いものとなりやすい。

 この作品では、縁遠くなりやすい政治の影響が食べ物とそれに関わる人々でとても身近なもので現わされている。日本語の情報ではニュースで断片的にしか触れられないブレグジットという事象が理解しやすい内容となっている。

 英国で生活している作者さんの目から見た、社会や生活の変化や影響。
 英国に馴染みのない方でも簡単に理解出来るような内容で、知的好奇心も満たしてくれる。

 2019/04/10時点では、英国のEU離脱がいつになるのか、本当に離脱するのかも判らない状況。
 英国がどうなっていくのか、この作品を追っていくことでナマに近い情報や感覚を手に入れられるのではと思わせてくれる。

 日本でも外国人労働者の受け入れ枠を広げつつある中、ブレグジットの情報は参考になるのではないだろうか?

 英国の話ではあるけれど、けっして他人事ではないと考えつつ、今後もこの作品を追いかけていきたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 子育て中の主婦という、しっかりとした立ち位置があること。
イングランドと、アイルランドの確執が非常に歴史的なことが分かりやすく解説され、物語の中で、この夫婦と子供たちに及ぼされる影響が、垣間見れる… 続きを読む

湯煙さんの他のおすすめレビュー 325