<4> Rike

 そして、リーケと名付けられた少女があたしを抱いた。

「きれいな、お人形さんなのね」

「あなたお名前はなんていうの」

「いわくもあるのは聞いたけど」

 そう話かけてきた、やっと決まった古の名門の後継は長く生きた。

 ロデリンダの遺志にも、あたしの意志にもそぐったから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます