少女ドグマ

作者 鏡(初の大賞受賞者)

358

128人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

この作品が唯一無二の感性で埋め尽くされていることは間違いない。ただ、あまりに個性的すぎて、世界を覗こうとするたびに跳ね返されてしまう。作者と同レベルの極めて高い感性がなければ理解不能な部分が多い。正直わたしも読んでてさっぱり分からず、途中でなんども投げ出している。でも、是が非でも読みたいと思わせる作品だった。できればこの感性を普遍的なレベルに伝わるようにしてほしい。共通の言語で世界を語って欲しい。それは読み手に媚びるということではなく、読み手と対話するようにしてくれたらありがたい。なぜこんなことを言うかといえば、わたしは著者のことをもっと知りたいからだ。わたしも、もう少し頑張ってこの作品と対峙しようと思う。

Good!

――

読んでいて痛みを感じるような小説は久しぶりでした。
文章の世界観に耽美的なものを感じて、心を奪われます。
ゼロ年代の雰囲気を感じつつも、最先端な気分を味わえる作品です。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

一生懸命、がんばる、努力が見えすぎて、怖いのと、痛い。でも、それを快感にしているのは著者様。ストーリーの中の登場人物以上の、厳しさの中のやさしい表現がたまらなく入り込む物語です。
たぶんですけど、この著者様とウチは似ている、気が合う感じだと思います。凝縮された言葉の中に実体験があるように思えあれ感動しました。ずいぶん前から読んではいたのですが、レビューが遅れた事、謝ります。
みなさんも、よんでみて、ウチがお勧めします!!

★★★ Excellent!!!

――

流れるような文章は本当に独特の雰囲気を持っていて、気が付けば『すごい』しか言えなくなっていました。
表現やキャラも独創的で、一種芸術品を鑑賞しているときに似通った不思議な感覚を覚えました。
読んでみて、損はないかと。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

オレ様……いや、僕は、いつも実力派の物書きの人々をプロデビューしたな呪い殺してやるだの夜道で待ち伏せて釘バットで血祭りにあげたるだのほざいている、無力な痛ワナビである。

……だけど、この作品と作者に対してそんな妬む気持ちを持つことが出来ない。

何故なら、この人は「飯野賢治」というゲーム業界の巨人がこの世を去るにあたって遺したものを受け継いでいるからである。
どんなに辛い孤高の道であっても迎合や妥協のない貴方の創作を完遂してくれ、それは紛れもない正しい道だと僕が保証する…そんな言葉が彼の中で黄金のように輝き続けてこの作品へ結実したのだ、そんな風に思えてならない。
実は僕にもそんな人がいる(彼のような名前の知れた人ではないけれど)この世を去った人が僕に託してくれたものが心の中に息づいている。僕が創作に向かう中で「凛とした一線」を貫かせてくれていると感じる時があるのだ。
だから、僕の思い込みかもしれないが、使命感のようなものを背負い、それを苦に思わない彼の矜持が理解出来るようなした。

この作品の終盤には、思わず目頭を熱くさせるようなフレーズが現われる。
そこには己を信じて孤独な道をゆく者がいつか手を差し伸べる先にあるだろうものを表現していて……僕はその場面を初めて読んだとき、硬直したように長い間ずっと見つめ続けていた。

この作品は、あるいは読む人を選ぶかも知れない。人によっては作者の為人や作品に籠められたものを理解することなくブラウザ、あるはページを閉じるだろう。

だけど努力も信念も目的もなしに異世界で怠惰に振舞う転生エセ勇者の話が持て囃される今「こんな物語に巡り合える時を待っていたんだよ」という僕のような人はきっと他にも大勢いるはずだ。

賭けてもいいが、この人は絶対に受賞してカドカワに諸手で迎えられ、デビューするだろう。
もしカドカワでなくても、彼を是非にと招く出…続きを読む

★★★ Excellent!!!

――

どこからこんな言葉が出てくるのか分からない。とにかく狂ってる。いや、いい意味で。世界観もキャラも文体もまさしく別次元にあるような、ブラックホールを読んでいるような吸引力です。この作品に触れたあなたは、脳が刺激されること間違いなし。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

鏡さんの大賞受賞作「白の断章」からのファンです^^

「少女ドグマ」は以前の作品と比べても、かなり磨き上げられた構成
になっています!

その上で言葉の使い方にセンスが溢れているので、これから読む人も
鏡ワールドを存分に楽しめる作品になっていると思います!

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ラブコメ?
青春ミステリ?
ダーク小説?

一つの枠にとどめることはできない、まさに新境地とも言える作品だと思う。

大賞取った事のある方らしいが、やはり、それだけの事はあるな、と思わせてくれた。

個性溢れるキャラの魅力、ダークの中にもユーモアさも含み、読み手を飽きさせないストーリー、そしてまるでゲームプレイしてるような臨場感、これは面白い。


まだ完結してないので、結末が待ち遠しい!!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 第一章、そして異世界まで読ませていただきました。一見、ゴリゴリとした世界観ではありますが、それは初見だけであって、後々から味になってきます!そして黒シリーズという存在の緊迫感といったら!息が浅くなってました。それほど、夢中になって読んでしまう作品です。
 物語の惹きつけ方、緊迫感ある場面、そしてワクワクさせる文章の転機へと流れる描写が半端なく、書いている身としても、とても勉強になりました!脱帽です!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

デビュー作の白の断章から鏡さんのファンです。
今回はエンタメ色と文学色の
配分が良くなり、
鏡さんの独特の文才と知性がより
伝わりやすくなってます。
デビュー時の西尾維新のようにジャンルを
クロスオーバーできる作品だと思います。
何を言っても売れなければ作家は
生きられません。
しかしこの作家のブレイクスルーは近いと確信します。

さんがに★で称えました