私と彼と狐の話

作者 aoiaoi

66

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても不思議な物語ですが、とても一万文字弱で表現されたとは思えぬほど作り込まれております。
卓越した文章力。鮮やかな手並みの伏線回収。そして意表をつくクライマックス。それらが見事に融合し化学反応を起こした結果、これほど濃い内容にも関わらず凝縮でき、しかも一本の短編として読み手に満足感を与えるのではないかと思料します。
美弥と弓月の幼馴染みに、稲荷がどうかかわってくるのか。それがどんな事件に発展していくのか。
読後の甘酸っぱい気持ちを、ぜひお伝えしたいと思います。

★★★ Excellent!!!

 お稲荷様つながりで幼馴染の毒舌美少年と武闘派少女の恋愛に、美女のお稲荷様が乱入することで始まる、不思議な異類恋愛譚。
 何故両家は非武闘の神社と、武闘派の神社縁の家になったのか。そこには御稲荷様と人間の異類婚姻譚が関係していた。
 少年と少女はある晩に、全く同じ夢を見る。少年が狐に婿入りするという夢だ。その夢は、違えることができないとされていた。しかし、このことで自分の本当の気持ちに気付いた少年と少女は、それぞれが行動を起こす! しかし少女が一歩届かない、と思った瞬間、少年は思いも寄らない行動に出るのだった。
 しかも、お稲荷様は何故か少年と少女を応援することになり……?
 最後にドキッ!とするのも、ゾーッとするのもいいけれど、このラストがこの物語では一番良かったと思える一作。
 恋愛の要素だけではなく、神話的要素や戦いの場面も描かれている。しかもこの作品の異類恋愛譚は、ある民族の神の謡の世界観にとてもよく似ていて、小生にとっては親近感が湧くもので、懐かしくさえありました。伏線の回収やキャラクターなども、短い中でよく練られていて、完成度の高さがうかがえます。
 この作品に出会えて良かったです。

 是非、ご一読ください‼

★★★ Excellent!!!

って。
ピンとくるのはおじさんとおばさんだけですわね。

大切な幼馴染みにお稲荷さまの化身からつま問いがかかりました。
背負うものもあり、お断りは出来ない様子。
でも。それでも。
大切な幼馴染みを。
かけがえの無い人を、失いたくない。
主人公のとった行動は
幼馴染みの選んだ道は

純粋な想いの行き着く先に、幸せが満ちていますように。

★★★ Excellent!!!


もぅあおいさんはほんとに……

こんなにキャラのしっかり立った、こんなにストーリィの歯切れのいい、こんなに素敵なシチュエーションのお話をよくもまぁポンポンポンポン書きやがりますね。
たまんねーよ。

あのね
読んでてワクワクするんですよ。
もぅ展開がすっごい楽しい。
読みたいけど、読み進めたくないっての、解る??笑

そして、あなたのお話に一貫して貫かれてる最大の魅力ってね、痛さがないってことでしょ?

あおいさんのお話って、誰も傷つかないじゃないですか?
すべての登場人物、最後にはみんなしあわせですよね?
だから読んでて安心出来るんですよねー。
そんな拾って回んなくてもいいのに。笑

個人的には、結さん結婚破棄の回収の仕方が、すっごい微笑ましくて良かったなぁ。あおいさん考えたなーって。笑

よかったらマジにつづき書いてね。
イベントとかテーマ立てならアイディアお手伝いしますよー♪

本当におもしろかった♪


Love finfen ♪