長編・お仕事小説 『それでも、火葬場は廻っている』

作者 くさなぎ そうし

人生の終焉を巡る、挫折と成長

  • ★★★ Excellent!!!

桜花乱満のエピソードを読み終えたレビューです。

葬儀屋に就職(面接)した主人公の、王道モノ成長物語ですが、人の死を巡る様々なエピソードが絡まり合っていて、とても面白いです。

丁寧な文章表現や、よく作り込まれた構成はいい意味でスラスラと読み進められて、しっかりと完成された読み物になっています。

ネット小説にありがちな、ストレスを一切感じさせないのは、さすがの一言です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

最新話まで読了。火葬場が舞台ということで暗めの話かと最初は思いましたが(確かに死にまつわる話なので暗い面もあるのですが)、登場人物のキャラが素晴らしく立っていて(ネタバレになるので書けませんが、驚き… 続きを読む

麓清さんの他のおすすめレビュー 277