こちらオーバンステップ第一迷宮

作者 言折双二

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全134話

更新

  1. 1、追放者は《彼ら》に拾われる
  2. 001、転がってたどり着いて
  3. 002、少年少女と大人の不在
  4. 003、
  5. 004、
  6. 005、
  7. 006、
  8. 2、追放者は《彼ら》と街に行く
  9. 007、二日目。
  10. 008、街並み
  11. 009、一人で山歩き
  12. 010、はじめての商会訪問
  13. 011、商会で会談中
  14. 012、会談終えて
  15. 013、ダンジョンのない街のギルド支部
  16. 014、ギルドと神殿の役割。少女が決意をする話。
  17. 015、シノリは歩き出し。ニコは学ぶ。
  18. 016、青い煙突の鍛冶屋。
  19. 017、街にある神殿とレベルアップの料金
  20. 018、街から帰って打ち合わせ。
  21. 3、追放者は《彼ら》と迷宮に行く
  22. 019、ダンジョンへの初挑戦。道中。
  23. 020、ダンジョンへの初挑戦。入り口前。
  24. 021、ダンジョンへの初挑戦。はじめての一階層。
  25. 022、ダンジョンへの初挑戦。一階層での採取の経過と問題点。
  26. 023、ダンジョンへの初挑戦。ニコの一撃と二階層の覗き見。
  27. 024、初挑戦のお肉の質と明日の予定について。
  28. 025、涙と今後の方針について。
  29. 4、追放者は《彼ら》ともう一度、街へ行く。
  30. 026、四日目。凝り性な料理人と手芸好きな少女。
  31. 027、街いく道の作戦会議。
  32. 028、商人さんとおはなし。
  33. 029、レベルアップをしよう。料理人の女の子の場合。
  34. 030、商人とオハナシ。
  35. 031、商人と料理人のオハナシ。
  36. 032、解体場のバラバラ
  37. 033、皆でお料理(『料理人』指導付き)
  38. 034、肉切場の算盤弾き。
  39. 035、少女、肉を買う(業務用)。
  40. 036、肉の神輿、祭りの前の前の日の事。
  41. 037、二人で街を歩いたので逢瀬と呼ぼうと彼女は決めた。
  42. 038、茜色の空の下でなら言えることもあると信じて。
  43. 039、欲しいときに欲しいものを。
  44. 040、門限際、門前で丁稚と話す。
  45. 041、門限やぶりと明日の予定。
  46. 042、小夜中の方針会議。
  47. 5、追放者は《彼ら》の孤児院を知る。
  48. 043、五日目。朝食、課題、宿題。
  49. 044、《彼ら》をもう一度知りに行こう。
  50. 045、ランチの仕込み(ざっくり)。
  51. 046、お昼ご飯の出来はいかが?
  52. 047、かつて誰かがなそうとしたこと。
  53. 048、財布の重さで生き延びるときもある。
  54. 049、夕食時に打ち解けたり。(多分街組は大童)
  55. 050、夜テンション
  56. 6、追放者は《彼ら》の孤児院に過ごす。
  57. 051、六日目。朝の光の中で。
  58. 052、朝の勉強と突然の質問。
  59. 053、聞いて欲しい人がいる。
  60. 054、『簡単に言う』と極論になる事が多い。
  61. 055、『誤解を恐れず』ではなく、恐れながらも語るのだ。
  62. 056、『なりたい』と思ったとき、貴方は既に何かを目指すものである。
  63. 057、痴情の縺れと利権の縺れはどちらが危険か?
  64. 058、手を取って
  65. 059、どういうときに何をかんがえるか
  66. 060、器で形が変わり、人を飲み込む(水でなく)
  67. 061、走る近況報告者
  68. 062、話す近況報告者
  69. 063、飛び込む予定とその調整
  70. 064、かまどの火
  71. 065、遠足前の顔合わせ
  72. 066、食事と打ち合わせの始まり
  73. 067、三角形の三者面談
  74. 068、第一印象
  75. 069、情況を見極めて、利用して
  76. 070、メンバー決め
  77. 071、雑談行軍
  78. 072、雑談行軍2
  79. 073、現地打ち合わせ
  80. 074、現場打ち合わせ2
  81. 075、現地打ち合わせ3
  82. 076、日和うららか
  83. 077、明日は社会科見学かな
  84. 078、街入りして、一休み
  85. 079、楽しいことを楽しんで
  86. 080、思うことを思うように
  87. 081、信じるために疑う
  88. 082、内気な少女と外側の少女
  89. 083、酒気と躁気の懸念
  90. 084、労働と成果と対価
  91. 085、現状把握を共有しよう
  92. 086、仕入れの問題
  93. 087、器の話
  94. 088、行列の話
  95. 089、狩人の目
  96. 090、少女が強く手を握って
  97. 091、つかむ力より強く引き寄せて
  98. 092、家庭訪問の予定
  99. 093、レンガの街と屋台
  100. 094、責任でなく、責任感に重さがあるなら、外に漏らさぬようにしよう
  101. 095、屋台の準備
  102. 096、開店直前
  103. 097、流れるように開店
  104. 098、状況開始
  105. 099、悪意は突然に。
  106. 100、目が覚めたとき
  107. 101、寝台上の晒し者
  108. 102、振り返って気付く不幸の原因
  109. 103、受け入れ、ます、ません
  110. 104、わるい、と、悪意
  111. 105、まるく、まるめる
  112. 106、まないたのうえ
  113. 107、望みを口にしてもいいのだろうか?
  114. 108、健全系スポンサー(甘口)
  115. 109、健全系スポンサー(中辛)
  116. 110、値段と質と
  117. 111、拡張しつつ脇見をしつつ
  118. 112、健全系スポンサー(一辛)
  119. 113、宿題についての対策会議
  120. 114、宿題の解き方の相談
  121. 115、どうしよう、こうしよう。
  122. 116、役割・分担
  123. 117、くちばしのつっこみかた
  124. 118、そういう男
  125. 119、得るもの与えられるもの
  126. 120、長かった一日もそろそろ灯を落とす
  127. 121、燭台の明かり、ほの暗い部屋
  128. 122、傷口は体の中が見えている部分
  129. 123、枕の上に言葉を投げる
  130. 124、口は言葉を紡ぐのよりも……
  131. 125、絆を紡ぐものであれば
  132. 126、寄る撚る夜
  133. 127、夜が更けるまで
  134. 128、もう少し夜をいく
  135. 129、夜の会合
  136. 130、持続的に発展可能な
  137. 131、一つ屋根
  138. 7、《彼ら》と追放者と、ねがいましては、
  139. 132、感情よりの収支計算
  140. 133、対話――オーリ
  141. 134、対話――クヌートとシノリ 1