長編・お仕事小説 『それでも、火葬場は廻っている』

作者 くさなぎ そうし

火葬場なのにラノベ?!

  • ★★★ Excellent!!!

第1章のみ、読ませて頂きましたが、題材が火葬場だというのに、どうでしょう。とても暗い話なのかと思いきや、どうみてもポップなラノベの書き具合!文章力もあり、ぐいぐいと先を読みたくなります。

面白い部分もあり、考えさせられる部分もありと、くさなぎさんが、読者にどうしても伝えたいメッセージが、じわじわと伝わってくる感じがします。
これから読む、第2章にも期待したいと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

「しめやかに営まれました」の葬儀、
(しめやかに営まれる=ひっそりと、沈痛な空気の中で儀式や表示などが行われること。)
その舞台裏にはたくさんの熱いドラマがあります。
遺された人たちはその死に向き合… 続きを読む

はやぶささんの他のおすすめレビュー 16