華の大江戸幻想絵巻~妖怪仕置き人・北条煉弥の事件簿~

作者 日乃本 出(ひのもと いずる)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全70話

更新

  1. 第一幕 大江戸辻斬り事件~連鎖せし怨恨始末~
  2. 第一幕ノ一 剣閃――闇夜を切り裂いて
  3. 第一幕ノ二 妖怪と仕置き人の住居――化け物長屋
  4. 第一幕ノ三 仕置き人を統べる者――仕置き人の大切な者
  5. 第一幕ノ四 恐るべき差配人――昼時の長屋
  6. 第一幕ノ五 夜回り警ら――沸き起こる不安
  7. 第一幕ノ六 八丁堀での凶刃――不意の邂逅
  8. 第一幕ノ七 外道の正体模索――長屋一の智恵者
  9. 第一幕ノ八 道場朝稽古――剣の師は柳が如く
  10. 第一幕ノ九 外道の詮議――新たなる疑問
  11. 第一幕ノ十 長屋への来訪者――少女の思い、浪人の想い
  12. 第一幕ノ十一 談合――蒼龍と源流斎
  13. 第一幕ノ十二 夕焼け映える妖怪温泉――追憶は骸骨と共に
  14. 第一幕ノ十三 傷つけられた誇り――利位の謀
  15. 第一幕ノ十四 恐れられる八重のおっかさんの謎――謎の美少女
  16. 第一幕ノ十五 神社までの道程――近づく二人の距離
  17. 第一幕ノ十六 登場、噂のおっかさん――小屋での一幕
  18. 第一幕ノ十七 神社での煉弥と八重――女剣士、青天の霹靂
  19. 第一幕ノ十八 祭りから一夜明け――女剣士の心の痛み
  20. 第一幕ノ十九 一夜明け――貧乏浪人の胸の内
  21. 第一幕ノ二十 緊急談合――垣間見えた外道の核心
  22. 第一幕ノ二十一 傷心の八重――押しかけおかっぱ女中
  23. 第一幕ノ二十二 向き合う二人――重なる想い
  24. 第一幕ノ二十三 集う責任者たち――謀の顛末
  25. 第一幕ノ二十四 激震の柳生家――利位、茫然自失
  26. 第一幕ノ二十五 号令――外道狩りの刻
  27. 第一幕ノ二十六 相対――辻斬りの外道
  28. 第一幕ノ二十七 集いし外道――悪神・かまいたち
  29. 第一幕ノ二十八 決着――悪神・かまいたち
  30. 第一幕ノ二十九 仕置きの報告――予想だにしなかった事件
  31. 第一幕ノ三十 化け物長屋への帰還――道すがらの二人の想い
  32. 第一幕ノ三十一 集う面々――模索するは動機也
  33. 第一幕ノ三十二 蒼龍の帰還――浮かぶ下手人は柳が如く
  34. 第一幕ノ三十三 慟哭の煉弥――愛しい者の危機
  35. 第一幕ノ三十四 道場の凛――来たりし時
  36. 第一幕ノ三十五 全ての清算――全ての真実
  37. 第一幕ノ終幕 人でもなく妖怪でもないモノ――みんなからのおかえりなさい
  38. 第二幕 吉原に咲く恋慕の狂い華
  39. 第二幕ノ一 新たな日常――新たな仲間――新たな事件の兆し
  40. 第二幕ノ二 手の届かぬ場所での事件――現れる適任者
  41. 第二幕ノ三 八重とタマ――入楼、吉原遊郭
  42. 第二幕ノ四 吉原の外でできること――それぞれのやるべきこと
  43. 第二幕ノ五 広がる別世界――吉原という隔離世
  44. 第二幕ノ六 おいでませ、松竹屋――八重、運命の出会い
  45. 第二幕ノ七 松竹屋の売り――稀有なる妓楼
  46. 第二幕ノ八 松竹屋の朝はお祭り騒ぎ――個性豊かな御姉様方
  47. 第二幕ノ九 吉原の頂点に座する者――謁見、双葉太夫
  48. 第二幕ノ十 春姫の生家――蒼龍の違和感
  49. 第二幕ノ閑話休題 地獄の修練? 煉弥の場合
  50. 第二幕ノ閑話休題 地獄? の修練――凛の場合
  51. 第二幕ノ十一 夜の吉原――双葉の気遣い
  52. 第二幕ノ十二 一夜明け――光るは八重の業
  53. 第二幕ノ十三 タマの報告――楓の胸騒ぎ
  54. 第二幕ノ十四 落ち着く場所――はかどる作業
  55. 第二幕ノ十五 夕刻迫る化け物長屋――蒼龍たちの談合
  56. 第二幕ノ十六ガ上 お呼びがかり――双葉太夫の座
  57. 第二幕ノ十六ガ中 タマの見張り――タマの発見
  58. 第二幕ノ十六ガ下 初めてのお客様――御高尚なひととき
  59. 第二幕ノ十六ガ結 安らかな寝顔――不安げな顔
  60. 第二幕ノ十七ガ上 タマの報告――蒼龍の閃き
  61. 第二幕ノ十七ガ中 紅葉の旅立ち――紅葉の置き土産
  62. 第二幕ノ十七ガ下 松田屋にて――長次郎という男と新たな花魁
  63. 第二幕ノ十七ガ結 松竹屋の桃源郷――人間ではない人間
  64. 第二幕ノ十八ガ上 届く修繕品――柚葉の淡い想い
  65. 第二幕ノ十八ガ中 続・地獄の修練? 煉弥の場合
  66. 第二幕ノ十八ガ下 続・地獄? の修練、凛の場合
  67. 第二幕ノ十八ガ結 八重の夜なべ仕事――松竹屋の娘たちの境遇
  68. 第二幕ノ十九ガ序 朝の集い――楓、語る
  69. 第二幕ノ十九ガ中 双葉と蒼龍達との関係――新たなる展開
  70. 第二幕ノ十九ガ下 資料による推測――否定される推測
  71. 第二幕ノ十九ガ結 新たな事件――双葉への来訪者
  72. 第二幕ノ二十ガ序 かつての主従――続く因縁