大正茶漬草子

作者 伏見七尾

美しく骨太

  • ★★★ Excellent!!!

大正時代、日本史の転換点ともいえる天災を扱いながら、あくまでも焦点は夫婦のやりとり。国際結婚ならではのガタガタに、大正時代の言い回しが美しい。小さな家庭の話でありながら歴史もしっかり入っている。

全くもって脱帽としか言いようがありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

赤坂 パトリシアさんの他のおすすめレビュー 270