レインドロップ*ティアドロップ

作者 水菜月

それを一粒私にも――――

  • ★★★ Excellent!!!

著者の物語には、いつだって優しく包み込むような、ふわりとした温もりがある。
不意に訪れたくなるのは、その温もりに触れたくなってしまうから。
両手を広げるように包み込む大らかさに、大丈夫といわれている気がするから。
素敵な物語に「ありがとう」を――――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

さんの他のおすすめレビュー 336