涼国賢妃伝 ~路傍の花でも、花は花~

作者 結城かおる

熱く美しく清々しい一陣のつむじ風が、読者の心にも吹き抜けていく

  • ★★★ Excellent!!!

ほんと、清々しい。

読了後の第一声はそれにつきますね。
まるで、素敵な青春映画を一本見た後のよう。

このお話の深さというか、魅力は、みなさんがレビュに大いに熱く語っておられるので、そっちを参照してくださいね。笑
俺は作者さんのお話で、中華もんに初めて触れたくらいで、本当に薄っぺらい感想しか述べられませんので。

えーと 俺はですね。
レビュにみなさん語っておられるような読み方出来なかったです。

というのも
難しげな漢字や単語が並ぶと、とたんに目が拒否してしまう厄介な病気にかかっているからです。笑
頭の構造的に無理っぽいです。
複雑な設定とか伏線とか名前とか交錯して来ちゃうと。
だから、いつも読み始めの最初はすっごく苦労してしまうんですね。名前とか関係性とか覚えられなくって。
作者さんの書いたタイトルとかサブタイトルとか紹介文がすべて作者さんの書きたいことで、それらに沿って物語は進んでいくのだと。

そんな感じの、俺の中の、いわばステレオタイプと戦いながら読み進めてくんですけど、あら不思議。
すーらすら読めちゃう
ざくざく頭に入っちゃう

なんじゃこりゃ(←結城作品2回目

あのね、このお話
そんなステレオタイプ持って読んでたら損します。

よくもまぁこんなに複雑な宮中の出来事を、ここまですんなり読ませられるなぁ
感心します。
というか、感服ですかね。
敵わねーや ははは。

俺は
幼い頃からジュブナイル小説やラヴストーリィやラヴコメディで育って来た、いわゆる生粋のラノベフリークスです。
宮中だとか後宮だとか知らないし、そんなの氷室冴子先生のジャパネスクくらいしか知んねーよ。

でもね、何?このすんなり入ってくる感じ

で、すっごくすっごく考えたんですよ
んで、さっきラスト読み返しててやっと分かった。

このお話
すっごいきれいなジュブナイルなんですよね。

俺たちみんなが通って来たような
真剣に、真っ直ぐに、バカばっかやってた頃のような
汚れても、傷ついても、決して離さなかった、自分たちの夢の行き先。
そこに交錯してく、友情、恋愛、成長、青春群像

複雑な設定とか伏線だとか中華もんだとか解んないし知んないです。笑
これは、間違いのない、俺たちの青春ジュブナイル小説です。

願わくば
愛すべきこの一陣のつむじ風のお話が
いつかまた読めますように

Love finfen ♪

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

finfenさんの他のおすすめレビュー 223