大正茶漬草子

作者 伏見七尾

残さず食った。

  • ★★★ Excellent!!!

お題ありきの短編とは思えないくらい素敵なお話でした。
☆が3つしかつけられないのが悔しいくらいです。

感情を抑えたやりとりから浮かび上がる二人の関係が、繊細で、丁寧で、間合いがおもしろくて、後半はちょっとどきりとして、いいものを読んだなあ、と心から思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

芦原瑞祥さんの他のおすすめレビュー 179