地獄で兄上をお待ちしています

誰しもWeb小説で大好きな話というのはあるでしょうが、私はこのお話が特に大好きです!!(愛が重い)

 全てにおいて完璧な嫡出の兄・エルゼイアルと、全てにおいて不出来な庶出の妹・ダーシア。母が違うせいで普段は顔をあわせることもなく、接点もないはずの二人。しかし、二人は昼過ぎに王宮の庭園で逢瀬を重ねるという特殊な関係にありました——。
 異母兄妹の禁忌の愛の話なのですが、「どうして禁忌に至ったか」の説得力が凄まじいのが好きなところ。
 エルゼイアルは美貌も才能も聡明さも頑健な肉体も全て所有していましたが、一つ、魂を崩壊させてしまいかねないほどの傷を抱えていました。それは誰にも気づかれなかったり、気づいても癒しようが無く、ただ、無垢で純粋な異母妹のダーシアだけが彼の心の傷に寄り添い、痛みを忘れさせることができました。
 ダーシアは生きていることが地獄でした。この世に生まれ落ちた瞬間から存在を疎まれ、何をやっても母から暴行を受け、周囲から存在を否定される日々。そんな彼女を初めて受け入れて、存在を気にかけてくれた光は異母兄のエルゼイアルでした。
 最初はいわゆる「家庭に居場所がない」兄妹が庭園でおしゃべりして人生の休息を取っているだけだったのですが、次第にその関係は二人の成長とともに、兄妹愛から、気づけば男女の情愛に変化していました。

 しかし、そんな二人のつかの間の幸せは決して許されるものでは無く、二人は引き裂かれ、すべての歯車が狂うなかで成長した末、生存すら否定されて闇を生きていたダーシアは、今を時めく国王として王国に燦然と輝いていたエルゼイアルの前に罪人として引き出されることになります……。

 幸せになったら社会規範や倫理観が破綻するけれど、どうしても結ばれて幸福になってほしい二人。でも……。

 壮麗で重厚な文体も魅力の一つです。成長して美貌の女性になったダーシアの美貌の描かれ方や、ダーシアとエルゼイアルの逢瀬のシーンの美しさはうっとりします!

 だけれど、本当にダーシアは咎められるべきなのか、エルゼイアルこそ咎められるべきではないのか……見届けてください! 私とはまりましょう……!

その他のおすすめレビュー

こはるさんの他のおすすめレビュー42