天ヶ瀬アマタの斬魔行路

作者 海野しぃる

血を浴びても、人の心を持って、悪を斬る

  • ★★★ Excellent!!!

一章まで読ませていただいたので、レビューさせていただきます!

異世界と時代劇を混ぜた世界、王道的なヒーロー展開かと思いきやこれがまた違う。ダインスレイブことレイちゃんと出会ってからは、彼の斬る行為には少しずつ殺人衝動が大きくなっていく。

え!これダークヒーロー物ですか!?と素直な反応をするのも束の間、人の心との境目で、正しいことに使おうとするアマタの姿には、心を掴まれました。

時代劇を舞台にファンタジーって組み合わせも、これがなかなかイケるんですよ。ここからどうなっていくのか、続編、読ませていただきます!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

第一章完結を機にレビューさせて頂きます。

本作はジャンル自体は異世界ファンタジーですが、エドと呼ばれる純和風の世界観をベースにしつつ、エルフなどの異種族も同様に存在するという、非常に独特の世界観を… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 主人公天ヶ瀬アマタが目覚めるとそこは見慣れぬ武家屋敷。状況を把握するより先に、『山吹色のお菓子』のやり取りを目撃してしまう。
 口封じに命を狙われるアマタ。そこで彼の窮地を救ったのはしゃべる魔剣、… 続きを読む

帯来洞主さんの他のおすすめレビュー 29