長編・お仕事小説 『それでも、火葬場は廻っている』

作者 くさなぎ そうし

物語の葬儀でも、自分の事の様に哀しくて

  • ★★★ Excellent!!!

第一章は、就職が決まらなかった春田俊介が、今迄見えて来られなかった事を、葬儀を扱う仕事に就いて、少しずつ開花して行く物語です。

活気あるお仕事の方の葬儀であっても、全体を通して、喧騒はあれども騒がしくなく、ゆるりとした桜の様に流れて行きます。

読経をしてくれた夏川さんが、水を打った様に綺麗にしてくれます。

仕事に人間模様は付き物です。

社長は、名刺代わりに黒のネクタイで、春田俊介をサポートします。

私は、自分の身内の葬儀とどうしても重ねてしまいました。

目頭をおさえる、心の準備が要ります。

とても読みやすかったと思います。

おすすめです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

いすみ 静江さんの他のおすすめレビュー 295