詩みたいなもの

作者 RAY

音を感じる。余韻を楽しむ。

  • Good!

自然な言葉のリズムに乗って、意味がすっと入ってくる。組み上がった情景はいずれもどこか朧げなところがあって、余韻がそこに沁み渡って行く。

余韻の感じ方は人それぞれでしょうか。私はほんのりノスタルジックな感じ。喜怒哀楽と明確に分類できるほど強くもはっきりもしていないけれど、心でじんわり感じ入ることができる、そんな不思議な感覚です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

はまなすなぎささんの他のおすすめレビュー 235