今日が最後の人類だとしても 著:庵田定夏

作者 ファミ通文庫

ファンタジックな未来の地球で織りなす教師奮闘物語。

  • ★★★ Excellent!!!

 転移、あるいは転生したさきの異世界ファンタジーっぽい舞台ですが、実際は700年後の地球という意外な設定。その設定が今後のストーリーにどう影響するのか気になりますが、それはさておき、
 可愛い異種族っ娘三人の担任とか、主人公幸せ過ぎですっ(>_<) その三人の娘も三者三様の個性があり、とても好感が持てます。
 今後、主人公とその三人の娘が“世界に認められるため”にどう奮闘するのか、見ものです。

 作者様はプロであり、青春小説では定評があるようですが、こういったジャンルでも大丈夫そうですね。

 ということで、作者様の新境地を皆さまも是非っ(⌒∇⌒)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

鶯ノエルさんの他のおすすめレビュー 425