双竜紀外伝〜その道の先へ〜

作者 ゆきこのは

フォロー 1話目から読む

いつかまた、出会うときに。 ゆきこのは

舞台は異世界にある中華風の国、寧国(ねいこく)。
この寧国の北西部にあるモノゴロド高原には、狼(ノウン)族と呼ばれる騎馬民族がいた。
寧国皇帝に忠誠を誓い、黒姓を賜った一族の王や人々は、寧人とは違う、独自の文化と歴史を歩んでいた。

これは、その一族の末子に生まれた黒瑤瑆(こく ようせい)の知られざる物語である。


◆『二龍神物語』の原点が今、明かされる‼︎









おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

双竜紀外伝〜その道の先へ〜

@yukikonoha
執筆状況
連載中
エピソード
4話
種類
オリジナル小説
ジャンル
異世界ファンタジー
タグ
中華風&和風 遊牧民族 草原 オオカミ 翡翠の巫女 カクヨムオンリー コンテスト応募作品
総文字数
2,059文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
0人
応援コメント
0件
小説フォロー数
0

アクセス数