諜報員明智湖太郎

作者 十五 静香

★★★ Excellent!!!

昭和の香り漂う痛快スパイミステリー!

ようやく読了いたしました。
スパイ、と言えばどこかお堅いイメージを持っていたのですが、そんなことはありませんでした。いえ、確かに文体も舞台背景も戦前ということで硬派ではあったのですが。

戦前の昭和の風景なんて、映画やアニメーションなど画面の中でしか見たことがないですが私の中にある昭和風景を脳内に浮かべ、キャラクターの動きを追いかけていました。
読み進めていけばいくほど、世界に引き込まれてしまう。

特に、主人公の明智には毎話毎話「頑張れ!」と応援していました。
硬派でやや神経質な彼は、俗に言うイケメンであるのにどこか残念……各話で女性に振り回される様子がなんともコメディですね。面白いです。
また、同期のスパイたちにもいじられからかわれ……本人はいたって真面目なのに、それがかえって残念というかなんというか。本当に、頑張れ!と応援したくなります。かっこいいシーンも勿論あるのですが、翻弄されている彼の方が私は好きです。
明智のみならず、登場人物たちは個性的で一癖も二癖もありますね。
第二話なんかは、ほぼ全員集合なので彼らの生き生きとした表情に悪巧み(?)にもまた笑わせてもらいました。

そして、キャラクターだけでなく物語もしっかりとミステリーを完成させているので読み応え満点です。
スパイと言えば、どことなく冷たい機械的なイメージで……しかし、彼らに出会ってその考えはなくなりました。明智をはじめ、各々持つ過去もチラリと垣間見え、そこにはしっかりとドラマがあります。

人情味溢れるスパイミステリー、読んで損はありません。




ラスト、私は「ここで終わり!?」と残念に思ってしまいました。続きを待っていたために。
短編行ってきますね。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!