古歌 ~翠浪の白馬、蒼穹の真珠 外伝3~

作者 結城かおる

盃と詩と月と、山の戦士と、王都の蝶と

  • ★★★ Excellent!!!

烏翠国と盟約を結んだラゴ族の族長代理サウレリは、
最愛の妹を人質として烏翠国の王都まで送り届けた。

妹を預ける相手は、敵として出会った朋友、弦朗君。
サウレリはかつての約束通り、弦朗君と盃を交わす。

純粋で誠実な友誼を交わしながらも、敵同士である。
敵だ味方だと割り切れるのなら、いっそ気楽なのに。

月光に、暁光に照らし出される二人の青年の友情は、
美しい情景であるがゆえに、ひどく切なく物悲しい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

古代中華風の世界観で紡がれながら、異世界ファンタジーというジャンルの印象よりも重厚で味わい深い、とても美しい作品です。

民族同士の対立、王族としての権力をめぐる対立、そんな宿命を負いながらも互いの… 続きを読む

馳月基矢(旧PN:氷月あや)さんの他のおすすめレビュー 350