天ヶ瀬アマタの斬魔行路

作者 海野しぃる

異世界の闇、斬り開け!

  • ★★★ Excellent!!!

一章完結ということで、レビューさせていただきます!

何やら見覚えのある異世界に跳ばされた少年は、封印されし魔剣を手にする。それは、血塗られた正義の始まりだった――。

読んでもらえば解ると思うのですが、異世界と現実とが良い具合にリンクしております。そのため親しみやすさと奇妙さとが同居していて、違和感なく設定に入り込めると思います。

また、前述しましたが掌返すと、主人公は自らを正義とは思っていないのですよね。斬る事に納得を求める彼は、云わば求道者。その行く末に答えが得られるか、要注目であります!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

抜け目なき超速の剣戟が楽しめる圧巻のアクションシーンは必見!
次元を行き交う二重生活に伴い、言語体系の兼ね合いという要素が実に面白い!
そうして盛り込まれたセンス抜群の造語が、
文体に頑なで柔らかい… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

第一章完結を機にレビューさせて頂きます。

本作はジャンル自体は異世界ファンタジーですが、エドと呼ばれる純和風の世界観をベースにしつつ、エルフなどの異種族も同様に存在するという、非常に独特の世界観を… 続きを読む

レライエさんの他のおすすめレビュー 50