ニートの俺が久しぶりに外へ出て、綺麗な石を拾ったらそれは賢者の石だった。そのままトラックに轢かれて異世界転生して伝説の三英雄である女の子達とハーレムを築きあげるはずだった

作者 バンブー

30

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とある有名な古典作品に、世界の何よりも強いと豪語した暴れん坊が、それよりも遥かに上位の存在に喧嘩を売った末、全ては彼の掌の上でのみ繰り広げられていたと知り、完全なる敗北を自覚した、と言う内容があります。

この小説で描かれているのは、まさにその上位の存在の如く、1人の少年の運命を掌の上に乗せた1人の女性。ですが、彼女もまた少しづつ自分自身の状況に気づいていき……?

「異世界」と言う、この世界とは別の舞台だからこそ描ける、奇妙な感覚と痛快な風刺が包み込む作品です……が、もしかしたらこうやって作品を見ている「貴方」も…?

★★★ Excellent!!!

作者様の想いと、キャラの心情が綴られた作品です。
メタな作品ですが、メッセージ性の強い作品になってます。

作中に登場するキャラクターたちが様々な作品へのアンチテーゼを語ってます。
きっと、発想力や特別な才能のない人々が「インスタント」な作品を求めた結果なのかもしれません。

異世界転生・転移。
ハーレム。
チート。
ニート。
ひきこもり。

インスタントな設定で、読者にある種の安心感を与えるので、そういったテンプレ作品が生まれたのかもしれません。
それは作者側の意図と違う場合があり、読者の需要に合わせた結果なのかもしれません。

正しいとか、間違っているとかは分からないですけど、あらかじめ用意された道路を走った方が安定・安心することもあるのでしょうが、それは【ライトノベル】の停滞・閉塞を意味するのかもしれないです。

短いながらも、作者様の葛藤が垣間見える良い作品でした。
私も共感できるポイントがいくつかありました。

★★★ Excellent!!!

ライト感覚で読み始めたこの作品。
勿論、最後までライト感覚で読めた訳ですが、色々と斬新過ぎてそれを正確に評価すべき言葉が見つかりません。
勿論、賞賛の意味でです。

設定? 常識?
そんなもの関係ない! とばかりに綴り続けられる文章。
キャラも作者も神(?)も入り乱れてのドタバタコメディ。

ラストは必見。
全てを取り込み、
物語の一部へと変えるダークマターを是非ご覧あれ。

★★★ Excellent!!!

ラノベはほとんど読まない私でも、なるほど!と納得しました。(笑) ネタがばれてしまうので、いろいろレビューに書けないのですが、異世界であって異世界でないような不思議な設定に、ウケました。

★★★ Excellent!!!

清々しいほどに斬新なストーリー展開です!!
ネタバレは一ミリとてできない物語ですが、タイトルがすべてを物語っているということはお伝えしたい。
終わり方には賛否両論あるかと思いますが、巷に溢れかえるテンプレどおりの異世界ファンタジー小説の風潮に一石を投じる風刺的なは作品でもありますので、一読の価値はあるかと思います。

★★★ Excellent!!!

私は『なろう系』が嫌いです。大嫌いです。ニート、引きこもり、アラサー、アラフォーの何の魅力もない奴が、トラックに轢かれて自分を殺すことで別の世界に蘇る。それも『世界』が主人公を接待してくれる。チート能力を与えられ、複数の女性をはべらせ、『王様』『神様』『なろうしゅ様』と主人公をひたすらもてはやす、記号とかしたヒロインズ。
主人公は何の努力もせずに神から与えられた力を行使します。社会人が金属バットで魔物を殴る? 倫理観の欠片もないです。小学生以下の思考回路です。
しかしそれが受け入れられる世の中なのもまた事実。私は残念でたまりません。

ですが、この小説を読み終えて、同じことを思っている人がいるんだ!っとスッキリしました(^^)
私の言いたいことを全て代弁してくれるような、そんな小説でした!

★★★ Excellent!!!

ストーリーを作っているとそのうちキャラクターが作者の思惑を離れて勝手に動き出してくるんですよねー
――という話は創作者からはしばしば聞かれるところですが、実際、虚構内存在たちが自分たちが物語の中の登場人物であること、またその物語のジャンル的お約束までを自覚してしまった物語というのはどこまでそれとして成立し得るか――その可能性のひとつを示しているのが本作品です。

メタフィクション小説というと、世にもさまざまな試みがなされておりますが、異世界転生/召喚ものの、それも一人称の視点転換からいわゆる「エタる」をもネタにしてしまうとは。近況ノートまでもを利用したメタ性はなかなかに斬新です。

Web小説にはそのメディア特性を活かした地平がまだまだ残されている――!! 強くそのように感じました。

おススメです!