<16> Raquel

 そして、あたしはあたしが望んだあたしの名を世に知らしめた女の娘に、待ち望んだ装いを着せかけられた。

「どうかロベルティーネ夫人の品の代わりに、殿下」

 高貴な少年の装いに、やっとあたしは身を包む。

 並び立った三人の女当主たちが、いつかあたしを王子様みたいと呼んだことを思い出す。

 ようやっと、ようやっと。

 ロベルティーネが裾を裂いたドレスは、ロディアの手で脱いだけど、髪は短いままだった。リベカとリュトとルフィーナは、あたしのことを王子様と囀った。過労と足の傷の激痛に朦朧とするロディアに、あたしは男の名前を吹き込んだ。

 だから、これで、ようやっと。

 “あたし”は“私“になれるのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます