<18> Remedios

 やがて財産の所有権と家督ごと私を受け継ぐ少女もまた、慣例通りにレメディオスと名付けられた。時々、私の飾られた部屋を訪れる彼女が聖母の名を持つことに、私は欠片も働きかけはしなかった。

「ガブリエル様、今日もきれい」

 だが、そうやって今の私を象る天使の名で呼ばれるたび、私は充足感をおぼえる。ロデリンダ。あなたが私に囁いた、あたしの本当の名前など、もう誰も知ることはないだろう。

『あなたが例えば私だったら。グリゼルダ、私の大切なお姫様……きっと、皆幸せになれたのに』

 ……なにしろあなたの孤独を慰めきれなかった、少女人形はもういないのだ。

 今更になって、あなたの孤独を弔う私は、殿下と呼ばれる少年人形。あなたとお揃いのグリゼルダはもう、少年姿のガブリエル。ずっとあなたが、望んだように。

 いつかあなたを見つめ続けた私は、あの日あなたを救えなかった私は、館の奥で孤独を交わした、あたしとあなたを連れ出したかった。

 女王様にしかなれないあなたと、お人形のあたしだった。

 女王様でもお人形でもない、たとえば王子様とお姫様だったなら……あたしはあなたと手に手を取って、ふたりであなたが苦しまない、孤独ない居場所まで駆け出せたのにね。本当は、あなたもわたしもなにひとつ、自由な手足も持たなかったのに。

 あたしにとっての王子様だったあなたは、結局一族の女王様にしかなれなかった。だったらあたしもお姫様になんかなれるはずない。そうしてあなたも死んでしまったというのなら、女王様に愛された、あたしが王子様になるしかない。

 自死したあなたの腕に横たわるだけの、少女人形はもういない。少年人形はあなたの名前を、孤独の檻から連れ出した。長い長い時間をかけて、女王様の孤独な面影は、今はもう王子様とだけ呼ばれる私を、一族に遺した気高いお姫様の横顔に塗りつぶされている。

 あなたを苦しめた不名誉は、私をしるべに改竄される。不幸な真実はもう誰も、永久に知ることはなかれと祈る。

 だからお願いだ。レメディオス。

 どうかこのままいつまでも、その最果ての代までも……ガブリエルとだけ、私を遺せ。

 屈折する光のように、本当なんて、ねじ曲げて。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

アイネクライネレースライン 篠崎琴子 @lir

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ