僕とあいつと氷ときせき ~青春フィギュアスケート小説~

作者 宮 都

★★★ Excellent!!!

この作品を手に取り、どうか、共にダンスを

 読み始めて、キャラクター配置を把握して、これは恋愛が絡んでくるのかな? と。
 そんな浅はかな予想を、ガリガリとエッジで削り取られていくような読後感でした。
 もっとキャラクター性を高めて恋愛ジャンルで出せばいいのに、と考えてしまった自分を恥じたい。これは、紛う事なき思春期を迎えた少年のドラマである。

 そう、叫びたい。

 マイナースポーツ。

 私事ですが。
 学生の頃は、それなりに多様な部活動をしていましたし、総合スポーツ雑誌を愛読していた時期もあります。
 事情や苦労や競技レベルなど、察せられる部分も読み取れて、頷くこと多く。

 また、主人公の、幼さ、拙さ、経験の足りなさ。
 そことリンクして、アイスダンス業界全体が抱える問題点も浮き彫りにされており。

 マクロとミクロ。

 おぉ……! ただの、未経験者が才能を発揮するだけのサクセスストーリーではないぞ、と最後まで読ませて頂きました。

 ラストにドラマティックな盛り上がりが欠けるかな、とブレーキをかけられた思いもありますが、そこは第一部とのことで。
 是非、第二部を、とお願い申し上げる次第であります。

 踊る文字、ストーリーの滑走、どうか、皆様も共に、ダンスを。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!