古歌 ~翠浪の白馬、蒼穹の真珠 外伝3~

作者 結城かおる

己の立場を弁えつつも、立場を越えた友情を温め合う若者達の静かな一夜

  • ★★★ Excellent!!!

古代中華風の世界観で紡がれながら、異世界ファンタジーというジャンルの印象よりも重厚で味わい深い、とても美しい作品です。

民族同士の対立、王族としての権力をめぐる対立、そんな宿命を負いながらも互いの人柄に魅かれ、敵でもあり味方でもあるという複雑な友情を築いたサウレリと弦朗君。
自分の立場をわきまえつつも互いを思い合い、月下で友情を温め合う二人の様子が漢詩的な情趣溢れる詩を織り交ぜつつ描かれています。

現代ではこういうシチュエーションで成り立つ友情というのは存在し難いこともあり、男同士の静かな熱を秘めた固い絆って憧れますね。

この世界観、この二人の若者に魅了された方は、ぜひ本編の方も覗いてみてはいかがでしょうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

侘助ヒマリさんの他のおすすめレビュー 552