諜報員明智湖太郎

作者 十五 静香

221

79人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 面白いんですもん単純に。
 そりゃ星もレビューも一杯あるのもわかりますし、私なんぞの宣伝文句なんてあってもなくても一緒だから書きたくないし書く必要も本来ないわけでして。

 でもまあ仕方なく書きますと、洒脱な語り口が本当に巧い。イケメンで能力も高いけどちょっと残念な主人公明智そのものといった感じの地の文で、プロローグを終えた1話目からもう引き込まれますし安心して読めます。

 もういいでしょうか? 何度も申し上げますが私ごときのレビューなどそもそも不必要な完成度なんです。それでは続きを読んできますので。


★★★ Excellent!!!

――

ソシュール曰く、言葉にはフィニシアンとフィニシエなるものがある。例えば浪漫と書いたら、ちょっとハイカラな印象がする。これがフィニシエだ。本作はそういう、言葉が孕む情景を見事に使い、日帝時代を表現したスパイミステリだ。

筆者は第1章までしか読めていないが、帝国陸軍が出てくるだけでご飯三杯食べれる人や、豚骨系ではない塩味ベースのさっぱりとしたミステリが好きな人は特に本作をお勧めする。

日帝時代の日本の情緒を鮮やかな文体で描く本作は、紛れもなく第2回カクヨム大賞ミステリ部門の予選通過に恥じない力作である。

★★★ Excellent!!!

――

私の好きなミステリーにて、第2回カクヨムWeb小説コンテストで読者選考を通過した人気作品ということで気になっておりました。
ただ昭和、しかも戦前のスパイ小説ということで、硬派な物語を予想しており、歴史的な造詣の深くない私にはハードルが高いのかなと思っておりましたが、良い意味で裏切られました。

確かに、主人公の明智湖太郎は女性嫌いで女学生にすら翻弄されてしまう硬派(?)で一般からすると異端な人物ですが、作者さまの精巧な筆致により、非常に温もりのあるキャラに書き上げられております。

そんな明智も呆れてしまうような、個性豊かな同じ部署のスパイ仲間たち、任務を遂行する上で関わってきた人物とのやり取りは、いささかシュールに表現されており、公衆の面前でも思わず噴き出してしまうような笑いも織り交ぜられております。

そして最大の魅力は、後半で際立ってきますが、明智や同胞しかりスパイである前に一人の人間であることです。
冷徹で冷酷なイメージのある職種ですが、彼らはそのイメージとは一線を画すような信念の持ち主であり、さまざまな任務をこなす上で彼らのポリシーが美しく光ってきます。

ミステリーでありながら人間ドラマとしても非常に魅力的な作品で、既に多くの方に読まれている良作ですが、もっと多くの方に読まれて評価されるべき作品だと思いました。

素晴らしい作品をありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

――

戦時中の、帝国陸軍傘下の特殊諜報組織に所属するスパイたちの活躍を描いたミステリー連作短編といえば、某有名作品を想起するかもしれない。
実際、私は冒頭部分でまずそのことが浮かんだ。そして正直、少し萎えた。

だが、それは杞憂だった。

今作は時代背景等の設定に類似点こそあれ、まったく別物の快作である。
某有名作品のスパイたちはいずれも人間離れした、いわゆるスーパーマンであるのに対し、今作は、優秀な資質を備えながらも、欠点や弱さを抱えた実に人間臭いスパイたちの物語である。
ゆえに、主人公の明智を筆頭に、どの登場人物も愛おしく、(某有名作品よりも)深く感情移入できる。

ミステリとしての構成、種明かしも心地よい。
小さな謎だがその背景は奥深く、読後に余韻を与えてくれる。
さらにウイットに富んだ会話によってくすりと笑わせられるというサービスまである。

あえて難を言うならば、完結を急ぎすぎた感が否めない。
せっかくの魅力ある登場人物たちの活躍をまだまだ描ききれていないと思う。
(要はもっといろんなエピソードを読みたい)
そのあたりは、今も連載中のスピンオフで補完されてはいるが、やはり本編あってのスピンオフだと思うのである。

あと、第5話に至る伏線が足りていないとも思う。
連作短編の妙味は、各エピソードの切れ味に加え、全体を通して語られる骨太の背景だと考える。
そういう目で見たとき、第5話の展開は唐突で、準備不足を感じずにはいられなかった。
それが惜しい。もったいない。

とはいえ、そのことが今作の魅力を損なっているわけではない。
物足りなさは、期待の大きさでもある。

いずれにせよ、今作は読んで損はない、いや、読まなければ損するよと声を大にして言いたい。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

僕は基本的に、他人をあまり褒めない。

褒めれば褒めるほど、賛辞の価値が減っていくと考えているからだ。
なんでも褒める人のレビューを読んで、その褒められている作品を読みたくなるだろうか。
作者は喜ぶだろうが、それだけの価値しかない(僕は褒められると、舞い上がってしまい、夜も眠れなくなる)。
特に作者は、賛辞には気をつけなければならない。
誉められすぎると才能が腐る。ような気がする。

それでは、どうレビューを書けば良いのか。

素直に、思ったことを、正直に書く。
浅田彰ではないが、素直が一番である。
御世辞を書こう、作者を喜ばせようとするからいけない。

そのようなわけで、僕は素直に、率直に、正直に書かせていただくが、この作品、もう、べらぼうに面白い。
フルコースの料理が出てくるかのよう。
前菜からデザートまで、なにもかもが完璧。味付けが絶妙。
ツボをよく抑えているのよね。夢野久作とかさ。
上品だし、丁寧だし、精緻。
世界観がよくできていて、実にリアル。

僕が作品を褒めるときに言う『リアル』とは、現実と相違がない、という意味ではない。
小説なんて、創作物なのだから、現実と食い違う部分がどれだけあっても良い。
そんなことはどうでも良くて、たとえばそのキャラクターならそう動くだろうとか、そう考えるだろうとか、世界がそうなっているなら、そのルールもそうだよね、みたいな、その物語を支えるリアルさが重要なのである。

たとえば、魔法を使う世界観であれば、魔法があることで、いま僕たちが住んでいる世界とは、法律とか、家のつくりかたとか、社会のありかたとか、なにもかもが違うはずだ。
炎を出せる魔法があれば、それに応じたルールがつくられることになる。それに応じた科学技術が発展する。
炎が出せたらマッチは生まれなかったかもしれない。そういうことまで含めて考えるのが『リアル』である。

この…続きを読む

★★★ Excellent!!!

――

女性が苦手なイケメン諜報員明智湖太郎が様々な事件に挑む、スパイミステリー小説です。

ある憲兵大佐の元へ脅迫状が届き、その娘の護衛として湖太郎は大佐の屋敷へ送り込まれます。しかし脅迫文の内容や周囲の人々の様子から犯人はすぐに判明し、事件はあっさりと解決へ向かうかと思われます。ところが予想外の事態が発生し、事件の裏にある真実が露わになっていきます。

スパイミステリー小説ですが、トリックやロジックだけでなく人間模様が丁寧に描かれており、登場人物に感情移入しながら読むことができます。また、昭和初期という時代設定が物語に非常にマッチしており、人間関係の薄れた現代とはひと味違った人情ドラマも読みごたえがあります。

5つの話は独立しており、それぞれに違った魅力があります。個人的に好みなのは第3話です。地下鉄でのスパイ活動に始まり、対立するスパイどうしの騙し合いやテロリストとの攻防といった、海外製スパイ映画顔負けのスリリングなスパイミッションが繰り広げられます。

完結済になっていますが、こぼれ話の他にも続編の構想があるようです。新体制となった無番地の今後の活躍に期待します。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

帝都とかスパイ、て単語だけでイメージが膨らむくらいこう言ったジャンルは沢山、書かれている。しかし、それでも書き尽くされないのはそれが実際の過去というよりは一つのファンタジーとして確立されているからではないか。この作品にもそれらの単語が設定されているが、作品独自の個性的なキャラクターたちによって引き立てられて個別性のある世界が演出されています。
ようは面白い!てことですね。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

まだ日本が明治維新の残り香を燻らせていた昭和前期。
世界大戦へと向けて徐々に世の空気が塗り替えられていく時勢のなか、影から影へ、人知れず事件を追って走る特務機関のスパイ達の活躍を描いた一作……。

などと書くと、あたかも本作が重苦しいテーマを表に出した暗鬱な雰囲気の作品のように見えてしまうが、「明智湖太郎」はそういう作品ではない。
本作は、文武両道眉目秀麗の一級スパイでありながら極端に女が苦手で三枚目の抜けきらない主人公と、彼を取り巻く一癖も二癖もある同僚達の日常(スパイ任務という名の、であるが)をライトなタッチで描く、良質な連続ドラマ小説なのだ。

偽名「明智湖太郎」を名乗る主人公は、いわゆる完璧超人型のキャラクターであるが、作者は彼に「極端に奥手で恋愛経験がない」という属性を持たせることで、彼を血の通った人間らしい人物として描写することに成功している。
出来の悪いキャラクターノベルには往往にして、多くの長所を持ちながら何故か異性経験のない人物というのが登場し、その説明不足に読者は興を削がれるものだが、本作の作者は「何故これほど優秀な男が女を知らないのか」という読者の素朴な疑問に真っ向から答えている。読者は明智の八面六臂の活躍に胸躍らせながら、女絡みの話では彼の不甲斐なさに失笑し、まるで彼の目付役を仰せつかったかのような気持ちで自然に彼を応援することができるのだ。
明智を取り巻く仲間達の人物造形もまた秀逸だ。特務機関のスパイである以上、誰もが常人離れした有能さを誇ってはいるのだが、お調子者であったり人に言えない過去を秘めていたりと、全員が何かしらの弱みを持った等身大の人物として描かれている。明智が永遠に超えられぬ存在として見上げている同期生や、彼らを指揮する凄腕のスパイマスターですらそうだ。この物語はエリート達の群像劇ではあるが、執筆者の願望が投影された夢物語ではない。…続きを読む

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

第2回コンテストに応募中のようでしたので、読み途中にはなりますがせっかくなので一旦レビューさせていただきますね。(半分弱まで読了)

作り込まれ魂を吹き込まれたキャラクター達に惹かれます! 特に主人公の明智は独特のダンディズムがあって、魅力的でした。
諜報員という一風変わった職業も、しっかりと描き込まれていてリアリティがあり、
厨二病心をくすぐられて読み始めたものの、読んでみたら本格的にカッコ良かったです。
ダンディズムに諜報員のこの組み合わせは最強ですねー!
また、ツンデレ女子小学生もめちゃんこ可愛かったです。
緊張もあれば息抜きもあり、緩急のつけ方の勉強になりました。(饅頭事件はケラケラ笑いましたw)
続きも楽しもうと思います。

★★★ Excellent!!!

――

 昭和初期を舞台にしたスパイ小説、というわけでもない。主人公の仕事がスパイなだけ、かな?

 本来陰湿な裏切りものであるスパイのイメージを一新したのは、ジェームス・ボンドのシリーズだが、本作の主人公はジェームス・ボンドのように魅力的だが、女が苦手というスパイ小説ではあり得ない設定。
 ここですでに破綻している。

 そこへもってきて、同じ職場の同僚たちの個性的なこと。おまえら、スパイの意味理解しているのか!と、腹を抱えて笑ってしまう。


 出てくる事件も、のっけからお嬢様の運転手けん執事。「お帰りなさい、お嬢様」的な。

 次の話は推理物なのだが……。


 時代考証がしっかりしていて(いやしっかりしているかどうかは検証してないのだが、しっかりしている感じがする)、随所にそれらしい言い回しや単語が散りばめられ、昭和感を醸し出している。


 文章は異様に読みやすく、誤字脱字の類が皆無にちかい(あるかもしれないけど)。


 さらに、あちこちに作者が答えをあたえずに仕込んだ細かい謎や遊びが満載。


 1話だけ読むつもりが、一気に4話までいってしまった。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

キャラクターも世界観も良いです。
ミステリーというよりも、昭和のレトロが香るハートフル・ライト諜報機関物、という印象を私は受けました。大好物です。
お兄さんとおっさん方が良い味を出しているのも、この物語の雰囲気を実によく高めています。文体も、必要以上に堅苦しくならないよう、良い塩梅になっています。
優秀なのにいじらしい明智も、頼りないけど意志堅い旭も、個性豊かな同僚の面々の言動も、とても面白いです。



しかし、四話と五話の間の話を省略したのが、個人的にはとても不満です。四話と五話の間にあったであろう話は、とても重大で、それこそ一番魅力的に光る話です。ストーリーの流れ的にも、この短編集の山場となったはずです。様々なキャラクターの想いや意思がぶつかり合い、読者の心を鷲掴みにし、虜にし、五話の決断をより一層魅力的に描くための布石ともなったはずです。一番の山場を削るとかありえません。今すぐにでも、『話』としてしっかり独立させ、絶対に書くべきです。

★★★ Excellent!!!

――

昭和時代に、スパイが跳梁跋扈する話ですが、とにかくスタイリッシュでカッコいい!

また明智というキャラクターについて物語を読み進めていくうちにどんどん変化していきます。
最初は完璧超人だけどどこか傲慢で、かと思っていましたが、次第に抜けたところやコンプレックスなどが描かれ、魅力的なキャラクターに仕上がっております。

さらには文章も非常にうまく、またセンスある会話劇でするすると読んでしまいました。

非常に面白い小説なので、是非とも読んでほしいです。

※個人的には第4話が好きです!

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

古めかしい中に新しさを感じる作品です。時代は第二次世界大戦が始まる前、日中戦争が起こりそうな不安定な中、日本の帝都(東京)では、スパイが暗躍していた。

こう書くと、帝都大戦のようなハードな内容と思いきや、けっこう気軽に読めるライトミステリーです。現代とは違う男女のニュアンスが新鮮かも?

さて、事件は多岐に渡り、脅迫、列車テロ、暗号の解読など、様々です。

主人公たちは、知恵とスパイアイテムを使い、事件を解決します。

また、時代背景も巧みに取り入れられ、当時を知らなくても(大半の人がそうですね)、浪漫あふれる世界へ誘います。

数十年前に起きた冒険活劇。

★★★ Excellent!!!

――

とにかく明智のキャラクター性が好きです。その捉えどころのなさが。そのお堅い口調が。その慌てぶりが。キャラ崩壊しないように絶妙な調整がかかっており、謎多き者として魅力がある気がしますね。スパイなので盗聴も平然とやります。不器用ではありますがスパイなのです(笑) そんな明智はもちろん、作者様の高い文章力と優れた世界観に惚れこんでください!!

★★★ Excellent!!!

――

昭和15-16年を舞台にした、スパイ活動の物語。
諜報員、陸軍、戦争、歴史といったテーマから一見すると、重く固い内容と捉えがちですが、読んでみるとすんなり入り込むことができます。

物語は諜報員明智さんを主人公に、個性的でイケメンな諜報員の面々を中心に進んでいきます。
仲間たちとかっこよく駆け回る時もあれば、お茶目な失敗をすることも。そして大いに悩む。
戦争前の苦しい時代を舞台にし、その時代に生きた人間の泥臭いドラマがたっぷり味わえる作品です!
様々なスパイ活動を通して成長していく姿は見ものです。

また、所長の入試試験、旭さんや仲間たちの想い。
諜報機関の目指すビジョンがしっかりしていて、素晴らしい団結力に感動です。

★★★ Excellent!!!

――

時は昭和初期。
太平洋戦争を目前に控え、取り巻く空気が徐々に人々を狂騒へと駆り立てていく・・・
そんな不穏な時代に活動し、外務省や特高警察とも駆け引きを繰り広げるスパイ組織の物語。
・・・なんて説明するとさぞかし血生臭く殺伐とした物語だろうと想像してしまう所ですが、意外にも全くそんなことはありません。
この作品の最大の特徴はメンバーたちが懐に抱える信念・友情の膨大な熱量!
こんな世相ではあるものの、いやむしろ動乱含みのこの時代だからこそ、己が信念を礎にして必死に気高く生きようとする者たちがそこにいたのかもしれない・・・その様子がありありと目に浮かぶ程、豊富な知識と格調高い筆致でガッチリ下支えされた胸躍る冒険譚です。

個性的なキャラたちの中には「地味に」嫌な部分を持ち合わせている者も多くいます。
派手な異常性などはキャラ付けのスパイスとして案外使いやすかったりしますが、地味な欠点はともすると読者を苛立たせるストレスになりがちなもの。しかしこの作品は、そのようなありふれた不完全さを見事に魅力に昇華し、リアルな人格としてキャラに命を吹き込んでいます。

激動の時代に、己が未熟さと戦いながらも青臭いほどの平和への意志を貫かんとする天晴れな勇士たちの闘いを、これからも見守っていきたいと思います。

ちなみに紳士たる私は旭さんに惚れました。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

時代設定からして重々しいお話なのかと思いきや、意外にもコミカルなタッチで描かれています。
不器用で生真面目な諜報員の主人公があれこれ振り回されて?
それでも最後にはしっかりと纏められていて、変に軽すぎる様な事もなく、実にバランス良く、かつ、時代にもちゃんと沿った物語となっています。
良い意味で期待を裏切られましたね(笑)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

主人公がとっても魅力的です。生真面目でプライドが高く誠実で繊細で不器用で……こんなんじゃさぞ生きにくいだろうに。でも彼は逞しく、重大な責任を負ったスパイとしての任務を鮮やかにこなしていく。カッコイイ……惚れました。僕も男だけど。
周囲の人間も良い味を出しています。彼ら彼女らの紡ぐハートフルな物語は、ただの青臭い理想主義に終わらない説得力があり、不覚にも涙腺が緩みました。いいですね。殺伐とした話ばっかり書いてる僕には眩しい世界です。
丁寧な心情描写を織り交ぜて、登場人物の背景を浮き彫りにする技術に感心しました。繰り返しますがとても丁寧に書かれています。時代考証は僕は専門ではないので、評価判断できないのが残念ですが、他のレビューを見ると可能なかぎり努力されているようで、読んでいてもその熱意は伝わってきます。
読んでて本当に幸せな気分になれる作品です。粋です。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 レヴューは、第1話目のレヴューです。ハードボイルド系かと思いきや、シリアスコメディの王道的作品でした。
 短編オムニバス形式で、スラスラと読み進めることができます。
 「誰がコマドリ饅頭を食べたの?」は、元ネタが分かると思わず笑ってしまいますよね。
 女スパイとの共闘も良かったですが、小生としては主人公の人間性に迫った「靴をすり減らす」も好きです。
 最初で引き返してしまった方、これは単なる「硬い話」ではありません。是非、御一読下さい。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

結構硬い作品なのかなぁと最初は読み進めましたが、読んでいくうちにそれはすぐにふっしょくされました。
一話一話が作者さんの配慮もあり読みやすく、すぐに物語にのめり込めました。

スパイである明智くんはすばらしい長所を数多くお持ちのようですが、残念ながら女子と接することが苦手のようで、これが彼のスパイという本質をものの見事に台無しに……。
これではまともにスパイも務まらないのでは笑……と思ってみたり思ってみなかったり。

スパイものはジョーカーゲームくらいしか読んだことがなかったのですが、この作品もそれくらいに面白い。
これから明智くんがどんな女子と関わっていくのか、そしてスパイとしての役割を果たせるのか。
見所満載で楽しみです!!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

主人公の設定がドツボで楽しく読ませていただきました。
どんな主人公なの?と気になる方は、ぜひぜひ目を通してください。
文章の構成も丁寧で、すらすらと読めます。おすすめミステリーの一つになりました。