俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する

作者 ファミ通文庫

288

103人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

高専は行ったことないからわからないけど、エンジニアとしてはすごく共感する。特に最後のエピソードはとても涙腺崩壊ないい話だった。エンジニア的にはとても共感する(二度言った)

さて感想はここらへんにして、ちょっとした考察など。

異世界にもオライリー必要では?むしろ彼らが新たな動物表紙本を作る勢いだろう。表紙は当然例のザザが見た鳥だ。ここではザザ本と仮に呼称するとして、ザザ本はどういう内容になるのか?例の言語や端末についての本になるのだろうと思う。まぁ作中で言及のあった組み込みハード・言語の本に近い感じにはなりそうだ。たとえば端末の接続・起動・操作方法、言語の解説、接続できるモノとその制御API仕様などだろうか。

さて、例の言語についてだが、作中ではアセンブラのような言語ではなく、C++やArduino(.ino)に近い言語だということらしい。つまり高度な抽象化を備えた高級言語という事だ。もし例の天才が一人で作ってるだけなら、そんな高度な言語を実装する意味はあるのだろうか?

実際のところ、機械の制御するだけならC++や.inoみたいな高級言語を積む必要はない。ちょっとした高級アセンブラ (たとえばXXJWに使われてたXina) や BASIC のような原始的な文法でも十分だ。そもそもチューリングコンプリートである必要すらない。

そもそもC言語ですら、生み出される為には20年なりのコンピュータサイエンスの歴史があってできたものだったりするわけだから、高々マジックアイテムの組み込み言語、しかもメンテナンスする人がほとんどいないような環境で、そこまで高級な言語を生み出すモチベーションはないはずだ。むしろそれ以外の開発の方が優先されるだろう。

まぁ長々と書いてみたが、実際のところはきっと例の天才も、どこかコンピュータサイエンスのある世界からやってきたのではないか?という気は…続きを読む

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 例えば二次元の女子高生が突然受肉して主人公と一緒に暮らすラブコメがあったとしたら、「少女には戸籍がないはずだが、どうするのだろう?」といった変人しか気にしない部分は普通書かれない。なぜならどこにでもいる、ありふれた人物がベースの主人公なら少女に戸籍がないことよりも先に気にすることは沢山あるし、それは普通の読者にとっても同じだからだ。
 しかしこの作品の主人公達は普通ではない。「いや、異世界の物理法則を確認するのは普通だろ」と自分は変人側だと認めたがらない読者もいるだろうが、この作品の主人公達は間違いなく変人達だ。そしてそれが同じ変人側の読者にとっては読んでいて、かゆいところに手が届くような心地よさがある。
 変人しか楽しめないかといえば、そんなことはない。変人要素は脇道ではなくしっかりと本筋の上に乗っており、物語は停滞することなく進み続ける。普通の読者が読んでもコメディとして十分に楽しめるだろう。
 今作、後半少し変人要素が減っているように思えた。全体の半分以上が魔術の仕組みを研究するだけの小説を嬉々として読む自分には少々物足りなさを感じなくもない。普通と変人の両方楽しめるバランスを考えればこれくらいが無難なのだろう。それは分かる。ただ、普通に読んでも十分に面白い話ではあるが、自分が一番に読みたい部分は高専生という変人達の視点を通して語られる「そこサラッと流す人多いけど、やっぱり気になるよね」という部分なので、そういった部分がほとんどない普通の異世界転移モノになっていかないよう、二巻も頑張って欲しい。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

常々、異世界ものでなぜに主人公はああもあっさりと受け入れるのかと納得いかない部分があったのですが、この小説の主人公達の元の世界と変わらぬ探究心と未知へのチャレンジにとても共感できました!
受け入れる前に物理法則を調べ、言葉が通じることに対しても疑問を持って分析し、見たことのない魔法道具に飛びついて分解。
自分たちのかなり変わった常識と、いきなり放り込まれた訳のわからない世界とを自分たちなりのやり方で繋げていく手法は物語世界にぐいぐいと引き込んで行ってくれます。
その中での淡いラブストーリー的な部分も可愛いです。

エピローグに続編ありな香りがしたので楽しみにしています。
理屈っぽい理系男子と理系女子の、理屈や理論では割り切れない恋愛というものをどうするのかと言うところにも興味ありますが、やっぱり物語の初めと同じように高専生ならではの変人っぷりを中心にしたストーリーが繰り広げられることを期待しています。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

元高専生としてはあるある物として楽しませてもらいました。
初めて魔道具を見つけたシーンでは「自分ならこんな実験をするなぁ」等と想像してしまったら登場人物の反応もそんな感じでまさしく感情移入出来てしまいました。
間違った楽しみ方なのでしょうが一番そうそうと思ったのは先生の授業のシーンです。高専の先生って専門は当然としても一般教養の先生にも変わり種が多いですよね。高専生が変人なのは先生のせいも半分くらいはあると思っています。
登場人物の気持ちは実際には不確定、そんな問題は出さないとおっしゃった国語の先生
猫が食べたんだから大丈夫と道端の草を召し上がられ胃腸を壊された倫理の先生
あなた方のおかげで高専生は今も変人揃いです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

書店で買い、オリジナルがあるかなと調べてみて本を読む前に爆笑しました。
いやあ、突き抜けた人たちのノリの良さとバカをやる時の爽快さと言ったらすごいですよね。

ぜひとも、続編みたいですよこれは。
久しぶりに、続きが見たいと思えるラノベに逢った。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました