もふもふを知らなかったら人生の半分は無駄にしていた

作者 ひつじのはね