幕末レクイエム―誠心誠意、咲きて散れ―

作者 馳月基矢

誠の男達の物語

  • ★★★ Excellent!!!

読んだ当初は、幕末の史実をなぞりながら、妖という要素を組み込んだ異能歴史モノといった印象でした。
しかし読み進めていくほど、綿密な時代考証と感情の機微、剣戟と妖の力を用いた戦いの描写に、ぐいぐいと引き込まれていきました。
WEB小説でここまでしっかりとした時代小説が読めるのかと、個人的には新鮮でした。かなりの取材と資料を集めたことかと思います。

そんな下地があって、展開される物語はまさに日本的な滅びの美学に溢れていました。
それぞれの人物が曲げる事のできない信念を持ち、そのどちらにも善悪とは判断できず、命を懸けて戦わねばならない武士の姿が描かれていました。
しかしメインである沖田と斉藤の二人にも、まだ若い青年としての苦悩や葛藤があり……。激動の時代に生きた若者達の、感情の変化も巧みに描写されていました。

歴史の奔流を生きた彼らの結末は、ハッピーエンドともバッドエンドとも言い切る事はできないです。しかしこの物語の幕引きは、切なさと穏やかさが同居するエンディングでした。
もっと評価されても良い作品だと感じました。面白かったです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

及川シノンさんの他のおすすめレビュー 140