残悔のリベラル -under the "in the sun"-

作者 拝啓、五色ヶ原です。

いつか実現しうるかも知れぬ世界への、果てのない問い

  • ★★★ Excellent!!!

いつか訪れるかもしれない、人にとっての理想郷。
その矛盾に苦悩しつつも、抗おうとする人々の姿が描かれています。

これを書いている現在では、物語は未だ第三部の半ばなのですが、既にして展開が全く読めなくなってきています。
私の見識不足もあるのかもしれませんが、しかしそれ以上に、物語・世界観に与えられた圧倒的な深みが、まったく核心に至りうる予想をさせないのです。
緊迫した雰囲気、次の話へと進む手を止められなくなるこの感覚を、是非様々な人に味わっていただきたい、そう思わせられる作品です。

私の言葉でこの作品の魅力を十全に伝えることができたのか、という点に関しては全く自信がないのですが、せめて何かの一助となれば、という思いでレビューさせて頂きました。
これからの展開、とても楽しみに待たせて頂きます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

九十九 那月さんの他のおすすめレビュー 42